作者アーカイブ: takahashi_ma - ページ 2

ニュース

11月19日号紙面:国際「正義・平和」アシュラム 榎本保郎牧師没後40周年記念 不安な時代こそ神のことばを

2017年11月19日号 08面 アメリカ人宣教師E・スタンレー・ジョーンズによって始められた、みことばへの徹底した聴従を実践する超教派のキリスト教運動「アシュラム」。日本では、日本クリスチャン・アシュラム連盟と故榎本保郎氏が立ち上げたアシュラムセンターを通して、各地に広まった。さらに、「多くの国々に散らばっているアシ…
続きを読む
ニュース

日本福音主義神学会開会 「3つの『のみ』の再発見」主題に

日本福音主義神学会第15回全国研究会議が、11月6日、東京千代田区のお茶の水クリスチャン・センターを会場に開会した。開会礼拝では準備委員長の大坂太郎氏が説教。「内的な敬虔に退却するのでなく、タダで受けた恵みをこの社会にもたらす大胆な福音主義者でありたい」と語った。基調講演では内田和彦氏(JECA前橋教会牧師)が「宗教改…
続きを読む
ニュース

10年目を迎えたeAst21asia 『ReJoice!』テーマに第10回国際会議開催

「10年後の教会像を描く in Asia」を主題に東北アジアの青年たちにより始められた「eAst21asia」がその10年目を迎え、11月4日「『ReJoice!』〜10年目の教会像、ここからのVision〜」をテーマに、第10回国際会議を開催した。会場となった日本基督教団富士見町教会には、青年を中心に、日本、韓国、中…
続きを読む
ニュース

11月12日号紙面:50年歌い継がれたハレルヤコーラス 荻窪栄光教会 中田羽後訳メサイア

2017年11月12日号 04・05面  1958年創立の日本イエス・キリスト教団荻窪栄光教会は、その創設者の一人中田羽後の指導により、68年12月に第1回メサイア公演を行った。以後毎年12月に行われ、当初、教会の礼拝堂で行われていた公演は、97年の第30 回、そして2000年の第33 回以降、外部会場にその場を求め、…
続きを読む
ニュース

11月12日号紙面:第6回北海道合同教職者会 廣瀬薫氏 神の国の幻(ビジョン)、熱源(パッション)、使命(ミッション)

2017年11月12日号 01面  第6回北海道合同教職者会(同実行委員会主催)が、10月24日から26日まで、北海道札幌市の定山渓温泉のホテルを会場に開催された。主講師は、日本福音同盟理事長の廣瀬薫氏。「『神の国の宣教』−神の国のビジョン、パッション、ミッション−」をテーマに3回の主題講演を行った。各講演後の「コイノ…
続きを読む

11月12日号紙面:情報クリップ

2017年11月12日号 03面 【兵庫】バックストン著作集出版記念シンポジウム バックストンの事績とその今日的意義(関西聖書神学校主催) 11月14日午前10時〜。神戸市垂水区塩屋町の同所で。テーマと講師は「一次資料からわかる松江時代のバックストン」上野和也、「バックストンと活水の群との関わり」藤村和義、「日本キリス…
続きを読む
ニュース

11月12日号紙面:沖縄戦の悲劇を忘れない 首里教会旧会堂塔屋復元 十字架見て「よく残ってくれた」

2017年11月12日号 08面 日本基督教団首里教会(沖縄県那覇市、竹花和成牧師)の創立100周年記念旧会堂塔屋復元建築完成献堂式が10月15日に行われた。同教会では、2008年に創立100周年記念事業として「記念構築物実行委員会」を設置し、紆余曲折を経ながら沖縄戦の悲劇を忘れないため、旧会堂と十字架を復元することを…
続きを読む
ニュース

11月5日号紙面:「スーパーブック」クリスマスス物語 イブに TOKYO MX、BS11で放映 CBN、PBA、いのちのことば社が宣教協力 いちばん大切なプレゼントもらった日へ

2017年11月05日号 06面 アニメーション聖書シリーズ「親子アニメ劇場」「トンデラハウスの大冒険」「パソコントラベル探偵団」などがCGアニメになった「スーパーブック」。そのクリスマス ストーリーが、アメリカの放送伝道団体CBN(The Christian Broadcasting Network)、太平洋放送協会…
続きを読む
ニュース

第6回北海道合同教職者会開催 「神の国の宣教」テーマに

第6回北海道合同教職者会(同実行委員会主催)が、10月24日から2泊3日の日程で開会した。主講師は、日本福音同盟理事長の廣瀬薫氏。「神の国の宣教」−神の国のビジョン、パッション、ミッション−、をテーマに3回の主題講演を行う。初日の第1回目は「ビジョン」。ルカの福音書12章31、32節から、「神の国」はキリスト教信仰の中…
続きを読む
ニュース

10月29日号紙面:宗教改革500年 それぞれの視点からそれぞれの取り組み

10月31日、500年目の宗教改革記念日が迫る、一年を通してたような教派、団体で記念の取り組みが実施された。カトリックも含め、プロテスタント諸派それぞれの観点、歴史学の視点による諸集会での議論、提言から現代における宗教改革の意義の理解を深めたい。 日本聖書協会記念講演会で マールブルク大学・バルト名誉教授 賜物結び、証…
続きを読む