作者アーカイブ: tohyama_s - ページ 3

レビュー

映画「汚れたミルク あるセールスマンの告発」――巨大国際企業の強引拡販の行き過ぎに単身抗議した男

乳幼児の子どもたちを持つアヤンは粉ミルクを販売し続けることが耐えなられなくなる… (C) Cinemorphic, Sikhya Entertainment & ASAP Films 2014 レストランなどに入れば安全できれいな水がタダでサービスされる日本。だが、安全な水道のインフラストラクチャーが整備されて…
続きを読む
トピックス

3・1ビキニデーを前に核実験の今日的影響を追ったドキュメンタリー上映と監督トーク開催

(C)南海放送 1954年(昭和29)3月1日、アメリカがミクロネシアのマーシャル諸島内・ビキニ環礁で水爆実験を行ない、爆心地から150kmほどの距離で操業していた日本のマグロ漁船「第五福竜丸」が死の灰を浴びて帰港した。この事件を忘れないようにと制定された「3・1ビキニデー」を直前に控え、核実験による放射能の今日的影響…
続きを読む
レビュー

映画「たかが世界の終わり」--家が安らぎの港ではないことの悲哀

自分の死が近いことを家族に告げるためにきたのだが、ルイは母親に打ち明けることにも躊躇する… (C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual 自分の余命を覚悟した30代の若い男が、そのことを疎遠になっていた家族に告げるため久しぶりに帰郷する。その一日に満たない若い男と家族の心のすれ違いを心理サス…
続きを読む
レビュー

映画「家族の肖像」--1970年代の耽美な貴族的階級社会の退廃と凋落の肖像

蒐集した絵画に囲まれ優雅に独り暮らしを愉しみ孤独感から逃れていた老教授に館に伯爵夫人らの闖入によって掻き乱されていく… (C)Minerva Pictures イタリア映画の名匠で完全主義者と称されたルキノ・ヴィスコンティ監督晩年の代表作「家族の肖像」が、生誕110年・没後40年メモリアル作品として2Kデジタル完全修復…
続きを読む
レビュー

映画「ショコラ 君がいて、僕がいる」--人種の壁を越えた芸と人間の深い絆

(C)2016 Gaumont / Mandarin Cinema / Korokoro / M6 Films 19世紀末に10年ほどパリを賑わした白人と黒人のパントマイムコンビ“フティット&ショコラ”。まだ人種差別が当然と思われたいて当時のフランスで、初の大スターに上り詰めたショコラ(本名:ラファエル・パディーヤ)に…
続きを読む
レビュー

映画「太陽の下で 真実の北朝鮮」--少女の幸せそうな笑顔 だが笑えない悲哀な日常

(C)VETOV SIA,VETOV REAL CINEMA OOO,HYRERMARKET FILM TELEVIZE,SAXONIA ENTERTAMENT GMBH,MITTELDEUTSCHER LRUNDFUNK 2015 北朝鮮の慶弔式典のニュースに映し出される市民の歓声や表情に、どこか胡散臭いものを感じさ…
続きを読む
レビュー

映画「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」--戦争責任の風化を拒み人間の正義を求め続けた男の実録

アイヒマン逮捕によってドイツの公儀を国際社会に示そうとするフリッツ・バウアー (C)2015 zero one film / TERZ Film ドイツは第2次世界大戦に敗れた。1949年、ドイツは東西に分断され西ドイツのアデナウアー政権は、経済復興と国際社会への復帰を最優先し、55年には独立国としての主権を回復しNA…
続きを読む
レビュー

映画「未来を花束にして」--英国の女性参政権を闘って獲得した女工たち

モードは夫と同じ洗濯工場で働き、一人息子を愛情いっぱいに愛していたが婦人参政権運動にかかわるようになり夫の反対が強まり息子とも離れさせられる(C)Pathe Productions Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Ins…
続きを読む
トピックス

映画「沈黙-サイレンス-」--遠藤文学の“転びの者”にも寄り添う“弱者の神”を現代に問う

トモギ村のモキチ(右:塚本晋也)は、ロドリゴらを奉行所には差し出さず海辺に立てた十字架に磔られたまま殉教する (C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved. 遠藤周作の小説『沈黙』(1966年刊)が発刊されて50年、アメリカ映画界の重鎮マーティン・スコセッシ監督による映画「沈黙…
続きを読む
レビュー

映画「天使にショパンの歌声を」--“キリストが主”の寄宿学校存続に情熱を注ぐ教師と生徒たち

オーギュスティーヌ校長(左)とアリス。アリス役のライサンダー・メナードは“カナダを代表する未来の音楽家30人”のうちの一人に選ばれるピアニスト。本作が長編映画初出演、吹き替えなしでの演奏が聴けるのも魅力のひとつ  (C)2015-9294-9759 QUEBEC INC. (une filiale de Lyla Fi…
続きを読む