作者アーカイブ: nakata_a - ページ 2

トピックス

「放蕩息子の弟と兄の和解」をテーマに宣教大会

 ルカの福音書15章にあるイエス・キリストが語った「放蕩息子の例え話」。とかく放蕩息子の弟のほうに焦点が当たりがちだが、実は神様の恵みは兄にも注がれていたのでは…。「キリストの福音に生きる兄と放蕩息子の和解」をテーマにした「Reunite Japanese Christians 宣教大会」(同実行委員会主催)が4月28…
続きを読む
トピックス

熊本・大分地震から1年 イースターに復興の祈り

 4月14日(前震)、16日(本震)と震度7を観測した熊本・大分地震から1年。記者は14日から16日まで熊本を訪問した。熊本県の集計によると、4万8千人近くが今も仮設住宅での生活を余儀なくされている。最も被害の大きかった益城町には、全壊した建物が当時のまま点在していた。県民の象徴でもある熊本城の瓦は落ち、石垣は崩れたま…
続きを読む
トピックス

クリスチャンアーティストら CD制作で復興支援

 熊本・大分地震から1年。被災地はまだまだ復興とはほど遠い状態だ。この被災地を支援したいという願いをもったクリスチャンアーティストらにより制作されたのが熊本・大分復興チャリティーアルバム「キセキ」。テーマソング「奇跡」をはじめ全15曲収録。CDは非売品で、主に被災地で配布し、チャリティーコンサートや各ライブ会場等で募金…
続きを読む
ニュース

アーティスト特集 10周年迎え シフトチェンジを 4人組ロックバンド ナイトdeライト

 北海道で2006年に結成された希望を歌う4人組ロックバンド「ナイトdeライト」が今春、4枚目となるアルバム「SHIFT」をリリースし、現在全国ツアーの真っ最中だ。4月1日にはいのちのことば社(東京都中野区)で先着100人限定の無料ライブを開催。定員を超える多くのファンが詰めかけ、会場一体となって盛り上がった。 昨年1…
続きを読む
ニュース

アーティスト特集 音楽は歌うのでなく伝えるため ゴスペルシンガー Chakoさん

 「世の中には、音楽の才能のある人がいっぱいいます。私はミュージシャンがすきなミュージシャン。彼らが救われることをいちばん願っているのです」。そう語るのは、音楽事務所に属しながら、ジャズバーやライブハウスなど、一般のフィールドで活動してきたゴスペルシンガーのChakoさんだ。だが一昨年、東京で行われた伝道集会「セレブレ…
続きを読む
ニュース

アーティスト特集 閉ざされた道 開いてくれた神様 シンガーソングライター YURIEさん

 2016年、アルファトラックスからデビューしたシンガーソングライターのYURIEさん。小さい頃から歌手になるのが夢で、中学生の頃からボーカルやダンス、日本舞踊などのレッスンを受け、将来は芸能界入りを目指していた。だが、その夢は閉ざされ、一度は歌手の道を諦めることに。しかし、クリスチャンになり、すべてを神様にささげた時…
続きを読む
フォトニュース

イースター特別号メッセージ:主が共にいる 難波信義 日本基督教団熊本草葉町教会牧師

ルカの福音書は、空っぽになった墓と、天使たちによる「なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか」との言葉を通して主の復活を伝えていますが、その直後に、一つの不思議な出来事を伝えています。「エマオへの道」(ルカ24章13〜35節)と呼ばれる場面です。 「ちょうどこの日、ふたりの弟子が、エルサレムから十一キロメートル余り離れ…
続きを読む
トピックス

4月16日号紙面:宿泊特集 渓谷歩きで奥多摩の春楽しむ 奥多摩バイブルシャレー

2017年04月16日号 4面  秩父多摩甲斐国立公園の中に位置し、都心から電車で約2時間と交通アクセスも良いクリスチャン施設「奥多摩バイブルシャレー」。緑に囲まれた同施設は、教会の修養会、教会学校やユース、ファミリーのキャンプ、各種キリスト教団体研修会に最適の施設で、日帰りでの集会、家族、故人の利用も可能だ。同施設に…
続きを読む
トピックス

イースター特別号紙面:復活したイエスの墓をイメージ 第33回全国都市緑化よこはまフェアに出展のナチュラルガーデン「Revival〜自然からのおくりもの」

クリスチャンの造園家、相模庭苑株式会社代表取締役の三井宣太郎さん(NSKK・茅ヶ崎聖契約キリスト教会員)が、3月25日から6月5日まで行われている第33回全国都市緑化よこはまフェアのガーデンコンテストに庭を出展。一般社団法人ランドスケープ協会会長賞(金賞)を受賞した。 作品名は「Revival〜自然からのおくりもの」で…
続きを読む
ニュース

4月16日号紙面:国家や政治の課題を神学的に研究 「教会と政治フォーラム発会式

政治において教会が果たすべき役割は何か。「国家や政治の課題を、神学的に研究すること」を目的とした「教会と政治」フォーラムの発会式が3月31日、東京・千代田区神田駿河台のお茶の水クリスチャン・センターで開催された。座長の山口陽一氏(東京基督教大学教授)が「日本における教会と政治─ラフ・スケッチ」と題して講演した。【中田 …
続きを読む