作者アーカイブ: nakata_a - ページ 29

特集/ひと 証し

キリシタン大名大友宗麟ゆかりの地大分に来た牧師 殉教者のための記念教会を

 キリシタン大名、大友宗麟ゆかりの地大分。日本に最初にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルも訪れ布教した地、キリシタン禁制時代、多くのキリシタンが潜伏し、信仰を守り続けた地でもある。キリシタン殉教記念公園前にある聖イエス会・栄光の賛美教会(篠光子牧師、大分県大分市森1278ノ1)は、かつてキリシタンが多数処刑された…
続きを読む
ニュース

アジアンアクセス・ジャパン全国大会で被災地宣教調査結果発表

「世界と日本の福音化のために、指導者を力づけ整えて、健全な教会の成長および増殖を促し、全国規模の教会増殖運動が起こされることを目指すこと」を使命とし、1983年から活動し、アジア各国にも広がっていったJCGIネットワークは、さらにより良く主と主の教会に仕えるため、このほど組織の名称を「アジアンアクセス・ジャパン」と改名…
続きを読む
ニュース

クリスマス号特集 戦後70年座談会 安保法制に抗うクリスチャン

 今年の9月19日、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決成立した安全保障関連法制(以下・安保法制)。これにより、自衛隊も他国の戦争に参加できるようになり、日本は戦争のできる国へと変わった。しかし、この安保法制に抗うためアクションを起こしたクリスチャンたちも多数いた。今回は憲法研究者の稲正樹、牧師の安海和宣、都…
続きを読む
フォトニュース

十字家紋、洞窟礼拝堂、サンチャゴの鐘、聖ヤコブ像、地下礼拝堂 “隠し”キリシタンの郷 竹田

キリシタン大名大友宗麟ゆかりの地大分県。県内にはあちこちにキリシタンの史跡が残る。その中でも、特に興味深いのが竹田市だ。竹田はキリスト教の日本八大布教地の一つで、書物によれば1万5千人以上のキリシタンがいたのではないかと見られている。その信仰は宗麟の孫、志賀親次に始まり、江戸時代の岡藩主中川氏まで引き継がれた。中川氏が…
続きを読む
特集/ひと 証し

現地ルポ 首都圏にも広がる放射能汚染

 福島第一原発事故のとき放射性プルームと呼ばれる雲が大気中に放出された。原発から北西に向けて大半が流れたが、風に乗って首都圏にも流れてきた。このプルームが局地的にホットスポットと呼ばれる高濃度の放射能汚染地域を作った。茨城県南部、千葉県西部、東京都東部などにこのホットスポットが多く見られる。  その一つ、線量の高い場所…
続きを読む
ニュース

秘密保護法完全施行の日 牧師の会がスタディ・セッション

 特定秘密保護法成立から2年。同法は12月1日、完全施行された。折しも同日、特定秘密保護法に反対する牧師の会(共同代表/朝岡勝、安海和宣)は、憲法研究者で国際基督教大学客員教授の稲正樹氏を講師に、スタディセッション「Peace Making Study Session 地の塩・世の光として歩むために学ぶ」を、東京・千代…
続きを読む
ニュース

JCGIネットワークがアジアンアクセス・ジャパンに 11月、宮城県・松島で全国集会開催

 「世界と日本の福音化のために、指導者を力づけ整えて、健全な教会の成長および増殖を促し、全国規模の教会増殖運動が起こされることを目指すこと」を使命とし、1983年から様々な働きを通して地域教会、各教会に遣わされている指導者に仕えてきたJCGIネットワークの働きは、アジア各国に広がり、アフリカをはじめとする世界の他地域で…
続きを読む
ニュース

号外3 そばを通られるイエス その名を呼ぶなら答えてくださる セレブレーション・オブ・ラブ2日目 参加者延べ1万7千人、決心者651人

「セレブレーション オブ ラブ with フランクリン・グラハム」2日目は午前7千200人、午後9千800人、延べ1万7千人が参加。フランクリン・グラハム氏のメッセージと呼びかけに応答し、午前には305人、午後には346人、計651人が決心した。 午前はマリンバ奏者、塩浜智子・玲子姉妹、ゴスペルクワイアNew Wing…
続きを読む
トピックス

“セレブレーション with フランクリン” 大会が祝されるために武道館の周りをジェリコウォーク

東京・千代田区丸の内の日本武道館で11月20日から22まで開催される「セレブレーションオブラブ with フランクリン・グラハム大会」(同実行委員会主催、)が祝福されるようにと、20日10時から、有志が集い、日本武道館を祈りながら歩くジェリコウォークが行われた。当日は多い時で約50人が参加。「父なる神の栄光が豊かに現さ…
続きを読む
ニュース

パリ同時多発テロ現地牧師語る イエス・キリストにのみテロと暴力の連鎖断ち切ることができる

 11月13日に発生し、129人の犠牲者を出した、フランス・パリの同時多発テロ。パリの事件現場近くには、パリ・プロテスタント日本語キリスト教会がある。現在、約3か月間パリに滞在し、礼拝説教を行っている細川勝利氏(JECA・那珂湊キリスト教会牧師、大洗キリスト教会牧師)に、今のパリの現状について話を聞いた。  細川牧師は…
続きを読む