作者アーカイブ: takahashi_y

ニュース

【視覚障害者特集】クリスチャン新聞電子版 最新号(07月2日号)を公開

7月02日号の主な内容 ★「共謀罪」法採決--「神の国」望む使命考える ★“猫の気持ち”絵と詩で表現--勝間としを デジタルアート個展 ★「難民」は私たちの隣人--多様な支援を協力で クリスチャン新聞電子版(紙面ビュー) クリスチャン新聞WEB版(テキスト) http://クリスチャン新聞.com/csdb/ ご登録(…
続きを読む
ニュース

聖像破壊とイメージの力 日本キリスト教文化協会 宗教改革500年記念連続講演会

宗教改革を多角的に探る一週間の連続講義が、26日まで、東京・中央区銀座のの教文館ウェンライトホールを会場に開かれている。主催は日本キリスト教文化協会。 すでには、20日には、ルターの生涯、22日はルターの戦争観、22日は世界史の観点で、講義がされた。 23日は、「宗教改革と美術 イメージの力」がテーマ。講師は遠山公一氏…
続きを読む

「神の国」望む使命考える 「共謀罪」法採決へて

「共謀罪」(テロ等準備罪)を含んだ「改正組織的犯罪処罰法」は参議院で深夜をまたぎ審議され、6月15日朝採決(7月11日施行)された。国会内外の議論では、法の内容とともに「前倒し」した審議進行、政策全体の方向性、社会傾向にも注意が向けられた。 同法採決前後には、キリスト教会からも様々な団体が抗議声明を出した。戦前治安維持…
続きを読む
ニュース

二階特使団 金大中、田内千鶴子ゆかりの木浦訪問 隔ての壁を破るキリスト者の姿

韓国全羅南道西南部の都市。李氏朝鮮時代から港町として発展した町は、2人の信仰者ゆかりの地でもある。韓国初のノーベル平和賞受賞者金大中と、「韓国孤児の母」と呼ばれる田内千鶴子。安倍晋三首相の特使として訪韓した二階俊博自民党幹事長は、ソウルに大統領を訪問するに先立ち、6月11、12日の2日間を木浦で過ごし、360人に及ぶ特…
続きを読む
ニュース

“猫の気持ち”絵と詩で表現 利き手を失ったアーティスト勝間としを展

手描きのような温かみのある絵に、聖書からヒントをもらって付けた“猫の気持ち”を表現した詩も感動を呼んだ。  本紙連載漫画「ルッちゃん」の作者で、イラストレーター・漫画家の勝間としをさん(大阪キリスト福音教会)の個展「利き手を失ったアーティスト勝間としを展 デジタルアート『猫のいる風景展』」が、6月10〜18日に、大阪市…
続きを読む
ニュース

生駒聖書学院・榮学院長40周年記念謝恩会 卒業生らと「アブラハムの召し」新たに

南は沖縄から北は岩手県盛岡市より、生駒聖書学院卒業の牧師たち70人が集って「生駒聖書学院榮義之学院長 40周年記念謝恩会」が5月15日、大阪市のリーガロイヤルホテルで開催された・・・ 7月2日号で掲載します。 【関連】 ○IT時代こそ、心触れ合う福音の伝達を 生駒聖書学院 学院長  榮 義之2016年9月5日 ▽週刊ク…
続きを読む
ニュース

広い世界にみ言葉を ワルトブルグ城ほか 宗教改革500年 ルターの足跡をたどって④ 前川隆一・青谷福音ルーテル教会牧師

足もと−10月26日(水) 過去を忘れない  マールブルク会談の行われたマールブルク城は、15分ほど歩いた小高い丘の上にありました。みなさん、ふうふう言いながら登って行かれる中、わたしが軽々と登って行くのにびっくりされました。坂道を歩くことの多い神戸での生活が生かされました。  マールブルク城を見た後、また戻って、マー…
続きを読む
ニュース

ケアの本質とは何か 第28回「愛とケアに生きる教会」(上) 良き訪れをたずさえて〜地域の福祉を担う

「教会による福祉」をテーマとするセミナーを行うと、「NPOの立ち上げ方を教えて欲しい」という「ハウツー」を求める質問が判を押したように多く寄せられる。ところが、教会の福祉ミニストリーの実践者たちは「ハウツーを求めるのは筋違い」と声をそろえて主張する。ボランタリーな活動には限界がある。地域に仕えるために、福祉の法制度を活…
続きを読む
ニュース

18日、25日は「世界の難民のための日曜日」WEAが世界の教会に呼びかけ

世界福音同盟は、国際連合の定める「世界難民の日」(6月20日)に合わせて、18日、25日を「世界の難民のための日曜日」として、全世界の教会に、祈りと行動を呼びかけている。 ホームページを開設し、豊富なイメージ動画、インタビュー動画、ポスター、統計地図などの資料を提供。 この1週間のために7日間の祈りのテーマを解説ととも…
続きを読む
ニュース

もし自分が「難民」だったら 20日「世界難民の日」でWVJ、国際機関、企業らでシンポ

「もし自分が『難民』だったら」「小さくても身近にできることは」「目標をもって生きるには」… 紛争の国々の現場、日本に逃れて来た人々と関わる現場、難民本人が実情や体験を語り、話し合った。 6月20日「世界難民の日」を前にした6月17日。世界の子どもたちを支援すふ国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)は、日本に暮…
続きを読む