アーカイブ: レビュー

ニュース

5月27日号紙面:『イスラエル』『今日からわかる聖書ヘブライ語』『独習聖書ヘブル語原典入門』『ヒエロニュムスの聖書翻訳』

 5月14日のイスラエル建国70年を前に、抗議活動をしたパレスチナ自治区ガザ住民へ発砲、58人死亡というニュースは世界に衝撃を与えた。複雑なイスラエル・パレスチナ問題を理解するには背景を知る必要がある。  イスラエルの現代史に焦点を当てて、その歴史観、国家観、文化の諸相を網羅したのが『イスラエル—民族復活の歴史』(ダニ…
続きを読む
ニュース

 5月27日号紙面:LYREセレクトアルバムCD 『わたしたちのこの口は』書籍『広がる空には』

美しいハーモニーで幅広い世代にファンをもつ賛美グループ「LYRE」の結成25年に合わせ、セレクトアルバムCD「わたしたちのこの口には」と書籍『広がる空には』が発売された。  CDでは、タイトル曲「わたしたちのこの口には」、「この道はひとつ」、「かけがえのないもの」など、今なお歌い継がれている初期の楽曲を中心に全曲再収録…
続きを読む
インタビュー

5月27日号紙面:聖書を現代に視覚化 写真家 稲田フランコタデオさん

2018年05月27日号 04面 テーブルの上に様々な物体が並べられた静物画のような印象。木の十字架、骨、釘などキリストを連想できるものもあれば、おもちゃやゴム手袋、小さな機械などが不思議に配置される。この独特の雰囲気を持つ写真シリーズがプロの批評家たちの目をとらえた。写真界の次世代を発掘する公募展第18回写真「1_W…
続きを読む
ニュース

5月27日号紙面:『日も 月も』YURIE

 約1年間の制作を経て完成した、ゴスペルシンガーYURIEのサードアルバム。初コラボとなるアレンジャーRICKYによる都会的なテクノポップサウンドが、YURIEの歌声と見事にマッチし、幻想的な歌の世界を演出する。  収録曲の「Eternal」は、YURIEが「高校生の頃、クリスチャンになりたいと思った時のことを思い出し…
続きを読む
ニュース

5月27日号紙面:古代近東思想と現代科学を問う 『創世記1章の再発見』

聖書を忠実に読むことは意外に難しい。誰が読んでもすぐに分かるように書かれている、と思い込んでしまう。時代を超えて、その内容がにわかるところもある。一方で、地中海沿岸に数千年前に住んでいた、日本語を知らない人が書いたものだからこそ、時代と文化と言語のギャップを踏まえないと忠実に解釈できない場合も多い。  創世記1章をどう…
続きを読む
レビュー

映画「29歳問題」ーー仕事、結婚、人生観…自分自身が納得できる人生の選択とは

順風満帆なように見えるクリスティだが (C)2017 China 3D Digital Entertainment Limited 会社の仕事はチームリーダーとして順調にこなしているキャリアウーマン。プライベートでは大学時代から付き合っている恋人もいて傍目には順風満帆に見える29歳の女性。日々の暮らしは充実しているのだ…
続きを読む
レビュー

映画「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」ーー爆弾テロに遭って目覚めた本当の自分

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. メジャーリーグのベースボールやアメリカン…
続きを読む
ニュース

4月29日号紙面:『華南中国の近代と キリスト教』

現代において、躍進と規制の両方の面で注目される中国のキリスト教会。近代の始まりから、様々な進展と衝突を経験してきた。従来中国史研究においてはキリスト教の「排外」「受容」の視点で論じられてきたが、本書はそれらを乗り越えようとする方法的な問題意識を持ちながらまとめられた。対象を華南の地、広州付近にしぼり、地域史の視点で排外…
続きを読む
レビュー

映画「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」――光州事件の取材記者を帯同した運転手との絆

COPYRIGHT (C) 2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED. 韓国現代史のなかで民主化運動の転換点の一つとされる光州事件(1980年5月18日~27日)。5月17日に全斗煥陸軍少将のクーデターが起こり韓国全土に戒厳状態に置かれ、全羅南道庁のある光州市に20万…
続きを読む
ニュース

4月29日号紙面:『キリスト者の世界観 [増補改訂版] -創造の回復-』

 この世界における聖と俗の二分法に注意を向けて、聖書的に豊かな視点を与えた名著の増補改訂版。初版から20年が経ち、N・T・ライトやレスリー・ニュービギンなどからの視点を得て、世界観についての考察を聖書の大いなる物語と宣教の中心的な重要性との両方に結びつける、「より広い文脈」を与えたという。  世界観とは神学や哲学以前の…
続きを読む