アーカイブ: レビュー - ページ 2

ニュース

「炎のランナー」が映画「最後のランナー」に クリスチャン試写会報告

レポート 礒川道夫 6月1日、映画「最後のランナー」クリスチャン試写会が、月島にあるブロードメディア・スタジオの試写室で、50名ほどの教会関係者が集まって行われた。 「炎のランナー」は、エリック・リデ…
続きを読む
トピックス

映画「フジコ・ヘミングの時間」ーー歩んでいる人生をピアノの音色で彩るピアニスト

(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ 芸術は人格の発露であることを体現しているドキュメンタリーと出会えた。一時、両耳の聴力を失い、絶望の淵から60歳代にして一躍世界のひのき舞台…
続きを読む
レビュー

映画「男と女、モント―ク岬で」――愛することへの男の未練、女の覚悟…

思い出の場所モント―ク岬の浜辺を歩くマックスとレベッカ (C)Ziegler Film/Franziska Strauss ドイツの映画運動ニュー・ジャーマン・シネマの代表的監督の一人フォルカー・シュ…
続きを読む
レビュー

映画「友罪」--贖うことのできない罪を背負う人を“友”にできるか…

鈴木は17年前の猟奇殺傷事件の犯人「少年A」なのか… (C)2017映画「友罪」製作委員会 (C)薬丸岳/集英社 原作は、2013年のベストセラー小説『友罪』(薬丸岳著、集英社刊)。発売当初、1997…
続きを読む
レビュー

映画「モリのいる場所」――小さな庭の世界から描かれたシンプルで悠久な世界

(C)2018「モリのいる場所」製作委員会 東京国立近代美術館で昨年12月から今年3月まで「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」展が開催されていた。豊島区池袋に自宅を建ててからは、自宅の庭からほとん…
続きを読む
ニュース

5月27日号紙面:『神の物語』『キリスト教の祈りと芸術』『よい音楽は神の姿を映し出す』 『魚にのまれたヨナのおはなし』『さいこうのおとうさん』

聖書の全体像をとらえて学びなおす取り組みが広がっている。『神の物語』(マイケル・ロダール著 大頭眞一訳 ヨベル 上下各千512円税込 新書版)は、物語神学とともに、ウェスレアン神学を案内役にして、創造…
続きを読む
ニュース

5月27日号紙面:『イスラエル』『今日からわかる聖書ヘブライ語』『独習聖書ヘブル語原典入門』『ヒエロニュムスの聖書翻訳』

 5月14日のイスラエル建国70年を前に、抗議活動をしたパレスチナ自治区ガザ住民へ発砲、58人死亡というニュースは世界に衝撃を与えた。複雑なイスラエル・パレスチナ問題を理解するには背景を知る必要がある…
続きを読む
ニュース

 5月27日号紙面:LYREセレクトアルバムCD 『わたしたちのこの口は』書籍『広がる空には』

美しいハーモニーで幅広い世代にファンをもつ賛美グループ「LYRE」の結成25年に合わせ、セレクトアルバムCD「わたしたちのこの口には」と書籍『広がる空には』が発売された。  CDでは、タイトル曲「わた…
続きを読む
インタビュー

5月27日号紙面:聖書を現代に視覚化 写真家 稲田フランコタデオさん

2018年05月27日号 04面 テーブルの上に様々な物体が並べられた静物画のような印象。木の十字架、骨、釘などキリストを連想できるものもあれば、おもちゃやゴム手袋、小さな機械などが不思議に配置される…
続きを読む