アーカイブ: レビュー - ページ 66

レビュー

Movie「彼女が消えた浜辺」――イスラム女性の深層描く心理ミステリー

子どもたちの凧揚げを手伝うエリ  (C)2009 Simaye Mehr. 女性は、黒髪から首まで覆う長いスカーフかチャドルを被り、体の線がでないようロングコートやゆったりした服を着ることが強いられている国イラン。その外面的なイメージは、イスラム教とキリスト教あるいは保守的な文化と自由主義というような対比も絡まり、ある…
続きを読む
レビュー

Movie「メッセージ そして、愛が残る」――今を生かされている素晴らしさ

(C)Copyright 2008 FIDELITE FILMS-AFTERWARDS PRODUCTION INC-AKKORD FILMPRODUKTION-WILD BUNCH-M6 FILMS ある日、人の死期を予見できる男が目の前に現れ、自分の死が近いことを悟らされたら、あなたはどうします? そんなショッキン…
続きを読む
その他

「ポルトガル映画祭2010」――マノエル・ド・オリヴェイラとポルトガル映画の巨匠たち

日本とポルトガルが近代的な外交関係を樹立した修好通商条約150周年を記念して、「ポルトガル映画祭2010」(主催:東京国立近代美術館フィルムセンター、一般社団法人コミュニティシネマセンター、ポルトガル大使館)が、9月17日(金)―10月3日(日)の東京国立近代美術館フィルムセンター大ホール(月曜休館)を皮切りに、金沢市…
続きを読む
その他

「PocketSword」(iOSアプリ)――豊富なモジュールを利用できる

起動画面 聖書本文画面   注解を表示。例はマシューヘンリーの注解 モジュールのダウンロード画面 日本語聖書のダウンロード画面 iPhone、iPad、iPod touch用iOSアプリの聖書ソフトの中でも、総合的な聖書学習ソフトがPocketSword。フリーの聖書ソフトだ。オープンソースプロジェクト(GP…
続きを読む
レビュー

MOVIE「NECK ネック」――呪縛を解いた和解

(c)2010「NECK」製作委員会 恐怖体験が'人間の想像力'に強烈なエネルギーを与え、お化けのような妄想を現実化させる。そんな着想を実験で証明しようとする真山杉奈(相武紗季)が巻き起こす、エンターテイメントなホラー映画。奇想天外なストーリー展開に、さまざまなホラーのパロディを想起させられるシーンも盛り込まれていて楽…
続きを読む
その他

「新改訳聖書」(iOSアプリ)――iPhone、iPad、iPod touchで聖書を

「新改訳聖書」(iOSアプリ)――iPhone、iPad、iPod touchで聖書を 起動画面 検索画面 しおり、ブックマーク ブックマーク画面 フリーワード検索画面 こんなときこの箇所 聖書地図 アプリ設定画面 iPhone、iPad、iPod touch用iOSアプリには、聖書ソフトが多く存在する。英語など各国語…
続きを読む
レビュー

『新版 ゴスペルの本』――歴史・名作からライフスタイルまでゴスペルワールドを愉しむ

塩谷達也著、ヤマハミュージックメディア刊、1,785円税込 巻頭にイラストと「ゴスペルって、いったい何だろう」の詩が数葉綴られるおしゃれなアプローチ。その入口の扉を開くと「ゴスペルはGOOD NEWS!」と、問いかけた答えを一言で表現する小気味よさ。そして「ゴスペルはGOOD NEWSです。GOOD NEWSを自分だけ…
続きを読む
レビュー

Movie「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」――命を懸けて自由な時代を希求した男

ピエール(左)に接触するフェアウェル  (C)2009 NORD-OUEST FILMS 米ソ冷戦時代の末期に実在したスパイ、コード名「フェアウェル」(farewell=本編ではセルゲイ・グリゴリエフ大佐)の実話をもとに、自由を希求する人間の本性と信念の強さを描いたサスペンス。 脚本と監督は、「戦場のアリア」で高い評価…
続きを読む
レビュー

CD「IN THE HYMN, vol.3」小坂 直輝――心が癒されるクリアでクールなピアノ

「IN THE HYMN, 」(全8曲)小坂直輝(キリスト品川教会 1,500円税込み) クリアでクールなピアノの音色に心が癒される思いがする。 小坂直輝(ピアノ・編曲)による讃美歌集第三章。全て「讃美歌」および「讃美歌第二編」からの選曲で、それを素晴らしいアレンジと演奏で、新しい輝きで聴かせてくれる。 前作「IN T…
続きを読む
レビュー

MOVIE「氷雪の門 樺太1945年夏」――戦争への憤りと平和への願い込めて

(c)「氷雪の門」上映委員会 夏になると満州事変、日米開戦そして敗戦決断の一日を描いた映画「日本のいちばん長い日」など、戦争の悲惨さと平和への願いを訴える作品が映画、テレビなどで紹介される。だが、旧ソ連軍による樺太(ロシア名:サハリン)侵攻そのものを取りあげた映画は少ない。1962年から新聞の連載された「樺太終戦ものか…
続きを読む