アーカイブ: レビュー

レビュー

映画「返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す」――沖縄要塞化返還に否を主張した外交官

基地を望む千葉和夫 (C)NHK 沖縄が“核抜き・本土並み”を謳われてアメリカの施政権を日本に返還された1972年5月15日から46年。沖縄の基地を半永久使用する方針を立てていたアメリカから、日本への本土並み復帰にプリンシプルを曲げずに返還交渉を推し進めた外交官・千葉一夫を描いたヒューマン史実ドラマ。沖縄は、現在も辺野…
続きを読む
レビュー

映画「祝福~オラとニコデムの家~」――弟の初聖体式に家族の再生を祈る少女の現実

ニコデムに初聖体拝領の練習をするオラ(右)。(C)HBO Europe ,Wajda Studio Sp. Films Wazelkie prawa zastrzezone,2016 「初聖体式」とは、ローマ・カトリック教会などで幼児洗礼を行けた児童が、信仰理解を認められて、キリストの化体とされる(種のない)パンを信仰…
続きを読む
トピックス

6月17日号紙面:難民家族と猫の再会実話を絵本化 翻訳出版 「勇気と愛が与えられた」

2018年06月17日号 08面   世界の人が力を合わせた  各国を移り住む厳しい難民生活の中で、迷子になった猫と家族が再会した。人々を勇気づけたこの実話が絵本となり、今年日本でも翻訳された。5月には作者の1人で、捜索支援に携わった米国人のエイミー・シュローズさんが来日。その活動の背景には、聖書を土台とする愛と希望の…
続きを読む
ニュース

「炎のランナー」が映画「最後のランナー」に クリスチャン試写会報告

レポート 礒川道夫 6月1日、映画「最後のランナー」クリスチャン試写会が、月島にあるブロードメディア・スタジオの試写室で、50名ほどの教会関係者が集まって行われた。 「炎のランナー」は、エリック・リデルが、1924年のパリ・オリンピックにて、日曜日に行なわれる競技を、礼拝を優先して辞退し、400メートルで優勝する実話で…
続きを読む
トピックス

映画「フジコ・ヘミングの時間」ーー歩んでいる人生をピアノの音色で彩るピアニスト

(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ 芸術は人格の発露であることを体現しているドキュメンタリーと出会えた。一時、両耳の聴力を失い、絶望の淵から60歳代にして一躍世界のひのき舞台に上り詰めた“奇跡のピアニスト”フジコ・ヘミングの半生を思春期に描いた絵日記とコンサートツアーでのピアノ演奏でたどる。厳…
続きを読む
レビュー

映画「男と女、モント―ク岬で」――愛することへの男の未練、女の覚悟…

思い出の場所モント―ク岬の浜辺を歩くマックスとレベッカ (C)Ziegler Film/Franziska Strauss ドイツの映画運動ニュー・ジャーマン・シネマの代表的監督の一人フォルカー・シュレンドルフ。2000年以降は「9日目 〜ヒトラーに捧げる祈り〜」(2004年)、「シャトーブリアンからの手紙」(2011…
続きを読む
レビュー

映画「友罪」--贖うことのできない罪を背負う人を“友”にできるか…

鈴木は17年前の猟奇殺傷事件の犯人「少年A」なのか… (C)2017映画「友罪」製作委員会 (C)薬丸岳/集英社 原作は、2013年のベストセラー小説『友罪』(薬丸岳著、集英社刊)。発売当初、1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇事件)の「少年A」のその後を彷彿とさせる物語として話題になった。だが原作者は、酒…
続きを読む
レビュー

映画「ルイ14世の死」――栄華を誇った国王の肉体をも蝕む“死”の凡庸さ

曾孫アンジュー公を呼び寄せるルイ14世  (C)CAPRICCI FILMS,ROSA FILMES,ANDERCRAUN FILMS,BOBI LUX 2016 タイトルからは、幾多の戦争によるフランスの領土拡大とベルサイユ宮殿を建造し、絶対王政を確立した“太陽王”ルイ14世の死によってブルボン朝の衰退からナポレオン…
続きを読む
レビュー

映画「モリのいる場所」――小さな庭の世界から描かれたシンプルで悠久な世界

(C)2018「モリのいる場所」製作委員会 東京国立近代美術館で昨年12月から今年3月まで「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」展が開催されていた。豊島区池袋に自宅を建ててからは、自宅の庭からほとんど外出せずに虫や小動物、草花などを観察し独特の表現様式で描き続けた熊谷守一。“画壇の仙人”“超俗の人”などと評された熊谷…
続きを読む
ニュース

5月27日号紙面:『神の物語』『キリスト教の祈りと芸術』『よい音楽は神の姿を映し出す』 『魚にのまれたヨナのおはなし』『さいこうのおとうさん』

聖書の全体像をとらえて学びなおす取り組みが広がっている。『神の物語』(マイケル・ロダール著 大頭眞一訳 ヨベル 上下各千512円税込 新書版)は、物語神学とともに、ウェスレアン神学を案内役にして、創造論、罪、契約論、キリスト論、教会論、終末論の諸問題を考察する。オープン神論、進化論や創造科学論、聖餐論など意見の分かれる…
続きを読む