アーカイブ: 異端・カルト

ビジネス・生活

3月18日号紙面:異端・カルト特集 「まさか、わたしが…」が自分、家族に 実態と予防対策伝えておく

2018年03月18日号 08面 寄稿:小岩 裕一(日本イエス・キリスト教団 横浜栄光教会牧師 同教団異端・カルト研究室長 関西聖書神学校講師 ) ①入りたくて入った人は一人もいない 最初から、異端・カルト集団に入りたくて入った人は一人もいません。気がつかないうちに、いつのまにか、異端・カルト集団の中にいたのです。入信…
続きを読む

3月18日号紙面:「摂理」教祖出所で全国弁連が声明、注意喚起 勧誘巧妙に、さらに活発化 日本脱カルト協会も声明

2018年03月18日号 02面 再臨のメシアを自称し、強姦致傷・準強姦罪で服役していた、韓国異端「摂理(JMS)」(正式名称「キリスト教福音宣教会」)の教祖、鄭明析氏が、2月18日韓国大田刑務所を満期出所した。それにあたり、全国霊感商法対策弁護士連絡会(以下、連絡会)が翌19日に記者会見を開催。「声明(『摂理』教祖鄭…
続きを読む

3月11日号紙面:クリスチャントゥデイ社員全員に 契約解除を通告

2018年03月11日号 02面   「クリスチャントゥデイ(CT)異端疑惑」をめぐり2月8日付で従業員声明を出した同社の記者、編集者、営業担当6人が同28日、同日付で同社から契約解除の通知を受けた。従業員らは全員が契約社員。声明後、従業員らは2月末まで有給で雇用関係を継続することと会社都合退職扱いにすることを同社に求…
続きを読む
ニュース

3月11日号紙面:山谷裁判はいかに評価されたか 本紙「引き分け」CT「全面勝訴」

2018年03月11日号 02面  山谷裁判とは、株式会社クリスチャントゥデイ(以下、CT)の異端カルト疑惑をブログで追及してきた救世軍士官山谷真氏を相手取り、CTが2008年に名誉棄損で東京地方裁判所に訴えた民事訴訟である。CT側はブログ記事の表現87か所の削除と損害賠償200万円、謝罪文掲載を請求した。13年に出た…
続きを読む
ニュース

3月11日号紙面:元社員ら証言 日基教団「クリスチャントゥデイ声明」説明会で 「説明責任を果たして」

2018年03月11日号 日本基督教団統一原理問題連絡会(米倉美佐男代表世話人、以下連絡会)は2月23日、同教団が石橋秀雄総会議長名で出した「クリスチャントゥデイなど張在享牧師グループに関する声明」(1月27日付)を受け、同声明に至る経緯、内容について説明会を開催した。株式会社クリスチャントゥデイ(以下、CT)関係者を…
続きを読む
ニュース

クリスチャントゥデイ現役スタッフが声明 社長、編集補佐が異端疑惑の説明責任果たさず

日本基督教団が、総会議長名による「クリスチャントゥデイ」の異端、違法労働疑惑を再確認する声明を発表したことに端を発し、その動向が注目されてきた株式会社クリスチャントゥデイは、編集長の雑賀信行氏以下7人の従業員が連名で声明を発表、クリスチャントゥデイ創設当時からいる社長の矢田喬大氏と編集補佐の内田周作氏が、再三の要求にも…
続きを読む
ビジネス・生活

2月4日号紙面:親が信者ゆえに葛藤し 痛み抱える子のため祈りを 寄稿 元エホバの証人信者 日本基督教団深沢教会牧師 齋藤 篤

2018年02月04日号 04面  エホバの証人について語られた数々の本の中で、これほどまでに共感を覚えたのは初めてだった。かわいらしいタッチで描かれている、1冊のエッセイまんがへの正直な読後感である。まんがだから容易に理解できるというレベルの話ではないのだ。エホバの証人2世だったら誰でも経験するエホバの証人の世界観、…
続きを読む

2月4日号紙面:日基教団議長名で声明 クリスチャントゥデイ疑惑を再確認

日本基督教団は、「教団新報」1月27日号で、石橋秀雄総会議長名による「クリスチャントゥデイなど張在亨(ジャン・ジェヒョン)牧師グループに関する声明」を発表。同グループの異端、違法労働疑惑に関し「複数の脱会者から証言を得た」として、2008年6月に当時の山北宣久総会議長名で出された声明を受け、同グループに対し「キリスト教…
続きを読む

8月7日号紙面:教会は自浄能力の回復を 卞牧師裁判 日韓の牧師が連名で声明

2016年08月07日号 2面 宗教法人小牧者訓練会主任牧師、卞在昌氏の性的ハラスメントに対する損害賠償請求裁判は、最高裁が上告を棄却したことにより、卞氏らに千540万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決が確定したが、それを受けて日韓の超教派の牧師が連名で声明を発表した。 †   † 「ビュン宣教師と小牧者訓練会(国際…
続きを読む

都内複数教会に出没 異端系International Youth Fellowship (IYF)に注意を

韓国で異端とされている「喜びのニュース宣教会」の関連団体で、International Youth Fellowship (IYF)の若者らが、都内の教会を訪れ、イベントの勧誘や協力を求めるなどしている。7月中にも複数の教会で、韓国やアジアから来た若者らが「国際協力に来ました」と語り訪れた事例が報告されている。 イベン…
続きを読む