アーカイブ: 震災関連

トピックス

熊本・大分地震から1年 地元の教会では① 熊本ベテル教会で吉村美穂さんコンサート 神は傷ついた心引き上げてくださる

 熊本・大分地震から1年を迎えた4月14日から16日まで、記者は被災地の熊本県を訪問した。震度7を観測した本震から1年目の16日は、くしくもイエス・キリストの復活を祝うイースターの日だった。記者は、熊本市北区下硯川の熊本ベテル教会(楊茂華牧師)の礼拝に出席した。当日はソプラノ歌手でクリスチャンシンガー吉村美穂さんを迎え…
続きを読む
トピックス

首都圏を襲う大災害に備えるために 新宿大久保通り教会ネット「防災フェスタ2017」開催

 30年以内に70%の確率で来るだろうと予測されている首都直下型地震に備えようと、東京・新宿の大久保通り沿いにある教会の防災ネットワーク「新宿大久保通り教会ネットワーク(SOS)」は4月30日、「防災フェスタ2017」を新宿区百人町の淀橋教会で開催した。当日は晴天の下、新宿消防署・新宿消防団、新宿区社会福祉協議会などの…
続きを読む
ニュース

5月7日号紙面:「熊本未来笑店街」進もう前へ 御船町で復興祈念パネルディスカッション 何が求められ何をすべきか 誰かを置き去りにしないために

2017年05月07日号電子版 熊本・大分地震から1年を迎えた4月15日、昨年10月まで避難所だった、熊本県上益城郡御船町の御船町スポーツセンターで復興イベント「熊本地震から1年。進もう前へ。熊本未来笑店街」(公益財団法人熊本YMCA主催)が開催された。当日、野外では「ふっこう商店街」の名称で御船町、益城町の野菜や果物…
続きを読む
ニュース

4月30日号紙面:熊本・大分地震から1年 今も残る爪痕 イースターに復興の祈り 復活信じる者は「絶望が希望」に

2017年04月30日号 電子版 4月14日(前震)、16日(本震)と震度7を観測した熊本・大分地震から1年。記者は14日から16日まで熊本を訪問した。熊本県の集計によると、4万8千人近くが今も仮設住宅での生活を余儀なくされている。最も被害の大きかった益城町には、全壊した建物が当時のまま点在していた。県民の象徴でもある…
続きを読む
トピックス

熊本・大分地震から1年 イースターに復興の祈り

 4月14日(前震)、16日(本震)と震度7を観測した熊本・大分地震から1年。記者は14日から16日まで熊本を訪問した。熊本県の集計によると、4万8千人近くが今も仮設住宅での生活を余儀なくされている。最も被害の大きかった益城町には、全壊した建物が当時のまま点在していた。県民の象徴でもある熊本城の瓦は落ち、石垣は崩れたま…
続きを読む
ニュース

写真 「今も震災の爪痕が生々しい熊本城」訪問 熊本地震から1年7

【関連記事】 ○訪問 熊本地震から1年6(明日に届け 避難者受け入れた健軍教会で 復興祈念コンサート ) ○イースター特別号メッセージ:主が共にいる 難波信義 日本基督教団熊本草葉町教会牧師2017年4月8日 ○2月26日号紙面:第2回町田防災フェスタ開催 熊本ハーベストチャーチ 中村陽志氏「もっとボランティア送って」…
続きを読む
ニュース

明日に届け 避難者受け入れた健軍教会で 復興祈念コンサート 訪問 熊本地震から1年6

4月15日夜には、震災後から5月28日まで避難所として礼拝堂を開放した日本福音ルーテル健軍教会(小泉基牧師)で、「熊本地震から1年 復興祈念チャリティーコンサート 明日に届け 希望のひびき」が行われた。 最初に震災で亡くなった人を覚え全員で1分間黙祷の後、一部は健軍教会聖歌隊、アンサンブル「こおろぎ」の合唱、小泉牧師が…
続きを読む
ニュース

全文公開 イースター特別号メッセージ 主が共にいる 難波信義 日本基督教団熊本草葉町教会牧師

難波信義  日本基督教団熊本草葉町教会牧師 そこでふたりは話し合った。「道々お話になっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか。」 ルカの福音書24章32節  ルカの福音書は、空っぽになった墓と、天使たちによる「なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか」との言葉を通して主の復活を…
続きを読む
ニュース

進もう前へ 熊本未来笑店街 訪問 熊本地震から1年5

熊本・大分地震発生直後から、全国のNPO、企業、個人と連携し、復興支援活動に取り組んできた熊本YMCAは、4月15日、熊本県上益城郡御船町の御船町スポーツセンターで、「熊本地震から1年。進もう前へ」をキャッチフレーズに「熊本未来笑店街」を開催。 当日は「熊本地震で何が求められ、これから何をすべきか」をテーマに復興祈念パ…
続きを読む
ニュース

森祐理さん 県内最大の仮設集会場でコンサート 訪問 熊本地震から1年4

熊本空港すぐそばにあるテクノ仮設。県内最大のこの仮設には約500世帯、1300人が今も暮らしている。この仮設住宅の集会場で森祐理さんがコンサートを行った。「リンゴの歌」では、会衆が皆、手拍子で盛り上がった。 【関連記事】 ○訪問 熊本地震から1年3(ゴスペルシンガーMigiwaさん「皆さんを忘れない」 熊本地震 1年経…
続きを読む