アーカイブ: 震災関連 - ページ 2

ニュース

東日本大震災から7年目 3.11いわて教会ネット第7回3.11集会

東日本大震災から7年目の3月11日、「第7回集会」(いわて教会ネットワーク主催)が、岩手県北上市大通りの北上聖書バプテスト教会で開催。近藤愛哉氏(保守バプ・盛岡聖書バプテスト教会牧師)がヨハネ6章の「5つのパンと2匹の魚」のたとえ話から「足りなくても感謝して」と題して説教した。 近藤氏は「弟子たちはお腹を空かせた5千人…
続きを読む
ニュース

「8年目」の祈りの集い 石巻でテゼの黙想と祈り

東日本大震災から8年目を迎えた3月11日。「復旧」「復興」「足踏み」「後退」・・・人々は様々な状況の中にいる。そのような中「細い沈黙の声」を聴こうという趣旨で、石巻市の石巻クリスチャンセンターを会場に沈黙の祈りの「テゼ」を用いた「『8年目』の祈りの集い」(同実行委員会主催)が開かれた。 夕方の日が傾く中、ロウソクの火を…
続きを読む
ニュース

東日本大震災7年 愛と希望のコンサート 石巻で小坂氏、上原氏

東日本大震災7年を経た3月11日午後それぞれの場所で追悼の催しが開かれた。大震災を覚える追悼記念会愛と希望のコンサートは東日本大震災後、継続的な支援や人々ととの関わりをもってきた石巻市のビーワンチャーチで開催された。ゴスペルシンガーの上原令子、小坂忠を迎え、被災者の証言も語られた。証言では阪神大震災や関東大震災の教訓か…
続きを読む
ニュース

東日本大震災7年 東北「エマオ」 祈り人々と共に

東日本大震災後、被災地の人々との信頼関係をもとにしたスローワークを重視してきた日本基督教団東北教区の被災者支援センター・エマオ。震災7年をへた3月10日に仙台市沿岸の若林区「笹屋敷Longお茶っこ」を実施し、なごやかな交流や振り返りの機会ととともに、黙祷の時間を過ごした。 仙台市沿岸の若林区笹屋敷では、毎年3月11日に…
続きを読む
ニュース

サファテ、佐藤牧師ら語る 九キ災 NPO法人設立記念で

NPO法人九州キリスト災害支援センターは、NPO法人設立記念パーティーを「助け合う社会を目指して」と題して3月9日に福岡市で開催した。 プロ野球選手のデニス・サファテも挨拶し、「今年、セーブをあげるごとに、1000ドル 九キ災にささげます」と励ましの言葉を語った。 福島第一原発から最も近い教会の牧師、佐藤彰氏(保守バプ…
続きを読む
ニュース

3月18日号紙面:第5回東日本大震災国際神学シンポジウム5 「壁」超え友から始める ACF、KGK、SCF学生が共同企画

2018年03月18日号 02面 「第5回東日本大震災国際神学シンポジウム」2日目の2月6日は、「01─ゼロイチ─の世界を超えて」と題した「青年の部」が開催された。同シンポでは従来から青年向けプログラムが開かれていたが、今回は、ACF(青山キリスト学生会)、KGK(キリスト者学生会)、SCF(学生キリスト教友愛会)の学…
続きを読む
ニュース

「ホーリスティック(包括的)な宣教の課題と可能性」 聖書学、牧会、教会形成、次世代、開拓、アジアの視点 九キ災 日本宣教フォーラムで

NPO法人九州キリスト災害支援センター主催の日本宣教フォーラム(3月9日、福岡市)が開かれている。パネルディスカッション2のテーマは「日本におけるホーリスティック(包括的)な宣教の課題と可能性」 。西岡義行氏(東京聖書学院教頭)が基調講演。 横田法路氏(九キ災理事長、日本イエス・福岡教会主管牧師)が座長を務め、聖書学の…
続きを読む
ニュース

「支援の現場から宣教を考える」阪神、東北、九州の教会、NGOら 九キ災 日本宣教フォーラムで

NPO法人九州キリスト災害支援センター主催の日本宣教フォーラム(3月9日、福岡市)が開かれている。パネルディスカッション1のテーマは「支援の現場から宣教を考える」。 東日本大震災後に宮城県で形成された、宮城宣教ネットワーク代表の大友幸一氏が基調講演。 宮城宣教ネットワークの、支援と伝道の統合、教団教派を超えた枠でのネッ…
続きを読む
ニュース

国内外支援リーダー一堂に 「憐れみの心もって」 九キ災「日本宣教フォーラム」

熊本地震後、熊本、福岡を中心に設立された支援組織、九州キリスト災害支援センター(九キ災)は継続的な支援活動を続け、後の九州北部豪雨災害などでも活動し九州全体にネットワークを広げている。九キ災は、NPO法人化を契機に、国内外で活動する支援や宣教のリーダーたちが一堂に集めた、日本宣教フォーラムを3月9日に福岡市の八仙台閣本…
続きを読む
ニュース

3月11日号:津波、火事で被災した住民の憩いの場に 「ここに来ると元気になれる」 岩手 交流ぷらざ いっぽいっぽ山田

2018年03月11日号 04・05面 岩手県の山田町は2011年の東日本大震災の時、津波と火災で大きな被害にあった町だ。家や家族、親族、知人、仕事などを失った住民は、今もその時受けた様々な傷を抱えながら生活している。気楽にお茶話ができる交流ぷらざ「いっぽいっぽ山田」(岩手県下閉伊郡山田町長崎2ノ7ノ28)は、そんな山…
続きを読む