アーカイブ: 震災関連 - ページ 2

トピックス

岡山県倉敷市に東北から支援物資 地元教会が災害支援活動について話し合い

 7月10日午後8時現在の共同通信の発表によると、西日本豪雨による死者は157人、小田川の堤防の決壊で浸水し甚大な被害に遭った倉敷市真備町を含む岡山県では死者54人に上った。  倉敷市笹沖の笹沖聖約キ…
続きを読む

九州キリスト災害支援センター 愛媛県、広島県に理事1人スタッフ2人派遣「西日本豪雨災害支援」窓口開設

 九州キリスト災害支援センター(略・九キ災)=横田法路代表=は、7月11日に理事1人、スタッフ2人を、広島県に次いで被害の大きかった愛媛県に派遣する。また、支援窓口も開設した。  九キ災は、9日にスタ…
続きを読む
トピックス

キリスト教会・広島災害対策室 呉市を支援地域に活動開始

 キリスト教会・広島災害対策室(室長・北野献慈牧師)は、広島県下31教会と団体が加盟する広島宣教協力会(会長・堀川寛牧師)の元に位置し、4年前の8月20日の広島土砂災害以来、常設して活動を続け、対策室…
続きを読む
トピックス

JIFH 倉敷に緊急援助班2人派遣 豪雨被災者への緊急支援に着手

   日本国際飢餓対策機構(JIFH)は「2018年7月豪雨」の被災者支援として7月9日、緊急援助班リーダーの伊東綾スタッフと安達燎平スタッフを岡山県倉敷市に派遣した。2人は車にパンの缶詰約800食分…
続きを読む
トピックス

広島県呉市 交通網寸断され陸の孤島状態 安芸津キリスト教会は一歩手前で浸水から守られ

 西日本各地に被害を与えた記録的大雨では、広島県が死者36人、行方不明者17人(消防庁災害対策本部7月9日6時30分発表の統計)と犠牲者がいちばん多かった。特に呉市とその周辺は、土砂崩れによりJR線、…
続きを読む
トピックス

日本国際飢餓対策機構 西日本広域水害被災者緊急募金の受付開始

西日本を中心とした豪雨被害は、7月6日から9日にかけて広い範囲に拡大。消防庁災害対策本部の9日午前6時30分の統計によると、死者75人、行方不明者は28人、床上浸水1,930棟、床下浸水4,210棟で…
続きを読む
ニュース

7月1日号紙面:EMF50周年へ 福島県で震災シンポ開催 “ただ願う、安心して住めること”

2018年07月01日号 01面  来年創設50周年を迎える福音主義医療関係者協議会(EMF)は、50周年記念シンポジウムシリーズの最初として、東日本大震災支援関連シンポジウムを5月26日に、福島県い…
続きを読む
ニュース

【続報】大阪北部地震 高槻で塀が根元から倒壊 信徒避難、余震の不安も 

 6月18日朝に起こった大阪北部地震では、震源地の茨木市、隣接する高槻市で21日現在もガスが止まったままだ。  茨木市の福音の群・茨木キリスト福音教会(永井牧師)は、震源地の真上に位置する。落下物など…
続きを読む
ニュース

【速報】大阪北部で地震 地域教会に大きな被害報告なし

TBS NEWSより   6月18日午前7時58分、大阪府北部で内陸直下型地震が発生した。気象庁の発表によると、地震の規模を表すマグニチュードは6.1、震源は大阪府北部深さ13km、震度6弱…
続きを読む
ニュース

4月29日号紙面:熊本・大分地震から2年 信徒、教会 フェスタでつながる 高森で第1回復興支援イースター

2018年04月29日号 01面 震度7を観測し、甚大な被害をもたらした熊本・大分地震から2年がたった4月14日、「第1回復興支援イースター つながるフェスタ2018in高森」(熊本宣教ネットワーク主…
続きを読む