アーカイブ: 震災関連 - ページ 3

トピックス

7年前のまま 悲劇は終わっていない ヤンシー氏 帰宅困難区域にあるチャペル訪問

 2月に来日し、全国各地で講演をしてきた米ジャーナリストのフィリップ・ヤンシー氏。今回は、佐藤彰氏(保守バプ・福島第一聖書バプテスト教会)の案内で、福島第一原発からいちばん近い、帰宅困難区域にある福島県双葉郡大熊町の大野チャペル、富岡町の桜のチャペル、避難指示が解除され2016年12月から礼拝が再開された南相馬市の小高…
続きを読む
トピックス

津波、火事で被災した住民の憩いの場に 「ここに来ると元気になれる」 岩手 交流ぷらざ いっぽいっぽ山田

 岩手県の山田町は2011年の東日本大震災の時、津波と火災で大きな被害にあった町だ。家や家族、親族、知人、仕事などを失った住民は、今もその時受けた様々な傷を抱えながら生活している。気楽にお茶話ができる交流ぷらざ「いっぽいっぽ山田」(岩手県下閉伊郡山田町長崎2ノ7ノ28)は、そんな山田町の人々の憩いの場だ。 2月17日土…
続きを読む
トピックス

韓国・浦項(ポハン)でM5・4の地震発生 九キ災 支援呼びかけ

11月15日14時29分、大韓民国慶尚北道浦項市北区を震源とするの地震が発生した。日本に比べ地震の少ない韓国では歴代2位規模の地震だ。 九州キリスト災害支援センター(横田法路理事長)のフェイスブックにアップされた情報によると、すでに2,000棟を超える家屋に被害が出ており、負傷者も多数出ているとのこと。「熊本地震、九州…
続きを読む
ニュース

「備えられた結び目、地域、教会で広がり」石巻クリスチャンセンターが献堂

東日本大震災から6年8か月が経過した。地震と津波によって甚大な被害を受けた、石巻市ではキリスト教会、団体が幅広く支援を続けてきた。 今年、様々な教派、団体、地域との連絡に尽力した石巻クリスチャンセンター(ICC)の建物が完成した。元々の土地にあった基督兄弟団石巻キリスト教会の礼拝活動とともにICCの活動の場として、超教…
続きを読む
トピックス

10月15日号:大阪 クリスチャンの若者らで防災パーティー 南海トラフ地震想定し分かち合い

2017年10月15日号 02面 首都圏では首都直下型の地震を想定して防災について考え協力する教会防災ネットワークが、都内各地に広がっているが、大阪でも特に南海トラフ地震を想定し、クリスチャンの若者たちを中心に防災について考える防災パーティーが行われている。大阪大学人間科学研究科共生社会論稲場研究室で、防災について研究…
続きを読む
ニュース

石巻 歴史と今⑤終 「災害だけではない」長期的視点 石巻クリスチャンセンター◇石巻福音自由教会

東日本大震災では、津波による甚大な被害があった。国内外のキリスト教会、団体は、渡波を中心に家屋修繕、寄り添いなどの支援に尽力してきた。今、この地では渡波キリスト教会、ビーワン東北、J's Cafe、石巻福音自由教会が、地域支援と礼拝活動を続ける。8月半ばに石巻福音自由教会を訪ねた。渡波と牡鹿半島をつなぐ万石橋そばの一角…
続きを読む
ニュース

9月17日号紙面:6年ぶり3度目の仙台開催 地方伝道シンポ “「復興」の約束 教会は携えて”

2017年09月17日号 08面  第18回シンポジウム「地方伝道を考える」(北関東神学研修センター主催、仙台バプテスト神学校共催)が8月21、22日、仙台市の仙台バプテスト神学校で開催された。テーマは「『東日本大震災と教会−社会的責任と教会設立・形成へ−)」。同シンポは2011年の震災直後にも仙台で開催された。6年後…
続きを読む
トピックス

消火器訓練、応急救護訓練… 東久留米・自由学園で防災フェスタ

 埼玉県新座市、東京・東久留米市、清瀬市の教会の協力による「教会防災ネットワークNHK」主催の防災フェスタが9月3日、東京・東久留米市学園町の自由学園で開催。当日は防災セミナー、消火器訓練、煙体験、応急救護訓練、災害用備蓄品の展示、携帯トイレ・簡易トイレの展示、防災頭巾の作り方、防災FMのブースを設けるなど、東久留米市…
続きを読む
ニュース

九キ災 大分・日田市に支援拠点 ボランティア呼びかけ 九州豪雨

九州北部豪雨で被災した地域への支援活動に対し、九州キリスト災害支援センター(九キ災、横田法路代表)は、物資搬入を担った久留米ベースから大分県日田市にベースを移し、日田ベースからボランティアを派遣して朝倉地区、日田地区の災害支援を行っていく。スタッフは竹崎光則氏(日本イエス・日田福音キリスト教会牧師)、戸田潤・仁美夫妻(…
続きを読む

「孤立地域に温かい炊き出しを」救援つのる 九州大雨被害 神戸国際支縁機構

5日から続く九州豪雨被害により、福岡、大分各県で、土砂崩れ、家屋倒壊が起き、死者、行方不明者が発生している。避難者の孤立状態もある。 国内外の災害支援活動をしている神戸国際支縁機構(岩村義雄会長,神戸国際キリスト教会牧師)は、6日に、孤立地域の炊き出し依頼を福岡県朝倉市より受け、7日から同機構熊本支部の大島健二郎氏と合…
続きを読む