アーカイブ: 映画 - ページ 2

レビュー

映画「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」――“いのち”を守り育むため遣わされている地上の管理者

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED. ナチスドイツ占領下のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻がゲットーからユダヤ人を自宅に匿(かくま)い300人もの逃亡を手伝った実話の映画化。ホロコーストの迫害から大勢のユダヤ人いのちを救った実話には、軍需生産工場の…
続きを読む
インタビュー

インタビュー:エリック・ポッペ監督 「ヒトラーに屈しなかった国王」

エリック・ポッペ監督プロフィール: 1960年6月24日、ノルウェー・オスロ生まれ。2011年からはノルウェーの芸術研究プログラムのメンバーとなり、リレハンメル大学では准教授を勤める。映画は、ベント・ハーメル監督の『卵の番人』(1995年)で撮影監督としてキャリアをスタート。同年にノルウェーの年間撮影賞も獲得したが、撮…
続きを読む
レビュー

映画「ヒトラーに屈しなかった国王」――国民に選ばれた国王としての決断とプライド

(C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures ナチスドイツに“降伏”を迫られた中立国ノルウェー。その理不尽な要求に混乱する政府。そして国王としてホーコン7…
続きを読む
レビュー

映画「ルージュの手紙」--人生の港を訪ね求めて彷徨う心の揺らぎ

30年ぶりに現れた継母ベアトリス(右)に戸惑いながらも面倒を見ていくクレール (C)CURIOSA FILMS – VERSUS PRODUCTION – France 3 CINEMA (C)photo Michael Crotto 今年6月に開催されたフランス映画祭2017のオープニング上映を飾り、同映画祭団長を務…
続きを読む
レビュー

映画「希望のかなた」――難民を取り巻く境遇や現実に向き合う人間模様

殴りかかってきたカーリド(左端)を事情を察して雇うヴィストロム(前列中央)  (C)SPUTNIC OY, 2017 舞台の場面展開のような映像美と俳優たちのポーカーフェイスで語る少ないセリフ。それでいてユーモアのオブラートに包みこまれた本質を衝く深みのあるメッセージ。前作「ル・アーヴルの靴磨き」(2011年)で“港町…
続きを読む
レビュー

映画「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」――ドン・ジョバンニ終幕を紐解く悲恋ドラマ

スザンナの美しさと音楽的才能に魅せられていくモーツァルト (C)TRIO IN PRAGUE 2016 18世紀古典派音楽家の巨匠ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756年1月27日~1791年12月5日)のオペラ代表作「ドン・ジョバンニ」のモチーフを、史実とフィクションを織り交ぜながら音楽ドラマとして展開す…
続きを読む
レビュー

映画「gifted ギフテッド」--天賦の才を持った子の特徴を生かす教育とは…

フランクは姪メアリーと平穏に暮らしていたが、メアリーの天才的な数学の才能を知った周囲が騒がしくなってくる (C)2017 Twentieth Century Fox ギフテッドとは、「同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のこと」と、アメリカ教育省では定義している。本作では、7歳の少女が…
続きを読む
レビュー

映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」--冬眠家族に初めてのクリスマスがやってくる

(C)Filmkompaniet / AnimoonMoomin Characters TM フィンランドの作家トーベ・ヤンソンが1945年に書いた小説から生まれたムーミントロール。53年には英国の「イブニングニュース」紙に漫画連載が始まり、絵本やテレビシリーズになり世界に羽ばたいていく。いまや日本でも20代以上の女性…
続きを読む
レビュー

映画「悪魔祓い、聖なる儀式」――実在するエクソシストの解放と癒し活動のドキュメンタリー

悪魔祓いの儀式を施すカタルド神父 (C) MIR Cinematografica – Opera Films 2016 ホラー映画のジャンルながらキリスト教(カトリック)と悪魔祓い師のエクソシズムをリアルに描いたウィリアム・フリードキン監督の「エクソシスト」(1973年)、ミカエル・ハフストローム監督の「ザ・ライト -…
続きを読む
レビュー

映画「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」――創作への意欲と刺激を最優先した芸術家の葛藤描く

(C)Les Films du Lendemain / Shanna Besson “近代彫刻の祖”とも評されるオーギュスト・ロダン(〜1917,)。彼が国から「地獄の門」の制作を依頼されたころから晩年の10年間を描いたロダン没後100年記念作品。ロダンの創作へのあくなき意欲が妻、愛人、モデルたちとの女性関係をとおして…
続きを読む