アーカイブ: フォトニュース

ビジネス・生活

4月30日号紙面:困難を抱える人とより良き社会を 小児医療の地域包括ケアを展開 医療法人稲生会 代表 土畠智幸さん

2017年04月30日号電子版 “包括的”にとらえること  日本で難病を抱えた子どもの割合は増加している。患者、支える家族の負担は大きい。自宅での療養とともに、地域での協力ができないか。札幌市の医療法人稲生会は、従来高齢者が対象とされていた「地域包括ケア」を小児医療の分野で進めている。医療・介護に止まらず、「困難を抱え…
続きを読む
トピックス

4月30日号紙面:聖書に基づき “美の回復を” 運天氏夫妻いけばな展出展

2017年04月30日号電子版 「花を通じての友好」をモットーに、5年に1度行われる「第11回いけばなインターナショナル世界大会」(いけばなインターナショナル主催)が4月14、15日、沖縄コンベンションセンターで開催された。今大会は国内外から21流派の家元と、会員による計296の作品が展示され、国内から約千人、海外から…
続きを読む
ニュース

4月30日号紙面:放送伝道・教会協力に尽力した羽鳥明氏記念式 “そのスピリットを継承してこそ”

2017年04月30日号電子版 写真=羽鳥明氏の遺影(上)。遺族一同で神に賛美を捧げた 4月10日に96歳で亡くなった羽鳥明氏(4月23日号で既報)の葬儀が、4月17日、千葉県市川市の山崎製パン総合クリエイションセンターで行われた。生前その活動に深く関わった、太平洋放送協会、福音伝道教団、ワールド・ビジョン・ジャパン、…
続きを読む
ニュース

4月30日号紙面:熊本・大分地震から1年 今も残る爪痕 イースターに復興の祈り 復活信じる者は「絶望が希望」に

2017年04月30日号 電子版 4月14日(前震)、16日(本震)と震度7を観測した熊本・大分地震から1年。記者は14日から16日まで熊本を訪問した。熊本県の集計によると、4万8千人近くが今も仮設住宅での生活を余儀なくされている。最も被害の大きかった益城町には、全壊した建物が当時のまま点在していた。県民の象徴でもある…
続きを読む
ニュース

邦訳聖書初の全面・大改訂 新改訳2017予約開始 

原典に忠実で「原文が透けて見える」翻訳として、多くの教会で公用聖書に採用されてきた新改訳の全面・大改訂「聖書 新改訳2017」が今年10月発売(予定)へ向けて予約注文の受け付けを開始した。 引照・注付の中型スタンダード版(四六判)定価(本体価格)5千400円が、7月末までに申し込むと本体5千円+税の早期予約割引特価が適…
続きを読む
フォトニュース

イースター特別号メッセージ:主が共にいる 難波信義 日本基督教団熊本草葉町教会牧師

ルカの福音書は、空っぽになった墓と、天使たちによる「なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか」との言葉を通して主の復活を伝えていますが、その直後に、一つの不思議な出来事を伝えています。「エマオへの道」(ルカ24章13〜35節)と呼ばれる場面です。 「ちょうどこの日、ふたりの弟子が、エルサレムから十一キロメートル余り離れ…
続きを読む
ニュース

4月23日号紙面:「私は福音を恥としない」放送伝道のパイオニア 羽鳥明氏逝去

羽鳥明氏逝去 放送伝道のパイオニア 「私は福音を恥としない」 2017年04月23日号 01面 戦後の放送伝道のパイオニアで、太平洋放送協会(PBA)理事長、ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)理事長を務めた羽鳥明氏が4月10日午後3時25分、96年の生涯を閉じた。1954年からPBAに加わり、ラジオ番組「世の光」で…
続きを読む
ニュース

写真 「今も震災の爪痕が生々しい熊本城」訪問 熊本地震から1年7

【関連記事】 ○訪問 熊本地震から1年6(明日に届け 避難者受け入れた健軍教会で 復興祈念コンサート ) ○イースター特別号メッセージ:主が共にいる 難波信義 日本基督教団熊本草葉町教会牧師2017年4月8日 ○2月26日号紙面:第2回町田防災フェスタ開催 熊本ハーベストチャーチ 中村陽志氏「もっとボランティア送って」…
続きを読む
ニュース

明日に届け 避難者受け入れた健軍教会で 復興祈念コンサート 訪問 熊本地震から1年6

4月15日夜には、震災後から5月28日まで避難所として礼拝堂を開放した日本福音ルーテル健軍教会(小泉基牧師)で、「熊本地震から1年 復興祈念チャリティーコンサート 明日に届け 希望のひびき」が行われた。 最初に震災で亡くなった人を覚え全員で1分間黙祷の後、一部は健軍教会聖歌隊、アンサンブル「こおろぎ」の合唱、小泉牧師が…
続きを読む
ニュース

イースター特別号紙面:腎臓移植のドナーになったAさんにインタビュー “いのち”を救う神に支えられ

現在日本における慢性腎不全の患者数は約30万人。 大半が人工透析を行う一方、もう一つの治療法として腎移植がある。年間1600件ほど行われており、その多くが「生体腎移植」と呼ばれる、健康な人の2つある腎臓の1つを摘出して行う移植手術だ。この数字を多いと見るか、少ないと見るかはなんとも言えないが、現代の医療としては決して珍…
続きを読む