アーカイブ: フォトニュース

トピックス

韓国・浦項(ポハン)でM5・4の地震発生 九キ災 支援呼びかけ

11月15日14時29分、大韓民国慶尚北道浦項市北区を震源とするの地震が発生した。日本に比べ地震の少ない韓国では歴代2位規模の地震だ。 九州キリスト災害支援センター(横田法路理事長)のフェイスブックにアップされた情報によると、すでに2,000棟を超える家屋に被害が出ており、負傷者も多数出ているとのこと。「熊本地震、九州…
続きを読む
ニュース

12月10日号:吉田隆氏 世の力に抗いつつ福音の前進に専心を 「終わりの時を、希望に生きる~カルヴァンの終末論」

2017年12月10日号 02面 宗教改革500周年記念講演会「終わりの時を、希望に生きる~カルヴァンの終末論」(お茶の水クリスチャン・センター神学研究会主催)が11月16日、同センター8階で開催。吉田隆氏(神戸改革派神学校校長)が講師に立った。 吉田氏は、まず宗教改革以前の終末観との関係について、「死の不安におののく…
続きを読む
フォトニュース

12月10日号:福伝創設者M・A・バーネット来日100年 福音を次世代にゆだねた生涯

2017年12月10日号 08面 M・A・バーネットは1878年に英国国教会牧師の子として生まれ、26歳の時に海外伝道の幻を見、1917年12月6日、39歳で来日。足尾教会での働きを初めとして、各地で宣教の働きに従事し、福音伝道教団を設立した。今年はバーネット来日100年になる。その年に宣教の前進と霊的遺産の継承をと、…
続きを読む
ニュース

12月10日号紙面:全国教会数7,896 前回調査に続き減――『クリスチャン情報ブック2018』 教会教勢調査

2017年12月10日号 04・05面 日本人人口は依然減少 大都市増加による地域格差拡大  本紙が毎年実施している全国の教会教勢調査の結果報告を掲載した『クリスチャン情報ブック2018』版が、11月30日に発行された。同報告によると、全国のプロテスタント教会は、昨年の調査より14教会減少し、7千896教会・伝道所(以…
続きを読む
ニュース

12月10日号紙面:アンテオケ 宣教会40年  宣教困難地の課題、連携、支え方を討論 神の熱心に触れ、共に歩む

2017年12月10日号 01面  宣教困難な地や現代の多様な課題に宣教団体はどのように応えるか。日本の福音的な教会によって超教派で生み出された宣教団体、アンテオケ宣教会が1977年の創立から40年を迎えた。この創立記念集会が11月23日、東京・千代田区のお茶の水クリスチャン・センターで開かれた。宣教師からの報告やオー…
続きを読む
ニュース

12月10日号紙面:宣教と福祉のグローバルな課題 第39回「東アジアに目を向けて」(上) 良き訪れをたずさえて〜地域の福祉を担う

宣教と福祉のグローバルな課題 第39回「東アジアに目を向けて」(上) 良き訪れをたずさえて〜地域の福祉を担う 2017年12月10日号 03面  欧米の福祉と教会  本年9月11日のクリスチャン新聞50周年記念シンポジウムで、「日本の教会はガラパゴス化しているのではないか。もっと海外の情報を」という意見があった。「教会…
続きを読む
ニュース

12月3日号紙面:東アジア・ユダヤ人伝道カンファ 世界の事例を和歌山で共有 「日本で実践できることある」

2017年12月03日号 01面  日本を訪れる外国人観光客は近年増えてきた。その中にはユダヤ人がいるかもしれない。ユダヤ人伝道について、東アジアならではの可能性があるという。2017年東アジア・ユダヤ人伝道カンファレンスが、11月13〜15日に和歌山市の和歌山県民文化会館と和歌山ルーテル教会を会場に開かれた。ローザン…
続きを読む
ニュース

12月3日号紙面:eAst21asiaが10周年 『ReJoice!』テーマに国際会議開催 「隔ての壁」超え“本来の教会”へ

2017年12月03日号 03面 東北アジアの青年たちが、国境を越えた交流を通して相互理解を深め、福音と恵みの喜びを宣べ伝えていくことを目指す「eAst21asia」(代表朴大信神学生)の第10回国際会議が、11月3日、東京千代田区の日本基督教団富士見町教会を会場に、開催された。 10年目を迎えた今回のテーマは「『Re…
続きを読む
トピックス

原発事故で被害に遭った人々に寄り添い続け せやふれあいの庭川内村支援

神奈川県横浜市瀬谷区にある日本COG・瀬谷キリスト教会(富安敦牧師)の福祉活動、NPO法人「せやふれあいの庭」(岡庭もも子理事長)のメンバーは、音楽療法士で牧師の藤木隆・比夫美夫妻と共に毎月1回、福島第一原発事故によって被害に遭った福島県双葉郡川内村を訪れ、そこで生活する高齢者に寄り添っている。 11月23日の訪問では…
続きを読む
トピックス

アジアの必要とする人々に愛と希望の車いすを 希望の車いす

2002年、中国に最初の車いすを届けて以来、2017年10月23日現在、2,082台もの車いすを東南アジアを中心とする世界13か国に届けてきたNPO法人「希望の車いす」(創立者:メリー・ペナー、理事長:谷雅史)。車いすを受け取ったことで、家族と一緒に行動できるようになった、学校に通えるようになった、通勤手段を得られ就職…
続きを読む