アーカイブ: ニュース

ニュース

スポーツと開拓 2020へ向けたビジョン Shine2017で

東京オリンピック・パラリンピックへ動く社会に対応し、スポーツ伝道、教会形成などの働きを具体的に考えた。 VISION2020フォーラムが5月26日は、渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された。午前は日本でまだ未開発のスポーツミニストリーの課題と展望について、米内宏明氏″(Japan Internati…
続きを読む
トピックス

2019年ラグビーW杯、2020年東京五輪に向けセミナー オープン・クラウド・フェス開催

 5月16日、神奈川県横浜市にある野七里グラウンドにおいて「オープン・クラウド・フェスティバル(以下OCF)」のセミナーが日本国際スポーツパートナーシップ(JiSP、代表・米内宏明師、バプ教会連合・国分寺バプテスト教会牧師)の主催で行われました。講師はフュージョン・アンド・コミュニティー・ヨーロッパ代表のマーティー・ウ…
続きを読む
トピックス

ひろくん 国内で移植手術成功 命がつながった 集めた募金は海外での移植願う子どもへ

 稲本創・麗子夫妻(同盟基督・土浦めぐみ教会員)の次男で、心臓移植しかないという難病を患う啓君(2歳)。国内での移植手術の可能性は非常に低いため、稲本夫妻は渡航して手術を受けるため、土浦めぐみ教会のメンバーらと「ひろくんを救う会」を立ち上げ、昨年12月から精力的に募金活動を展開していた(本紙2月19日号、4月16日号で…
続きを読む
トピックス

CfaN日本初上陸 聖霊の火を求めて 東京でファイヤーカンファレンス開催 参加者のべ8,300人 信仰決心者200人

 過去40年間、7千600万人を信仰に導いてきた宣教団体「クライスト・フォー・オール・ネイションズ(CfaN)」。伝道者ラインホルト・ボンケ氏により創設され、今はダニエル・コレンダ氏が総裁を引き継ぐCfaNが今年、初来日した。「ファイヤーカンファレンス」(CfaN日本事務局主催)が5月19日から21日まで、東京・新宿区…
続きを読む
ニュース

デジタル時代のライフスタイルに対応 Shine2017

デジタル時代に教会は対応できているか。 Shine Japan2017第1週の夜には、現代のライフスタイルに対応した様々な方法の紹介がある。 23日は、国際的な宣教団体Christian Visionアジア太平洋総主事のリチャード・ダニエルさんがデジタル時代における人々の感性やライフスタイルの変化を解説。 同団体で制作…
続きを読む
ニュース

Shine2017始まる 多国籍のチームでインパクト

充分に訓練された力強い演奏と歌声に、街角の人々が振り返り、立ち止まった。 ペンテコステ前後に世界的な祈りや伝道の運動と連携し、開催するShine Japan2017が始まった。日本の次世代クリスチャン、地域教会、海外宣教チームなどの協力し、SHINE Experienceとして、セミナー、イベントが開かれる。  23日…
続きを読む
ニュース

「内心の自由を奪い処罰する『共謀罪』の廃案を求めます」「宗教者九条の和」声明

5月19日、参議院議院会館内にて、「内心の自由を奪い処罰する『共謀罪』の廃案を求めます」「宗教者九条の和」声明「呼びかけ人」記者会見を行った。 声明文は先月25日に発表された。その後呼びかけ人が、仏教、カトリック、プロテスタント、新宗教、神道あわせて宗教者49人、呼びかけ団体は15団体に増え、今回の記者会見に至った。呼…
続きを読む
ニュース

5月28日号紙面:創刊50周年 クリスチャン新聞は何を伝えてきたか

2017年5月28日号 聖書信仰の確立 終わりなき宿題 激動の世界で真価問われる 〝信仰と生活の唯一の規範〟として 「聖書信仰の確立」は創刊時の標語の冒頭に掲げたように、クリスチャン新聞を創刊した動機の中でも中核を占める意識だったといえる。 敗戦後、日本の復興を霊的・精神的な面で救おうと欧米から多数の宣教師が来日した。…
続きを読む
ニュース

5月28日号紙面:創刊50周年を迎えて 聖書を土台とした多様性を 編集長 髙橋昌彦 

2017年5月28日号4面  クリスチャン新聞は主の恵みと読者の皆様のご支援により創刊50年を迎えました。心より感謝申し上げます。  その「創刊号」は1967年5月に、ブランケット(全紙)判の紙面で、それまで月刊で発行されていた『福音ジャーナル』を母体に、それを改題する形で誕生しました。日曜礼拝を中心とするクリスチャン…
続きを読む
ニュース

5月28日号紙面:福音主義神学会西部部会 「諸力としての罪」と「人間が犯す罪」二項対立的でなく統合的アプローチを  春期研究会議で山口氏

2017年5月28日号8面 福音主義神学会西部部会2017年度春期研究会議が4月24日、兵庫県神戸市垂水区塩屋町の関西聖書神学校で行われ、山口希生氏(東京基督教大学共立基督教研究所研究員)が「諸力としての罪─ユダヤ黙示思想の文脈の中のパウロから考える」と題して講演した。 講演に先立つ開会礼拝では、今回のコーディネーター…
続きを読む