アーカイブ: ニュース - ページ 2

トピックス

キリストの愛届ける救世軍バンド 3月にニューヨーク・スタッフ・バンド ザ・シンフォニーホールで大阪公演

 19世紀のイギリスで路傍伝道から始まった救世軍ブラス・バンド。金管楽器の達者なクリスチャン一家が、救世軍創立者ウィリアム・ブースの伝道活動をその演奏で助けたことに端を発している。ブースはブラス・バンドが神を賛美する楽器としても、伝道活動でも効果的であるとして、救世軍に導入した。これが今や世界で6万人を超す楽隊員が奉仕…
続きを読む
トピックス

世のための教会と課題をバルトに学ぶ 「戦争したくなければ平和の準備をせよ」 改革派西部中会世と教会に関する委員会2・11集会

 日本キリスト改革派西部中会世と教会に関する委員会主催2・11集会が、2月12日に日本キリスト改革派神港教会で開かれた。講演は東北学院大学教授の佐藤司郎氏。「教会はイエス・キリストの証人として世に遣わされています。イエスを世界の主として証しすることが教会のつとめです。われわれはこのことに、信仰と真実をもって常に励みたく…
続きを読む
トピックス

同盟基督「2・11信教の自由セミナー」関東地区集会 齋藤氏講演「ドイツ教会から学べること」

 日本同盟基督教団「教会と国家」委員会主催の「2018年2・11信教の自由セミナー」関東地区集会が2月12日、東京・中野区東中野の中野教会で開催。齋藤篤氏(日基教団・深沢教会牧師)が「私たちはまだまだ忘れない〜ドイツ教会から学べること〜」と題して講演した。  齋藤氏は2012年から3年間、日本基督教団派遣宣教師としてド…
続きを読む
トピックス

第26回関東四地区2・11集会「信教の自由を覚える集い」で木村庸五氏 権力絶対化に抗し立憲主義堅持叫ぶ

 第26回関東四地区2・11集会「信教の自由を覚える集い」(日本福音キリスト教会連合・関東四地区信教の自由を覚える集い実行委員会主催)が2月10日、東京・杉並区浜田山の浜田山キリスト教会で開催。弁護士で安倍首相の靖国参拝違憲確認等請求訴訟弁護団長の木村庸五氏(改革派・湖北台教会長老)が「憲法逸脱・憲法改正の流れの中にお…
続きを読む
トピックス

玉川聖学院・教会セミナーで水口氏 「道徳の教科化の狙い、それを越えるキリスト教倫理」とは

 必修科目としての「道徳」が、2018年度から全国の小学校で、2019年度から全国の中学校で実施される。道徳の教科書が伝えようとしている「道徳観」の背後にある「人間観・世界観」は、聖書を通して伝えたい物の見方と同じなのか、学校で道徳の授業を受けて生きた児童や生徒たちに、教会学校やクリスチャンホームを中心に行われているキ…
続きを読む
ニュース

2月25日号書店用短冊

▽週刊クリスチャン新聞は電子版も配信(毎号発行日前々週の金曜日)します▽ 有料版(ウェブ版、電子版)ではバックナンバーもご覧になれます。 掲載号一覧→ http://クリスチャン新聞.com/csdb/掲載号一覧/ ウェブ版→ http://クリスチャン新聞.com/csdb/ 電子紙面版→  一部の記事を閲覧できる「…
続きを読む
ニュース

日陰でひっそりも大切 新約聖書・ルカの福音書10章41、42節 福音版3月号

○聖書のことばに聴く 日陰でひっそりも大切  新約聖書・ルカの福音書10章41,42節 ○連載 第 155回 晴考雨読 ~時代を透かしてみれば~ 「わからないことを受け入れる」 永井信義 (宮城・東北中央教会 牧師) ○連載 人間の物語から神の物語へ-聖書の世界に生きた人々 95 ベニヤミン その存在が意味を持つ人 創…
続きを読む
ニュース

「自由」な空間のつくりかた 若者の視点  211集会で

戦前の反省と回帰への問題意識から「建国記念の日」を「信教の自由を守る日」として、「靖国神社問題」以来、キリスト教会では各地で集会が開かれている。現代の若者の世代がこのテーマを知ったり、関心をもつ機会は少ない。 2月11日、東京・千代田区の在日本韓国YMCAアジア青少年センターで開かれた東京集会では若者達が登壇した。立教…
続きを読む
ニュース

2月18日号紙面:歴史的なJEF関連神学校合同リトリート 同じ源、志、悩み共有 JEF神学校協力委員会委員長 山崎 忍

2018年02月18日号 02面 第1回JEF(日本福音連盟)関連神学校合同リトリートが、1月29日から30日、ウェスレアン・ホーリネス教団浅草橋教会を会場に持たれた。JEFは、聖霊の内住によるキリスト者の聖化を信じ、聖化の恵みを宣証する諸教団から構成されており、新聖歌の編集母体でもある。 JEF関連神学校同士の交流は…
続きを読む
ニュース

愛、和解、平和、福音への決意を宣言 東アジア青年キリスト者大会3

韓国平昌オリンピックが幕を開けた。 近年緊張関係にあった東アジア各国が歩み寄り、9日の開会式では「平和の祭典」のメッセージを世界に打ち出した。一方背後には政治的な駆け引きも繰り広げられている。 同じ日、東アジアの青年たち100人以上が、聖書に基づく愛の宣教と平和への決意を宣言した。 第8回東アジア青年キリスト者大会(2…
続きを読む