アーカイブ: ニュース - ページ 178

宗教制限国が4年で30→40%に急増

 世界198の国・地域のうち宗教的に制限が非常に厳しかったり敵対したりする地域が2007年には30パーセントだったのが、わずか4年後には40パーセントに増加、その後もこの傾向は続いている|ローザンヌ運動(マイケル・オー総裁)は9月13日、そんな分析結果を発表した。  発表によると、世界人口の3分の2は、宗教に対して厳し…
続きを読む
ニュース

埼京放送伝道協力会が20周年

 埼玉県と東京近隣での福音放送を支える埼京放送伝道協力会(埼京伝)が設立20年を迎えた。埼京伝20周年記念感謝会・コンサートを9月 23日、埼玉県さいたま市の日本基督教団大宮教会で開かれた。 坂野慧吉牧師(初代埼京伝実行委員長・浦和福音自由教会牧師)、堀肇牧師(太平洋放送協会理事長・鶴瀬恵みキリスト教会牧師)、鈴木和子…
続きを読む

認知症介護の体験を分かち合う 教会でも

 障がいを負う人々と共に生きる教会を目指す懇談会(アーモンドの会)の19回が、9月23日埼玉県和光市の日本基督教団和光教会で開かれた。  「高齢化社会と教会ー認知症に向き合うー」というテーマで家族介護者、介護職員らによるパネルディスカッションが交わされ、参加者もグループで課題を話し合った。 【詳しくは紙面で】 ◇クリス…
続きを読む

シリア難民200万人超える WVJスタッフ現地報告

 シリアの化学兵器使用問題をめぐり国際社会が揺れる中、シリアでは2年半続く内戦でレバノン、ヨルダン、トルコ、イラクなどの周辺国へ逃れる難民が200万人を超えた。うち100万人以上が子どもで、シリア難民の子は十分な教育が受けられていないなどの大きな問題を抱えている。今年3月から、主にヨルダンでシリア難民の子どもたちの保護…
続きを読む

「子どもの権利条約」もっと知ってほしいと小冊子発行

 「子どもは人権の主役であり、発達する存在である」と捉える、89年の国連総会で採択された「子どもの権利条約」。しかし、日本ではあまり周知されていないのが現状だ。この「子どもの権利条約」についてもっと知ってほしいと、このほど小冊子「生活の中の子どもの権利」(企画・制作/「こどもが まんなかPROJECT」推進委員会、10…
続きを読む

三浦綾子と水野源三の共通点とは 銀座教文館で森下辰衛氏講演

 『水野源三精選詩集 わが恵み汝に足れり』(日本キリスト教団出版局、2千730円税込)の刊行記念写真展「水野源三の世界」(日本キリスト教団出版局、教文館キリスト教書部共催)が9月5日から25日まで、東京・中央区銀座の教文館3階キリスト教書部「ギャラリーステラ」で開催。精選詩集選者の森下辰衛氏(三浦綾子記念文学館特別研究…
続きを読む
ニュース

「草の根における変革」アジア学院40周年

「共に生きるために」というモットーを掲げ、キリスト教を土台にしながら、広く世界から研修生を受け入れ、世界56ヶ国の地域社会に農村リーダーとして輩出してきたアジア学院が40周年記念式典を9月16日栃木県那須塩原市の同所で執り行った。  式典とともに「草の根における変革」と題して、卒業生たちによるシンポジウムも開かれた。【…
続きを読む

市民の声なき声の代弁者に いわき市長選に出馬した五十嵐義隆さん

 「声を出したくても出せない人がいっぱいいる。だったら、自分が代わりにその声なき声を吸い上げ、市政に反映させ、市民の皆様の代弁者になろうと思ったのです」。そう語るのは、このほどいわき市長選挙に出馬した五十嵐義隆さん(35)=五十嵐義隆ミニストリー代表(グローバルミッションチャペル所属)=だ。五十嵐さんは、公示日の9月1…
続きを読む

『聖書ものがたり絵本』の絵作者 小林豊原画展tギャラリーで開催

 『聖書ものがたり絵本』(フォレストブックス)の絵を描いた日本画家・小林豊氏の原画展「小林豊原画展 聖書の世界を旅する」が9月2日から14日まで、東京・千代田区神田駿河台のお茶の水クリスチャン・センター5階tギャラリーで開催している。同原画展は『聖書ものがたり絵本』全4巻の完結を記念したもので、小林氏自らイスラエルの聖…
続きを読む

中・台の教会交流が活発 台湾長老教会は警戒

 中国の大陸の教会と台湾の教会は政治状況ゆえに壁があったが、近年交流が盛んだ。8月27日から29日まで台北市で大陸、台湾の教会合同での「第1回両岸基督教論壇」が開かれた。 同論壇は、蒲公英希望基金会の魏悌香牧師、周神助牧師(台北霊糧教会)など台湾の10人の牧師が準備委員会を立ち上げ、台湾から約190人の牧師、大陸からは…
続きを読む