アーカイブ: ニュース - ページ 2

ニュース

「一瞬の出会いが永遠に思えた」日中45周年 李徳全シンポ「国交正常化前の秘められた歴史」明大日中課題研究所で

憎しみと緊張の走る世界に希望をもたらすか。 戦後日中の友好に一早く取り組んだ、李徳全の自伝『李徳全――日中国交正常化の「黄金のクサビ」を打ち込んだ中国人女性』(日本僑報社、程麻、林振江著、石川 好監修)が日中45周年を記念として発売されている。 10月1日の明治大学日中課題研究所が発足にちなんでの開催となった。 あわせ…
続きを読む

ノーベル平和賞 核廃絶推進団体ICAN受賞にWCCトヴェイト氏祝福

6日、今年のノーベル平和賞に国際NGO、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)が選ばれた。核廃絶推進に協力してきた世界教会協議会(WCC)は、ICANの記者会見をスイス・ジュネーブのエキュメニカルセンターで主催。 ICANのベアトリス・フィン事務局長は会見とともに、WCCをはじめとした各国の協力者への賛意を表した。 W…
続きを読む
ニュース

10月15日号紙面:東海宣教会議 “伝える不安と恐れ” “福音の自信と使命” 20代・30代・40代が伝道を討論

2017年10月15日号 05面 青年向け集会、ミッションナイト@TOCOME6では、ゴスペルシンガー横山大輔のミニコンサート、クリスチャン青年3人のパネルインタビュー、飯田岳さん(東京フリーメソジスト・南大沢チャペル牧師)のメッセージがあった。  パネルインタビューでは、大庭貴宣さん(日本長老・北四日市キリスト教会牧…
続きを読む
トピックス

10月15日号紙面:メキシコ人派遣事業をビジネスに メキシコからの技能実習生受け入れを準備している人材コーディネーター 斉藤周治さん

2017年10月15日号 08面 海外派遣員としてメキシコへ 現地教会で洗礼を受ける 「世界の情勢をそれほど意識して行動したわけではないですが、いろんな出来事の関連の中で、神様のご計画を感じます」。インタビューの冒頭、斉藤さんはそう語ってくれた。 1988年、斉藤さんは大学卒業後、メキシコに海外派遣員として赴任。2年間…
続きを読む
トピックス

10月15日号紙面:「アジア・メディア宣教カンファレンス」東京で開催 団体超え神の国建て上げる協力

2017年10月15日号 04面  情報テクノロジーや移動手段の発達とともに、グローバル化した宣教協力が推進されている。日本においても、戦後以来、国際的なメディア伝道の働きが展開してきた。近年アジア規模では、放送・インターネットメディアを中心にメディア宣教ネットワーク、アジア・バイ・メディア(ABM)が結成されている。…
続きを読む
トピックス

10月15日号:大阪 クリスチャンの若者らで防災パーティー 南海トラフ地震想定し分かち合い

2017年10月15日号 02面 首都圏では首都直下型の地震を想定して防災について考え協力する教会防災ネットワークが、都内各地に広がっているが、大阪でも特に南海トラフ地震を想定し、クリスチャンの若者たちを中心に防災について考える防災パーティーが行われている。大阪大学人間科学研究科共生社会論稲場研究室で、防災について研究…
続きを読む
ニュース

【宣教 新たな視点で 特集】クリスチャン新聞電子版 最新号(10月15日号)を公開

☆ミャンマー難民支援  世界で力合わせ ☆福音交友会70年 ☆国会解散に憲法学者ら声明  キリスト者学者が呼びかけ クリスチャン新聞電子版(紙面ビュー) クリスチャン新聞WEB版(テキスト) http://クリスチャン新聞.com/csdb/ ご登録(1ヶ月¥780・クレジットカードによる月毎のお支払い)のお客様がお使…
続きを読む

情報 10月15日号分

※詳細、問い合わせは各団体へ 【茨城・東京】2017クリスマス準備会(日本児童福音伝道協会[CEF]主催) ▽茨城=10月14日午前10時〜。小美玉市のCEF本部で。 ▽東京=16日午前11時30分〜。立川市の立川栄町教会で。17日午前10時〜、新宿区の淀橋教会で。午後7時〜、御徒町キリスト教会で。福島県でも予定。 【…
続きを読む
ニュース

地域の苦悩に耳を澄ませる 第36回「世のために存在する教会」(中) 良き訪れをたずさえて〜地域の福祉を担う

D牧師が40年以上前に神学校を卒業して派遣された地域は、農業が盛んな養蚕の町だった。広大な畑を前にして「ここで開拓伝道ができるだろうか」と一抹の不安がよぎった。一方で、子どもは多いことがわかり、たまたま与えられた小さな会堂で塾を始めることにした。するとすぐに大勢の子どもたちが集まった。遊びの時間も取り入れた塾は、親御さ…
続きを読む
トピックス

映画「地の塩 山室軍平」記念シンポで木原氏 福音伝道、福祉実践両方で評価された山室軍平

 日本人初の救世軍士官、山室軍平を描いた映画「地の塩 山室軍平」公開を記念し、「記念シンポジウム〜『愛の人』山室軍平の誕生秘話〜『最も大いなるものは、愛である』 (聖書)」(救世軍本営主催)が9月22日、東京・千代田区神田神保町の救世軍山室軍平記念ホールで開催。同志社大学の木原活信氏が「『見えざる神の手』に導かれた山室…
続きを読む