アーカイブ: ニュース - ページ 235

メシヤが死んでも崩壊しない 異端の不思議--迷走と分裂へ…文鮮明死後の統一協会 記・張清益=1209230401=

はじめに 1954年5月1日、韓国ソウルで「世界基督教統一神霊協会」という看板を掲げて活動を開始した文鮮明氏が9月3日、92歳で死去した。これまで韓国の社会だけでなく、日本そして世界に多くの悪影響を及…
続きを読む

教会ハラスメント相談窓口 山陰に「手をつなぐこひつじの会」発足

 山陰地区の教会内でのハラスメント問題(パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、信仰による虐待など)について教派を超えた相談窓口として9月7日、「手をつなぐこひつじの会」が発足した。同会は教会内で…
続きを読む

高松に賛美と踊りに溢れた国際教会 ハレルヤチャーチ高松

 讃岐うどんで有名な香川県高松市。その中心街から市バスに乗り、南東方面に約40分行くと、川島町だ。北に由良山、南に上佐山といった四国の山々を望み、町中を春日川が流れている。一帯は田んぼ、畑に囲まれ、の…
続きを読む

市民の叫び 聴き続け いわき希望教会 伊藤順造牧師

 「震災から1年半が経ったけれども、福島県は今も先が何一つ見えない重い空気に包まれています」。福島県いわき市にある保守バプ・いわき希望教会の伊藤順造牧師はそう語る。自分自身が被災者の伊藤牧師は、外科医…
続きを読む
ニュース

EMFの医師ら いわき市の教会で無料診療(昨年4、5月)

 「福音主義医療関係者協議会(EMF)」の医師・看護師らは、「いきいきクリニック」(神奈川県川崎市)の武知由佳子院長(同盟基督・招待キリスト教会員)の呼びかけで昨年3縲怩T月、いわき市内の教会で無料診…
続きを読む

クリスチャンナース いわき市内の仮設で継続医療支援

 福島原発事故により、今も放射能の不安に脅える福島県の人々。県南のいわき市に毎月1回、クリスチャンの看護専門職者、看護学生によるグループ「日本ナース・クリスチャン・フェローシップ(JNCF)」のメンバ…
続きを読む
ニュース

[NSD3] 「一人ひとりの青年の魂が尊い」第一回日本青年伝道会議閉幕

 日本福音同盟(JEA)が活動の柱とする日本伝道会議から生まれた、初の日本青年伝道会議(JEA青年委員会主催、三橋与志哉委員長)が9月17縲・9日に開かれ、多様な青年宣教の取り組みが共有された。会議中…
続きを読む