アーカイブ: インタビュー

インタビュー

インタビュー:長谷井宏紀監督--イタリア映画「ブランカとギター弾き」

長谷井 宏紀(はせい・こうき)岡山県出身。映画監督・写真家。セルゲイ・ボドロフ監督『モンゴル』(ドイツ・カザフスタン・ロシア・モンゴル合作・米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品)では映画スチール写真を担当し、2009年、フィリピンのストリートチルドレンとの出会いから生まれた短編映画『GODOG』では、エミール・クス…
続きを読む
インタビュー

インタビュー:映画「ローマ法王になる日まで」D・ルケッティ監督

ダニエーレ・ルケッティ監督1960年7月26日、イタリア・ローマ生まれ。父親は彫刻家。学生時代は文学と美術史を学んだ。長編デビュー作品「イタリア不思議旅」(19889年)でダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞最優秀新人監督賞を受賞。カンヌ国際映画祭に「イタリア不思議旅」(88年)、「マイ・ブラザー}(91年)、「我らの生活」…
続きを読む
インタビュー

インタビュー:イヴァーノ・デ・マッテオ監督--イタリア映画祭上映作品「はじまりの街」

■監督・共同脚本:イヴァーノ・デ・マッテオ IVANO DE MATTEO1966年1月22 日、イタリア・ローマ生まれ。演劇ワークショップを経て、1990年俳優として のキャリアをスタートさせ多くの作品に出演。99年には初のドキュメンタリー作品「Prigionieri di una fede」を手掛け、2002 年に…
続きを読む
インタビュー

映画「皆さま、ごきげんよう」--不条理に満ちた人の世だが幸せの扉は街角の塀にもある

古い付き合いの友人二人。貴族で博識なアパート管理人(左)と人類学者。 (C)Pastorale Productions- Studio 99 緻密に計算されたカメラワークは定評で、毒気の効いた社会風刺と独自のユーモアを織り交ぜた人間観を寓話的に表現する作風で知られるオタール・イオセリアーニ監督の最新作「皆さま、ごきげん…
続きを読む
インタビュー

日大生が企画・主催の第6回日藝映画祭「信じる人をみる宗教映画祭」--12月10日よりユーロスペースで開催

今回の日藝映画祭リーダーを務めた企画提案者の木村孔紀さん(右)と新聞・雑誌・書店の広報を担当の太田薫子さん。 (c)クリスチャン新聞 12月10日(土)~16日(金)まで東京の渋谷ユーロスペースを会場に、第6回日藝映画祭「信じる人をみる宗教映画祭」が開催される。無声映画「裁かるゝジャンヌ・ダルク」(1928年)から20…
続きを読む
インタビュー

インタビュー:映画「幸せなひとりぼっち」のハンネス・ホルム監督

ハンネス・ホルム監督 スウェーデン映画「幸せなひとりぼっち」(原題:オーヴェという男)は、片田舎に暮らす定年を間際の気むずかしい老人オーヴェの物語だが、各国の国際映画祭で数多くの観客賞を受賞している話題作品。日本では12月17日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開される。寡黙で気むず…
続きを読む
インタビュー

インタビュー:香港の教育界に一石を投じた映画「小さな園の大きな奇跡」のエイドリアン・クワン監督

本作の脚本を共同で執筆した脚本家ハンナ・チャンさん(左)は、同じ教会の信徒。二人でタッグを組んだ映画は6作目になる。 香港映画といえば、昔は70年代のブルース・リーや80年代のジャッキー・チェンらの系統をひくアクションものや近年ではリョン・ロクマン、サニー・ルク監督らの骨太で緻密な警察ドラマなどをイメージしやすい。一方…
続きを読む
インタビュー

神山みさ初の賛美歌アルバム「On my side」--11月23日に渋谷7th Floorで発売ライブ

初の賛美歌アルバム「On my side 」(全8曲、2,200円税込)を11月23日にリリースするゴスペルフォ-クシンガー神山みさ。ニューアルバム「On my side 」の収録曲は、♪輝く日を仰ぐとき/やすかれわが心よ/静けき祈りのとき/主よみもとに近づかん/罪とがをゆるされ/いつくしみ深き/Amazing Gra…
続きを読む
インタビュー

重江良樹監督の初作品映画「さとにきたらええやん」--宣教の前にまず助け合う釜ヶ崎「こどもの里」

監督:重江良樹(しげえ・よしき)さん 1984年、大阪府出身。ビジュアルアーツ専門学校大阪卒業後、映像制作会社勤務を経てフリー。2008年に「こどもの里」にボランティアとして入ったことがきっかけで2013年より撮影し始める。本作が初監督作品。 (c)stjclord4 大阪市西成区の通称“釜ヶ崎”にある「こどもの里」。…
続きを読む
インタビュー

インタビュー:齊藤潤一プロデューサー(映画「ふたりの死刑囚」)--司法の闇を衝くドキュメンタリー

「誤った裁判を闇に葬らせたくない」と語る齊藤潤一プロデューサー 1961年(昭和36)に、村の懇親会でぶどう酒を飲み5人の女性が死亡した三重県「名張ぶどう酒事件」の奥西勝死刑囚(享年89歳)。66年(昭和41)に静岡県清水市(当時)の味噌工場で一家4人の焼死体が見つかった「袴田事件」の袴田巌死刑囚(79歳)。いずれの事…
続きを読む