アーカイブ: ビジネス・生活

ビジネス・生活

7月29日号紙面:『しあわせの宗教学』『こころを整えるしあわせレシピ』『夫と妻のしあわせづくり』『幸福と成功の秘訣Ⅰ』

現代日本の主観的幸福度は諸外国に比べて低いと指摘されている。『しあわせの宗教学 ウェルビーイング研究の視座から』(櫻井義秀編、法蔵館、2千700円税込、四六判)はまず現代の「幸福」について、各種統計を…
続きを読む
ビジネス・生活

7月8日号紙面:すべての子どもに笑顔を 国連「孤児の日」請願世界大会へ

2018年07月08日号 02面  戦後、韓国木浦の「共生園」で孤児の養育にあたり「韓国孤児の母」と呼ばれた田内千鶴子。その意思を受け継ぎ、国連「世界孤児の日」制定運動を進めている田内千鶴子生誕100…
続きを読む
ビジネス・生活

7月8日号紙面:“キリスト教土台の客観的治療を” 日本におけるスピリチュアル・ケアの課題 『天国で神様に会う前に済ませておくとよい8つのこと』著者田頭氏に聞く

2018年07月08日号 08面  体力や記憶力が衰え、今まで出来たことが出来なくなっていく。老後は人生の「下り坂」なのだろうか。今年『天国で神様に会う前に済ませておくとよい8つのこと』(東邦出版)を…
続きを読む

“気になる言葉・ニュース”:土俵の上に女性は上がってもよいのか?

「土俵の上に女性は上っても良いのか。救命のために土俵に上がった女性の問題です。……」 by クリスチャン新聞福音版2018年6月号  スクールカウンセラー碓井真史先生執筆のコラム「あなたのことが好きだ…
続きを読む
ニュース

7月8日号紙面:聖書のテーマで教会、地域作家が制作 共通の興味で心が開く 愛知で「GOD’S STORY—壮大な救いの物語—」展

2018年07月08日号 03面  クリスチャンも、クリスチャンでない作家も参加したアートフェスティバル「GOD'S STORY−壮大な救いの物語−」が5月に愛知県日進市の日進キリストセンター(長老教…
続きを読む
ニュース

7月8日号紙面:TORCH開催 信仰、リーダシップを次世代に 継承は黙示録の最後まで

2018年07月08日号 01面 6月16日、東京・新宿区百人町の淀橋教会で開催された日本のキリスト教会を牽引してきたリーダーから若いリーダーへの信仰継承を目的とした宣教大会「TORCH バトンタッチ…
続きを読む
ビジネス・生活

8月27日号紙面:『沈黙』に着想の作品5点 遠藤周作文学館で展示 対談も 長崎でマコトフジムラ『沈黙と美』刊行記念

2017年08月27日号 02面  遠藤周作『沈黙』に着想を得た、米国人画家マコト・フジムラ氏の絵画作品5点の展示が、長崎市の遠藤周作文学館で、8月31日まで開催されている。8月5日はフジムラ氏と、遠…
続きを読む
ビジネス・生活

12月24・31日号紙面:「迫害」「被爆」の地で一緒に宗教改革500年記念 分裂・対立乗り越え共生の一歩 ルーテル、カトリックが共同記念礼拝 平和を語り継ぐ役割担い礼拝から派遣

2017年12月24・31日号 15面 日本福音ルーテル教会、日本カトリック司教協議会は11月23日、「平和を実現する人は幸い」をテーマに宗教改革500年を記念する共同記念礼拝とシンポジウムを、キリシ…
続きを読む
ビジネス・生活

12月24・31日号紙面:「浦上四番崩れ」と信教の自由 二十六聖人記念館前館長 レンゾ神父講演

2017年12月24・31日号 14面  今年は、日本最後のキリシタン弾圧と言われる「浦上四番崩れ」から150年だ。キリスト教諸教派の窓口として、法務・信教の自由の課題に取り組む、日本キリスト教連合会…
続きを読む
ビジネス・生活

12月24・31日号紙面:映画「沈黙」の舞台を訪ねて キリシタン迫害、原爆投下の地長崎でクリスマス思う 「パライソでお会いしましょう」

2017年12月24・31日号 13面 映画「沈黙─サイレンス─」DVD発売記念ツアー「映画『沈黙』の舞台を訪ねて〜沈黙の地で神の前に静まる心の旅」(企画/いのちのことば社、旅行実施/ISAトラベル)…
続きを読む