アーカイブ: ビジネス・生活

ニュース

地域の苦悩に耳を澄ませる 第36回「世のために存在する教会」(中) 良き訪れをたずさえて〜地域の福祉を担う

D牧師が40年以上前に神学校を卒業して派遣された地域は、農業が盛んな養蚕の町だった。広大な畑を前にして「ここで開拓伝道ができるだろうか」と一抹の不安がよぎった。一方で、子どもは多いことがわかり、たまたま与えられた小さな会堂で塾を始めることにした。するとすぐに大勢の子どもたちが集まった。遊びの時間も取り入れた塾は、親御さ…
続きを読む
ニュース

「神さまが造った自然は完璧に美しい」 イラストレーター 近藤圭恵さん 福音版10月号

○ひとそのあしあと 「神さまが造った自然は完璧に美しい」 イラストレーター 近藤圭恵さん ○聖書 価なしに、ただ恵みによって -新約聖書・ローマ人への手紙3章24節 ○連載 第 150回 晴考雨読 ~時代を透かしてみれば~ 永井信義 (宮城・東北中央教会 牧師) 「いじめを乗り越える」 ○連載 人間の物語から神の物語へ…
続きを読む
ニュース

「神は青年を遣わす」ミッションナイトで、飯田氏 第6回東海宣教会議

愛知県蒲郡市で開催されている第6回東海宣教会議(TOCOME6)、2日目夜は、青年向けの集会、ミッションナイト@TOCOME6が開かれた。 音楽ゲストに、ゴスペルシンガーの横山大輔がミニコンサート。 クリスチャン青年3人のパネルインタビューでは、伝道についての20〜40代の正直な思いが交わされた。メッセージは飯田岳牧師…
続きを読む
ニュース

水族館に学ぶ宣教 分科会から 第6回東海宣教会議

愛知県蒲郡市で開催されている第6回東海宣教会議(TOCOME6)、2日目午後は、多様なテーマでの分科会が開かれた。 「蒲郡に発見!福音宣教打開策のヒ・ミ・ツ」では、秋山直光牧師(中京聖泉キリスト教会)が、廃館の危機から脱出した蒲郡市の水族館を例に、自身の牧会者としての経験も交えながら、教会、宣教について考える導きをした…
続きを読む
ニュース

9月10日号紙面:白血病の女の子の思い 絵本でつなぐ てをつないで さあみんなで 出身地埼玉で原画展「いちばん大切なもの」 つらいのはきみひとりだけじゃないよ

2017年09月10日号 8面 白血病の12歳の女の子、清水美緒さん(故人)が自分で作ったお話を絵本にしたいという夢を、難病と闘う子どもの夢を叶えるボランティア団体、一般財団法人「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン(MAWJ)」の協力で生まれた絵本『いちばん大切なもの』の原画展が8月19日から28日まで、美緒さんの…
続きを読む
ニュース

共同体性と生き方の変革 第34回「天のハーモニーを奏でる教会」(下) 良き訪れをたずさえて〜地域の福祉を担う

場所が与えられたY教会は、介護事業を株式会社でスタートさせた。訪問介護事業から開始し、より専門的な技術を必要とする訪問看護事業は1年の準備を経て開業した。訪問介護、訪問看護とも最小の2・5人の人員配置で、それぞれに管理者を置き、スタッフはオール教会員である・・・ 9月10日号で掲載します。 井上貴詞=東京基督教大学国際…
続きを読む
ニュース

オーナシェフは元公邸料理人 吉田雄一朗さん

   Pecorella(ペコレッラ)。イタリア語で「神の小羊」という意味だという。この「Pecorella」という名称のカフェ&レストランが、神奈川県の大船駅徒歩8分のところに9月7日、オープンする。オーナーシェフは、吉田雄一朗さん(JECA・本郷台キリスト教会員)だ。  吉田さんは、高校卒業後、調理師免許を取るため…
続きを読む
ニュース

天は地よりも高く 第33回「天のハーモニーを奏でる教会」(中) 良き訪れをたずさえて〜地域の福祉を担う

当初Y教会では、宗教法人で福祉事業の起業を検討したが、教会会計と分離した方が誤解も少ないと考えた。そこで、NPO法人格を採用することを総会で決定した。しかし、準備を進める内にE牧師の胸中には、「伝道のためにするわけではないとしても、NPOでは、祈り、みことばに聴き、神を中心としたかかわりのモデルをめざすということに制約…
続きを読む
ニュース

8月6日号紙面:依存症に取り組むティーンチャレンジ木崎氏講演 自立こそ解決のカギ

2017年08月06日号 1面 様々な依存症が社会的な問題として大きくなる中、依存症で苦しむ人の社会復帰やその家族をサポートするクリスチャン団体「ティーンチャレンジ」の働きが注目されている。1958年にデイビッド・ウィルカーソン氏によりニューヨークで始まり、日本では2005年に日本支部(ティーンチャレンジ・ジャパン)と…
続きを読む
ニュース

【最終回】99%は難民認定されず生きる 人として必要な権利を回復する 「難民」は私たちの隣人⑥

日本で昨年難民認定申請をした人は制度開始以来最多の1万901人。実際に認定されたのはその0・2%に満たない28人だった。生活の保障もないまま、何年も日本で申請結果を待ち続けている人たちも多い。 難民問題にも取り組む教育・社会福祉・宣教という3つの分野で助成事業を推進する日本福音ルーテル社団(JELA)と、難民・移住者の…
続きを読む