アーカイブ: ビジネス・生活 - ページ 16

ニュース

8月7日号紙面:横浜特集 地域を支えるー過去・現在・未来

横浜のキリスト者、宣教師らは、明治の文明開化時から、地域の社会問題に目を向けて、キリスト教の精神で関わり、地域の発展に貢献してきた。現在もなお、様々な地域課題が私たちの身の回りにある。現代における福音と社会、教会と地域の関係が問われている。キリスト者として、教会として、課題に取り組む人々に、歴史、現在、これからを聞いた…
続きを読む
ニュース

障害者施設襲撃事件受けて “十字架の愛、もっと知らせる必要” キ障協関係者がコメント

7月26日深夜に発生した、神奈川県相模原市の障害者施設での殺傷事件は、元職員による入居者19人の殺害と障害者の存在を否定する発言が国内外で波紋を呼んだ。全国キリスト教障害者団体協議会(キ障協)関係者がコメントした。 コメントの中で、それぞれ沈痛な思いを語った。キ障協会長の渋沢久さんは「会が神様が愛をもって人間を創造され…
続きを読む
ニュース

看護通して聖書に感化 第382回横浜プロテスタント史研究会で慈恵医科大の芳賀氏が講演 初期看護教育の指導者、宣教師リードを語る

1981年から8月を除いて毎月、日基教団・横浜指路教会(横浜市中区尾上町6ノ85)で開かれている、有志による横浜プロテスタント史研究会。7月16日、第382回となる例会では、東京慈恵会医科大学医学部看護学科客員教授の芳賀佐和子氏が「米国長老教会女性宣教師メアリー・E・リードと慈恵の初期看護教育」と題して講演した。 8月…
続きを読む
ニュース

社会課題の最前線に 教会とつながる奉仕の可能性広げる 市民活動のルーツ・横浜YMCA 

横浜にある日本の最初期のプロテスタント教会、日キ教会・横浜海岸教会(1872年設立)、バプ同盟・日本バプテスト横浜教会(73年設立)、日基教団・横浜指路教会(74年設立)を頂点とした三角形を描いてみよう。そのちょうど中心に、横浜中央YMCAがある… 福祉、スポーツ、青少年育成など、私たちの生活を豊かにする働きのルーツに…
続きを読む
ニュース

介護事業運営の原点確かめて TCU・ケアチャーチ実践講座でウイズユー株式会社社長甲斐氏が講演

超高齢社会の必要を意識し、地域福祉への参画を志す教会や信徒を応援する、「ケアチャーチ実践講座①」(東京基督教大学〔TCU〕ケアチャーチプロジェクト主催)が7月18日、同大学国際宣教センター館で開催。今回のテーマは、「実際の運営ノウハウを聴きたい」という、来場者アンケートの要望を踏まえたもの。 【関連】 ○7月24日号紙…
続きを読む
ニュース

〝異文化体験〟を人生のテーマに (有)ダイヤモンド電気代表取締役、東京グレイス・ハウス代表 金山梨花さん

 クロスカルチャー(異文化体験)は、相手の文化を理解するだけでなく、それまで気づかなかった自分の文化を理解し、さらに「本当の自分」を発見するという。神と個人的な出会いをするための、何か前段階の役割をも果たすのでは…。  このクロスカルチャーの理論の構築と実践が人生のテーマだと語るのが、医療器製造販売会社「ダイヤモンド電…
続きを読む
ニュース

7月24日号紙面:“孤独を超えて” 現代の死・介護に向き合う サポートネットワーク第2回シンポ

2016年7月24日号 社会福祉法人キングス・ガーデン東京(泉田昭理事長)主催による、「サポートネットワーク第2回シンポジウム」が6月18日、日本イエス・荻窪栄光教会(東京都杉並区)を会場に開催された。テーマは「『生きる意味を考える』孤独を超えて、生と死に向き合う」。当日は基調講演に加え、様々な立場からのパネリストが立…
続きを読む
ニュース

「助けてと言えますかー生活困窮者支援から見えたもの」奥田知志氏が講演

NPO法人抱樸(旧北九州ホームレス支援機構)代表の奥田知志牧師が「助けてと言えますかー生活困窮者支援から見えたもの」と題して7月10日に講演した。場所は埼玉県上尾市のバプ連盟・上尾キリスト教会。 子育て世代の貧困や、若者のホームレスや自殺など様々な社会問題、支援の現場での経験を踏まえ、「助けて」と言えない社会状況を指摘…
続きを読む
ビジネス・生活

7月17日号紙面:デジタル・データ化に人手・資金必要 静岡キリスト教盲人伝道センター

日本キリスト改革派静岡教会の働きから生まれた静岡キリスト教盲人伝道センターは、多岐にわたるキリスト教関係点字図書、音声CDを蔵し、点字図書に関わる事業がある。同センター理事長の青山昭一郎さんにその働きをレポートしてもらった。 2016年7月17日号5面 【関連】 ○アジア支援、文書作成、聖書点訳など 視覚障害者特集 2…
続きを読む
ニュース

7月17日号紙面:著者・宮葉子氏自身の体験から憲法語る 自衛という発想は不信生む 『憲法に「愛」を読む』出版記念「憲法カフェ」

2016年07月17日号 3面   文筆家で牧師夫人(オープン・バイブル・墨田聖書教会)の宮葉子さんが5月に上梓した『憲法に「愛」を読む』(いのちのことば社フォレストブックス)=写真左下=が、Amazonや憲法カフェで売れている。6月25日には、出版記念の「憲法カフェ」(pray&hopeプロジェクト主催)が、…
続きを読む