アーカイブ: ビジネス・生活 - ページ 16

ニュース

“箱の外”へ踏み出す励まし IFES東アジア地区卒業生大会②

IFES(国際福音主義学生連盟)に連なる東アジア各国の卒業生会は、規模の違いはあるが、それぞれ定期的な交流や学びの機会を設けている。共通した課題に、仕事の忙しさによる霊的な渇きや、教会の出席や奉仕の希薄化などがあった。 今回「SOULCIETY“Connect to Impact”」をテーマとした東アジア卒業生大会(E…
続きを読む
ビジネス・生活

9月18日号別刷り:クリスチャンライフガイド 大学・中高・神学校 特集 変化の時代に変わらない 土台を据える

2016年09月18日号 別刷  現代は、人間関係、家庭環境も、一様ではなく、かつてのように、右へ倣えの態度では間に合わず、一人ひとりが、自らが置かれた状況にあって、どう考え、どう対処するかを、否応なく問われる時代となってきている。変化の激しい時代だからこそ、ぶれることなく、事の本質を見定めることのできる土台作りが、今…
続きを読む
ビジネス・生活

9月18日号紙面:オリンピック・パラリンピックとスポーツ・ミニストリー 混迷の世界で役割と可能

2016年09月18日号 7面  【ANS】世界新記録で400メートルで優勝した南アフリカのウェイド・バンニーキルク選手はすぐさま天を指さし、神の栄光を示した。交流サイトツイッターなどでも、神への感謝を投稿している。 8月には、リオ・オリンピックが開催され、各選手たちの競技は、世界中に様々なインパクトを与えた。またパラ…
続きを読む
ニュース

いつまでも元気でいるための「晴れる家4号館」オープン

やすらぎの介護シャローム 住むと健康になるリハビリホーム  大阪府堺市の「やすらぎの介護シャローム」(シャローム株式会社=俣木泰三代表取締役)が、リハビリ専門職(理学療法士・作業療法士)、看護師のいる住宅型有料老人ホーム「晴れる家4号館」をオープンした。ここはリハビリが主体の「住むと健康になるリハビリホーム」。4階建て…
続きを読む
ニュース

9月11日号紙面:家庭での性教育に指針 成長段階ごとの子育ての実例、学校教育の課題も キリスト教性教育研究会第9回公開講演会

「家庭で聖書に立った性教育をしたいが、何を、いつ、どう伝えるのかの指針や具体的モデルがない」との声をよく耳にする。その声に応えるものとして「家庭における性教育」をテーマに8月18日午後、キリスト教性教育研究会の第9回公開研究大会が三鷹市のナザレ修女会エピファニー館を会場に開かれた。同会はキリスト者として、性の人格性を重…
続きを読む
ニュース

9月4日号紙面:事務管理運営は宣教そのもの お茶の水クリスチャン・センター常務理事 山崎龍一さん

「事務管理運営(アドミニストレーション)は、宣教(ミニストリー)の一部と言うよりも、宣教そのもの。私はそう考えています」。そう語るのは、2014年から東京・千代田区神田駿河台にあるお茶の水クリスチャン・センター(OCC)の常務理事に就任した山崎龍一さん(53)だ。 山崎さんはそれまでキリスト者学生会(KGK)の主事とし…
続きを読む
ニュース

9月4日号紙面紡いだ糸が膨らむように イラスト・アクセサリーユニットRocha

イラストとジュエリー。ジャンルも性格も異なる2人のデザイナー(イラストレーター・進士遙、ジュエラー・豊川芽生)からなるユニット、Rocha。架空の国ロチャ王国をコンセプトにした雑貨、アクセサリーは、ファンタジックだが、どこか現実の日本や世界ともつながっていて奥行きがある。 2人は、英国留学で出会い、ともに信仰を育んだ。…
続きを読む
ニュース

8月7日号紙面:横浜特集 地域を支えるー過去・現在・未来

横浜のキリスト者、宣教師らは、明治の文明開化時から、地域の社会問題に目を向けて、キリスト教の精神で関わり、地域の発展に貢献してきた。現在もなお、様々な地域課題が私たちの身の回りにある。現代における福音と社会、教会と地域の関係が問われている。キリスト者として、教会として、課題に取り組む人々に、歴史、現在、これからを聞いた…
続きを読む
ニュース

障害者施設襲撃事件受けて “十字架の愛、もっと知らせる必要” キ障協関係者がコメント

7月26日深夜に発生した、神奈川県相模原市の障害者施設での殺傷事件は、元職員による入居者19人の殺害と障害者の存在を否定する発言が国内外で波紋を呼んだ。全国キリスト教障害者団体協議会(キ障協)関係者がコメントした。 コメントの中で、それぞれ沈痛な思いを語った。キ障協会長の渋沢久さんは「会が神様が愛をもって人間を創造され…
続きを読む
ニュース

看護通して聖書に感化 第382回横浜プロテスタント史研究会で慈恵医科大の芳賀氏が講演 初期看護教育の指導者、宣教師リードを語る

1981年から8月を除いて毎月、日基教団・横浜指路教会(横浜市中区尾上町6ノ85)で開かれている、有志による横浜プロテスタント史研究会。7月16日、第382回となる例会では、東京慈恵会医科大学医学部看護学科客員教授の芳賀佐和子氏が「米国長老教会女性宣教師メアリー・E・リードと慈恵の初期看護教育」と題して講演した。 8月…
続きを読む