アーカイブ: ビジネス・生活 - ページ 16

ニュース

「答え」でなく「問い」を 制作(ワーク)が交わり強める 48時間フィルムスクール②

10日午前1時30分(開始から5:30)4、5人で3グループに分かれ、ストーリーを考案・・・ 新しいアイデアの組合せを生み出すために多様性を生かす、話し合いで終わらず課題解決のために具体的なかたちをつくる(可視化)、そのために様々なグループワークを用いてアイデアを引き出す(集合知)。48時間フィルムスクールには、動画制…
続きを読む
ニュース

信仰を携えて文化に良い影響を 中久木貴さん(オリエント・ストラテジー株式会社) YLG・ローザンヌ次世代リーダー大会参加者の“物語”⑨

兵庫県神戸市で、コンサルタント会社オリエント・ストラテジー株式会社で働く、マーケットリサーチャーの中久木貴さん。起業を目指している。 「日本の仕事文化は贖われる必要がある。だがそのためには、僕らクリスチャンが能動的に関わる必要がある」と語る。日本にルーツを持ち米国で生まれ育った。日本人の男性に福音を伝えたいと思い、ビジ…
続きを読む
ニュース

包容力ある共同体へ成長 第6回「地域に居場所を提供する教会」(中)連載良き訪れをたずさえて〜地域福祉を担う 井上貴詞

「子どもたちは、社会に出ていく上で自分が周囲の人と違うこととか、自分はついていけないという思いを子どもたちなりに抱えている」とスタッフは話す。 ・・・そうした中で、教会に来ている子どもたちは、「年齢的な成長もあるだろうが確実に表情が変わってきている」とZ牧師は実感を込めて語られていた・・・ 11月6日号で掲載します。 …
続きを読む
ニュース

「1.2マイル行きなさい」と 国際基督教大学常務理事 富岡徹郎さん

「1マイルにプラス0.2マイル。そう思って行動すると、神様は祝福してくださるのです」 そう語るのは、34年間、コンピュータ関連製品の開発・製造・販売・サポートを行う日本ヒューレット・パッカード株式会社(HP)で働き、今年、母校の国際基督教大学(ICU)の常務理事に就いた富岡徹郎さん(56)だ。 HPでは、「7つの違う仕…
続きを読む
ニュース

発達障害の子のため何かできないか 第6回「地域に居場所を提供する教会」(上)連載良き訪れをたずさえて〜地域福祉を担う 井上貴詞

約3年前Z牧師は、20年ぶりに母教会であるJ教会に主任牧師として赴任した。それまでの50人程の礼拝出席者の教会から一気にその4倍の数の群れの責任を持つことになった。Z牧師夫妻は赴任して早々に知的障害のあるお子さんの母親からの相談を受けた。また、教会では平日に幼児教室を行い、教会学校にもたくさんの子どもたちが与えられてい…
続きを読む
ニュース

安全・安心な居場所確保を 京都YWCA自立援助ホーム「カルーナ」山本知恵さんNCC「宣教会議2018」プレ集会④

日本キリスト教協議会(NCC)主催「宣教会議2018」プレ集会報告者3人目は京都YWCA総幹事の山本知恵さん。京都YWCAによる、家庭生活が困難な15~20歳の女性たちのための自立援助ホーム「カルーナ」のホーム長でもある。「カルーナ」は、安心・安全な「居場所」の確保・提供、自立のための就労・就学支援、生活能力、人間関係…
続きを読む
ニュース

11月7日号紙面:「故郷の家・東京」竣工式 「30年かけて東京に帰ってきた」

2016年11月6日号2面 特別養護老人ホーム「故郷の家・東京」(社会福祉法人こころの家族、田内基理事長)の施設が完成し、10月17日に江東区塩浜の現地で竣工式が行われた。1989年、堺に最初の「故郷の家」を開設して以来、大阪、神戸、京都で施設を運営、30年近い年月を経て、東京で初の「故郷の家」開設となった。 理事長の…
続きを読む
ニュース

10月23日号紙面:日韓で「平和と命の尊さ」分かち合う−−関西・国家朝餐祈祷会で友好堅く

 大阪市天王寺区のシェラトン都ホテル大阪で9月23日、関西・国家朝餐祈祷会(第4回、中島孝夫会長)が12年ぶりに開かれた。前日22日には、歓迎晩餐会の意味合いも込め、大韓民国国家晩餐祈祷会( 梁昌煕(ヤ ンチャンヒ)会長)があった。統一テーマは「日韓友好50年を経て 世界平和のために」。 2016年10月23日号 6面
続きを読む
ニュース

激動の社会に向き合う IFES東アジア地区卒業生大会⑥最終回

IFES(国際福音主義学生連盟)東アジア卒業生大会(EAGC)開催期間中(8月5~9日)に、開催地のタイではポケモンGOが解禁された。ポケモンGOはスマートフォン向けのアプリゲーム。地図やカメラと連動した「拡張現実」にモンスターが現れる。全世界的なブームを起こした。ホテルや観光地の様々な場所にスマートフォンをかざしてモ…
続きを読む
ニュース

「教勢」に見えないから「だめ」か 第5回 「『福祉宣教型』開拓伝道の試み」(下) 連載良き訪れをたずさえて〜地域福祉を担う 井上貴詞

開所した教会に新来会者はすぐに現れなかった。平日のデイサービスは、初期は苦しかったが、徐々に利用者も増えて収支はプラスに転じ、5年目で教団からの借入金も返済した・・・ ・・・順風満帆のように見えるが、T牧師は最近「この方法で良かったのか」と悩むようになったと胸の内を明かされた・・・ 10月23日号で掲載します。 井上貴…
続きを読む