アーカイブ: ビジネス・生活 - ページ 3

トピックス

5月6日号紙面:「笑顔相続」で家族も笑顔に 相続診断士 東京多摩相続診断士会会長 髙橋まどかさん

2018年05月06日号 06面  相続と家族に向き 合う相続診断士 超高齢社会を迎えた日本では今、「大相続時代」を迎えている。一般社団法人相続診断協会のウェブサイトによると、年間約50兆円規模の遺産…
続きを読む
ニュース

4月29日号紙面:『キリスト者の世界観 [増補改訂版] -創造の回復-』

 この世界における聖と俗の二分法に注意を向けて、聖書的に豊かな視点を与えた名著の増補改訂版。初版から20年が経ち、N・T・ライトやレスリー・ニュービギンなどからの視点を得て、世界観についての考察を聖書…
続きを読む
ニュース

4月29日号紙面:体と心をリハビリする『晴れる家5号館』オープン 理学・作業療法士常駐のリハビリに強い住宅型有料老人ホーム

2018年04月29日号 04面  大阪府堺市のシャローム株式会社の住宅型有料老人ホーム「晴れる家5号館」が、4月20日にオープンした。要介護1〜認知症の人も入居できる。在宅支援リハビリ強化型デイサー…
続きを読む
ニュース

4月22日号紙面:共に歩むいのちの温もり伝えたい 『あたたかい生命と温かいいのち』出版 止揚学園園長 福井生さん

共に歩むいのちの温もり伝えたい 『あたたかい生命と温かいいのち』出版 止揚学園園長 福井生さん 2018年04月22日号 06面 滋賀県東近江市の知能に重い障がいをもつ人たちの施設、社会福祉法人汀会「…
続きを読む
ビジネス・生活

4月15日号紙面:心・身体・性守れる環境 日常的に整うスウェーデン 「あなたは悪くないと言って」 NFSJ企画「日常に潜む性の搾取から子どもを守るには」

2018年04月15日号 02面 今、日本の子どもや若者は、かつてない人身取引、特に性的搾取の危険にさらされているという。その実態を知り、どうしたら性的搾取をなくせるかを考える講座「日常に潜む性の搾取…
続きを読む
トピックス

聖書から〝働き方改革〟を提唱 (株)バーニングスピリッツ代表取締役 経営士 堺剛さん

 今国会で盛んに議論され、メディアでも取り上げられてきた働き方改革。長時間労働の改善、非正規と正社員の格差是正、高齢者の就労促進など、今、日本の労働環境における課題は多い。その改善策の一つとして安倍晋…
続きを読む
ニュース

4月1日号紙面:①『ルポ 川崎』②『日本語ラップインタビューズ』③『ラップは何を映しているのか―「日本語ラップ」から「トランプ後の世界」まで』

「川崎って罪深い街なんで、聖書がよく合うんですけど、それ以上にラップが合う…」。大韓基督・川崎教会で育ったラッパー、FUNIの言葉だ。聖書を過小評価するものではないだろう。むしろ良い聖書の聴き手は、良…
続きを読む
ニュース

4月1日号:『受難と復活の説教』『被災後の日常から 歳時記で綴るメッセージ』『ヨブ記に見る 試練の意味』

『わが神、わが神 受難と復活の説教』加藤常昭 編 日本キリスト教団出版局 2千700円税込  四六判    日本の歴代の名説教者たちの、十字架の受難と復活についての説教を選んだ。「日本語の説教」を追究…
続きを読む
ビジネス・生活

3月18日号紙面:異端・カルト特集 「まさか、わたしが…」が自分、家族に 実態と予防対策伝えておく

2018年03月18日号 08面 寄稿:小岩 裕一(日本イエス・キリスト教団 横浜栄光教会牧師 同教団異端・カルト研究室長 関西聖書神学校講師 ) ①入りたくて入った人は一人もいない 最初から、異端・…
続きを読む
ニュース

3月11日号:津波、火事で被災した住民の憩いの場に 「ここに来ると元気になれる」 岩手 交流ぷらざ いっぽいっぽ山田

2018年03月11日号 04・05面 岩手県の山田町は2011年の東日本大震災の時、津波と火災で大きな被害にあった町だ。家や家族、親族、知人、仕事などを失った住民は、今もその時受けた様々な傷を抱えな…
続きを読む