アーカイブ: 神学・牧会

ニュース

12月3日号紙面:eAst21asiaが10周年 『ReJoice!』テーマに国際会議開催 「隔ての壁」超え“本来の教会”へ

2017年12月03日号 03面 東北アジアの青年たちが、国境を越えた交流を通して相互理解を深め、福音と恵みの喜びを宣べ伝えていくことを目指す「eAst21asia」(代表朴大信神学生)の第10回国際会議が、11月3日、東京千代田区の日本基督教団富士見町教会を会場に、開催された。 10年目を迎えた今回のテーマは「『Re…
続きを読む
ニュース

東アジアの近現代史とキリスト教 アジア神学セミナー開講記念 国際シンポ

アジアにおける神学を様々な現場の声と議論を交わしながら展開するアジア神学セミナーが今年5月から、明治学院キリスト教研究所で始まった。 その開講記念国際シンポジウムが、11月18日東京・港区の同大学で開催された。全体主題「東アジアの近現代史とキリスト教」のもと、開講講演を徐正敏(明治学院大学)、「中国の近現代史とキリスト…
続きを読む
ニュース

11月26日号紙面:宗教改革500年に寄せて土台を確認 「聖書」「恵み」「信仰」と現代 日本福音主義神学会第15回全国研究会議で

2017年11月26日号 01面  日本福音主義神学会第15回全国研究会議が、11月6日から8日まで、東京・千代田区のお茶の水クリスチャン・センターを会場に開催された。今年のテーマは「3つの『のみ』の再発見〜宗教改革500年によせて〜」。初日の開会礼拝、基調講演に続き、「聖書」「恵み」「信仰」の3つの「のみ」をめぐる講…
続きを読む
ニュース

「備えられた結び目、地域、教会で広がり」石巻クリスチャンセンターが献堂

東日本大震災から6年8か月が経過した。地震と津波によって甚大な被害を受けた、石巻市ではキリスト教会、団体が幅広く支援を続けてきた。 今年、様々な教派、団体、地域との連絡に尽力した石巻クリスチャンセンター(ICC)の建物が完成した。元々の土地にあった基督兄弟団石巻キリスト教会の礼拝活動とともにICCの活動の場として、超教…
続きを読む
ニュース

11月19日号紙面:国際「正義・平和」アシュラム 榎本保郎牧師没後40周年記念 不安な時代こそ神のことばを

2017年11月19日号 08面 アメリカ人宣教師E・スタンレー・ジョーンズによって始められた、みことばへの徹底した聴従を実践する超教派のキリスト教運動「アシュラム」。日本では、日本クリスチャン・アシュラム連盟と故榎本保郎氏が立ち上げたアシュラムセンターを通して、各地に広まった。さらに、「多くの国々に散らばっているアシ…
続きを読む
ニュース

「共通恩恵」「スピリチュアルケア」の視点で 「恵みのみ」から稲垣氏、河氏 日本福音主義神学会

日本福音主義神学会第15回全国研究会議2日目夕方は講演Ⅲ(恵み)について稲垣久和氏 (東京基督教大学教授)、 河正子氏(NPO法人緩和ケアサポートグループ)が講演した。 稲垣氏は哲学、科学、歴史と神学の観点に目を向けて、恩恵論の意義を語り、独特の宗教思想に囲まれた日本における可能性を述べた。 河氏はホスピス緩和ケア臨床…
続きを読む
ニュース

シンポジウム「宗教改革の神学と今日の福音主義神学」 日本福音主義神学会

日本福音主義神学会第15回全国研究会議2日目午後には、シンポジウム「宗教改革の神学と今日の福音主義神学」が開かれた。 それぞれ異なる教派背景を持つ青木保憲氏 (大阪城東福音教会牧師)、 藤本 満氏 (インマヌエル高津教会牧師)、 吉田 隆氏 (神戸改革派神学校校長)によって展開。 ペンテコステ派、改革派、ウェスレアンの…
続きを読む
ニュース

「神のことば」への確信を 「聖書のみ」から鎌野氏 宗教改革500年によせて 日本福音主義神学会第15回全国研究会議

日本福音主義神学会第15回全国研究会議が11月6日から8日まで、東京・千代田区のお茶の水クリスチャン・センターで開かれている。今年は「3つの『のみ』の再発見~宗教改革500年によせて~」という全体テーマで開催した。 2日目午前中講演2は聖書のテーマで鎌野直人氏 (関西聖書神学校校長)が語った。 ルターの「聖書のみ」の展…
続きを読む
ニュース

日本福音主義神学会開会 「3つの『のみ』の再発見」主題に

日本福音主義神学会第15回全国研究会議が、11月6日、東京千代田区のお茶の水クリスチャン・センターを会場に開会した。開会礼拝では準備委員長の大坂太郎氏が説教。「内的な敬虔に退却するのでなく、タダで受けた恵みをこの社会にもたらす大胆な福音主義者でありたい」と語った。基調講演では内田和彦氏(JECA前橋教会牧師)が「宗教改…
続きを読む
ニュース

10年目を迎えたeAst21asia 『ReJoice!』テーマに第10回国際会議開催

「10年後の教会像を描く in Asia」を主題に東北アジアの青年たちにより始められた「eAst21asia」がその10年目を迎え、11月4日「『ReJoice!』〜10年目の教会像、ここからのVision〜」をテーマに、第10回国際会議を開催した。会場となった日本基督教団富士見町教会には、青年を中心に、日本、韓国、中…
続きを読む