アーカイブ: 神学・牧会

ニュース

10月29日号紙面:宗教改革500年 それぞれの視点からそれぞれの取り組み

10月31日、500年目の宗教改革記念日が迫る、一年を通してたような教派、団体で記念の取り組みが実施された。カトリックも含め、プロテスタント諸派それぞれの観点、歴史学の視点による諸集会での議論、提言から現代における宗教改革の意義の理解を深めたい。 日本聖書協会記念講演会で マールブルク大学・バルト名誉教授 賜物結び、証…
続きを読む
ニュース

10月29日号紙面:『聖書 新改訳2017』刊行  “教会のわざ”として完成

2017年10月29日号 06面 聖書の中心性を回復させた宗教改革から500年。この年を記念して『聖書 新改訳2017』(以下『2017』)が発売された。『聖書 新改訳』(1970年)の編集方針を受け継ぎ、最新の聖書学の成果と、現代日本語を考慮した全面改訂版だ。10月11日には東京・千代田区のお茶の水クリスチャン・セン…
続きを読む
お知らせ

23日大阪で「クリスチャン新聞創刊50周年記念特別企画 『聖書 新改訳2017』出版記念セミナー 」

クリスチャン新聞は、今年創刊50周年を迎えました。 神様の導きと皆様のご支援に感謝申し上げます。それを記念して、標記のセミナーを開催いたします。 1970年以来、47年にわたって公用聖書として諸教会に親しまれてきた「聖書 新改訳」が全面・大改訂を 経て新しくなります。 今秋の刊行に合わせて、翻訳編集の新約主任として、こ…
続きを読む
ニュース

特徴と内容紹介 『聖書 新改訳 2017』発表会で 津村氏、木内氏、内田氏、松本氏

原典に忠実で「原文が透けて見える」翻訳として、多くの教会で公用聖書に採用されてきた『聖書 新改訳』の47年ぶりとなる全面大改訂翻訳『聖書 新改訳 2017』が刊行された。 聖書の中心性が見直された宗教改革500年をも記念する機会となった。 10月11日には、千代田区のお茶の水クリスチャン・センターで発表会が催され、報道…
続きを読む
ニュース

地域の苦悩に耳を澄ませる 第36回「世のために存在する教会」(中) 良き訪れをたずさえて〜地域の福祉を担う

D牧師が40年以上前に神学校を卒業して派遣された地域は、農業が盛んな養蚕の町だった。広大な畑を前にして「ここで開拓伝道ができるだろうか」と一抹の不安がよぎった。一方で、子どもは多いことがわかり、たまたま与えられた小さな会堂で塾を始めることにした。するとすぐに大勢の子どもたちが集まった。遊びの時間も取り入れた塾は、親御さ…
続きを読む
ニュース

ネパールで全アジア創造カンファレンス開催 レポート:宇佐神実

去る9月25、26日に、ネパールの首都カトマンズにあるジーザスカレッジを会場に、全アジア創造カンファレンス(AACC)が開催された。これは創造論の必要性を痛感するネパールの牧師たちの要請を受けた全アジア創造協会(AACA)の協力により実現したものである。ネパールでは大多数がヒンズー教徒、仏教徒が20%弱、クリスチャン人…
続きを読む
ニュース

10月8日号紙面:次期伝道会議へ宣教協力進む 2017JEA宣教フォーラム@KOBE

2017年10月08日号 01面 第6回日本伝道会議(JCE6)が神戸で開催されて1年。次回JCE7(2023年)に向かって新しい協力の広がりと深まりを目指し、9月25、26両日、神戸市で2017JEA宣教フォーラム@KOBEが開かれた。日本福音同盟(JEA)宣教委員会、コイノニアネットワーク@神戸の主催で約100人の…
続きを読む
ニュース

争いの歴史から現代に学ぶ 日本基督教学会で宗教改革500年記念特別プログラム 

日本基督教学会第65回学術大会が9月29、30日に東京・三鷹市のルーテル学院大学で開催されている。今年は宗教改革500年記念特別プログラムとして、特別講演、シンポジウムが催された。 プロテスタント、カトリックの争いの歴史、近年の対話の取り組み、昨年の教皇も交えたプロテスタント、カトリック共同の祈りの模様から和解や一致へ…
続きを読む
ニュース

寛容と非寛容 宗教改革500年-カトリックとプロテスタント対談 キリスト教史学会

キリスト教史学会第68回大会公開討論「宗教改革500年を記念して-カトリックとプロテスタントが共存する今」が9月15日に、東京・渋谷区の聖心女子大学で開かれた。パネリストは木ノ脇悦郎(元福岡女学院院長)、坂野正則(上智大学准教授)の両氏。 木ノ脇氏はエラスムスの改革思想を紹介、坂野氏はカルヴァン登場前のフランス初期宗教…
続きを読む
ニュース

宗教改革500周年記念シンポ 「ヴェーバー『倫理』論文とキリスト教史学」 各専門で登壇

キリスト教史学会第68回大会の催しとして、宗教改革500周年記念シンポジウム「ヴェーバー『倫理』論文とキリスト教史学」が9月15日に、東京・渋谷区の聖心女子大学で開かれた。 20世紀の名著、マックス・ヴェーバー著『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を題材にしながら、最新のキリスト教史学の成果を踏まえ、教派ごと…
続きを読む