アーカイブ: 神学・牧会 - ページ 2

ニュース

6月11日号紙面:「教会と政治」フォーラムで朝岡氏 教会は神の前で世の罪を担

2017年06月11日号 2面 「国家や政治の課題を、神学的に研究すること」を目的として発足した「教会と政治」フォーラムの第2回例会が5月26日、東京のお茶の水クリスチャン・センターで行われ、「責任倫理の担い手としての『われ』と『われら』」と題して、朝岡勝氏(同盟基督・徳丸町キリスト教会牧師)が発題した。 教会は「政治…
続きを読む
ニュース

6月11日号紙面:五感重視した教会開拓へ「ブランド・ニュー・サロン」 新しい“いのち”生む場所つくりへ 建築家・香山さんがトーク

2017年06月11日号 03面  「口から出る言葉だけが、言葉ではない。香り、音楽、食事、建築も、しゃべる言葉以上に何かを語る。五感、全身の言葉を感じられる教会をつくりたいと思っています」。このような観点で都心での教会開拓を準備しているのが、「ブランド・ニュー・ライフ」代表の関智征さんだ。今年、準備イベントとしてブラ…
続きを読む
ニュース

新連載 ドイツ紀行 ルターの足跡をたどって①  宗教改革500年 前川隆一・青谷福音ルーテル教会牧師

2017年06月11日号 07面  今年はプロテスタント教会の発祥につながる宗教改革から500年。その中心人物であるルターゆかりの地を訪ねるドイツツアーを、昨年神戸ルーテル神学校が企画した。10月31日の「宗教改革記念日」をはさんで、10月23日から11月4日の日程で催行された「宗教改革500周年記念ドイツ旅行」を通し…
続きを読む
ニュース

光が包む共同体つくる 建築家 香山壽夫による公共施設と教会堂の仕事から

中世から近代以後の建築と意匠に深い造詣のある建築家、香山壽夫さん(東京大学名誉教授)。劇場などの公共施設、学校、教会堂など多数の建築に携わってきた。建築とはそもそも何か。現代日本社会の中にあって、教会堂はどのような意味をもつか。断片化した世界の中で「もう一度集まりたい」と願う人々にどのような場を提供できるか。香山さんの…
続きを読む
ニュース

現場のつながり友情を 教団教派「青年担当者サミット」  第2回日本青年伝道会議へ向け

青少年減少、世代間ギャップなど教会をこえて共通の課題がある。その中で現場どうしで理解し合えるつながりが生まれた。 日本福音同盟青年委員会は、「青年による青年のための伝道」を意識して、若者たちの育成、宣教のプラットフォームつくりをめざし2018年11月22〜24日に第2回日本青年伝道会議(NSDⅡ)を開催する。 これに先…
続きを読む
フォトニュース

ペンテコステメッセージ:ペンテコステメッセージ 宣教の力、聖霊の満たし 岐阜純福音教会牧師 小山大三

2017年06月04日号 4・5面 イエス様が弟子たちのもとを去って行かれることを語られた時、弟子たちはよく理解できずに悲しみ不安に思いました。そのため、イエス様は十字架にかけられる前にも復活後にも、「父の約束」として御霊が弟子たちに与えられることを教えられました。イエス様が天に戻って行かれ、姿が見えなくなっても、「助…
続きを読む
ニュース

6月4日号紙面:三浦綾子作品が描く牧師像 「読書会」が牧師会全国大会を開催

2017年06月04日号 01面 2001年から、三浦綾子作品を読むことを通して、信徒が互いに学び合い、未信者への伝道の機会ともなってきた三浦綾子読書会(森下辰衛代表)が、5月22日から24日、都内の教会を会場に「三浦綾子読書会牧師会全国大会」を開催した。「牧師会」は12年から地域で開かれていたが、今回は東北、東海、関…
続きを読む
ニュース

5月28日号紙面:福音主義神学会西部部会 「諸力としての罪」と「人間が犯す罪」二項対立的でなく統合的アプローチを  春期研究会議で山口氏

2017年5月28日号8面 福音主義神学会西部部会2017年度春期研究会議が4月24日、兵庫県神戸市垂水区塩屋町の関西聖書神学校で行われ、山口希生氏(東京基督教大学共立基督教研究所研究員)が「諸力としての罪─ユダヤ黙示思想の文脈の中のパウロから考える」と題して講演した。 講演に先立つ開会礼拝では、今回のコーディネーター…
続きを読む
ニュース

福音携え、文化を変革 21世紀型伝道”Shine Japan”の10日間 東京、横浜、名古屋、大阪でイベント

ペンテコステ前後に世界的な祈りや伝道の運動と連携し、開催してきたShine Japanの5回目が東京を中心に開かれる。日本の次世代クリスチャン、地域教会、海外宣教チームなどの協力で、5月22日〜6月4日に様々な催しを実施。横浜、名古屋、大阪でも活動する。  5月22〜24日はSHINE Experienceとして次世代…
続きを読む
ニュース

5月21日号紙面:聖霊運動を聖書学と教会史で考える 大坂太郎氏、青木保憲氏が講演 日本宣教フェスタ・セミナーから

2017年05月21日号 08面 100人を越える参加者で会場はあふれた 混乱の中で神学化された「異言」現象 日本宣教フェスタでは、メイン会場となる大ホールでの大会と並行して、各種セミナーなどが、2日間にわたり行われた。セミナー②「聖霊運動と神学」の講師は大坂太郎(アッセンブリー・ベテルキリスト教会主任牧師・福音主義神…
続きを読む