アーカイブ: 神学・牧会

ニュース

第57回日本ケズィック・コンベンション開幕

第57回日本ケズィック・コンベンション(同東京委員会主催)が、「聖霊に従う生活」を主題に、2月20日、四季の湯温泉ホテルヘリテイジ(埼玉県熊谷市)を会場に始まった。22日まで。 コフィ氏 海外からの講師は、イアン・コフィ氏(英国)、ロジャー・ウィルモア氏(アメリカ)。初日は午後のコフィ氏によるバイブル・リーディングⅠか…
続きを読む
ニュース

2月25日号紙面:第5回東日本大震災国際神学シンポジウム2 裃を脱ぎ、キリストをまとう 東京神学大学学長・大住雄一氏の講演

2018年02月25日号 02面  東日本大震災の翌年始められた「東日本大震災国際神学シンポジウム」の第5回が、2月5、6日に都内のお茶の水クリスチャン・センターを会場に、開催された(一部既報)。テーマは「裃(かみしも)を脱いだキリスト者−地の塩、世の光となるために」。4人の主題講演者の一人東京神学大学学長の大住雄一氏…
続きを読む
ニュース

2月25日号紙面:“ゴミ捨て場”の子へ福音を モンゴルEHC・バーサンドゥオーリ総主事来日

2018年02月25日号 08面 写真=“ゴミ捨て場”で。右がバスカさん  Every Home for Christ(EHC)という働きをご存知だろうか。1953年、一組の宣教師夫婦の祈りによってスタートしたこの働きの目的は「すべての家庭に、福音文書(トラクト)を通してイエス・キリストを証しする」こと。日本では全国家…
続きを読む
神学・牧会

「次の時代の教会」いっしょに 「リフォユース500」スタッフに聞く3 青年宣教座談会

前回→「とうとう教団が」「何か起こるのでは」と外の声 「リフォユース500」スタッフに聞く2  連載1回目はこちら→「超教派過ぎ」!? 記者 プログラムの工夫、魅力など。 野田 礼拝体験という趣旨で各教派の今いちばん若者に届くメッセンジャーたちが代わる代わる登壇します。特に宗教改革記念ということで、対話の取り組みを誠実…
続きを読む
神学・牧会

「とうとう教団が」「何か起こるのでは」と外の声 「リフォユース500」スタッフに聞く2 青年宣教座談会

連載1回目はこちら→「超教派過ぎ」!? 「リフォユース500」スタッフに聞く1  増田 (前回つづき)昨年の中高生大会でキリスト者学生会(KGK)メンバーに賛美奉仕のほか、ほぼスタッフのように、交わりにも入ってもらった。教職者スタッフ向けにはKGKの紹介をしてもらった。 野田 夏の忙しい時期にもかかわらず、KGKの大嶋…
続きを読む
ニュース

「超教派過ぎ」!? 「リフォユース500」スタッフに聞く1 青年宣教座談会

次世代へのアプローチは、キリスト教会全体が抱える重要課題だ。各教団教派・団体は対策を急ぐ。そのような中、幅広い教派に向けた千人規模の青年宣教大会「リフォユース500」(宗教改革500周年記念教会青年大会)が3月21日、東京・渋谷区の青山学院で開催される。賛美リーダーに中山有太(イエス・キリスト愛の教会牧師)、特別賛美に…
続きを読む
ニュース

2月18日号紙面:歴史的なJEF関連神学校合同リトリート 同じ源、志、悩み共有 JEF神学校協力委員会委員長 山崎 忍

2018年02月18日号 02面 第1回JEF(日本福音連盟)関連神学校合同リトリートが、1月29日から30日、ウェスレアン・ホーリネス教団浅草橋教会を会場に持たれた。JEFは、聖霊の内住によるキリスト者の聖化を信じ、聖化の恵みを宣証する諸教団から構成されており、新聖歌の編集母体でもある。 JEF関連神学校同士の交流は…
続きを読む
フォトニュース

2月11日号紙面:2.11特集 1989年−そのとき教会は 昭和、平成の代替わり時期の本紙記事から

2018年02月11日号 平成が終わる。政府は来年2019年4月の天皇退位、また5月の新天皇即位の予定を発表した。 1988〜90年の「天皇代替り」時期には、社会全体を「自粛」ムードが包んだ。キリスト教会では、様々な議論や行動があった。  「これが信仰にかかわることならば、忘れ去ることはできない。いや、忘れ去ってはいけ…
続きを読む
ビジネス・生活

2月4日号紙面:親が信者ゆえに葛藤し 痛み抱える子のため祈りを 寄稿 元エホバの証人信者 日本基督教団深沢教会牧師 齋藤 篤

2018年02月04日号 04面  エホバの証人について語られた数々の本の中で、これほどまでに共感を覚えたのは初めてだった。かわいらしいタッチで描かれている、1冊のエッセイまんがへの正直な読後感である。まんがだから容易に理解できるというレベルの話ではないのだ。エホバの証人2世だったら誰でも経験するエホバの証人の世界観、…
続きを読む

2月4日号紙面:日基教団議長名で声明 クリスチャントゥデイ疑惑を再確認

日本基督教団は、「教団新報」1月27日号で、石橋秀雄総会議長名による「クリスチャントゥデイなど張在亨(チャン・ジェヒョン)牧師グループに関する声明」を発表。同グループの異端、違法労働疑惑に関し「複数の脱会者から証言を得た」として、2008年6月に当時の山北宣久総会議長名で出された声明を受け、同グループに対し「キリスト教…
続きを読む