アーカイブ: 神学・牧会

ニュース

5月28日号紙面:福音主義神学会西部部会 「諸力としての罪」と「人間が犯す罪」二項対立的でなく統合的アプローチを  春期研究会議で山口氏

2017年5月28日号8面 福音主義神学会西部部会2017年度春期研究会議が4月24日、兵庫県神戸市垂水区塩屋町の関西聖書神学校で行われ、山口希生氏(東京基督教大学共立基督教研究所研究員)が「諸力としての罪─ユダヤ黙示思想の文脈の中のパウロから考える」と題して講演した。 講演に先立つ開会礼拝では、今回のコーディネーター…
続きを読む
ニュース

福音携え、文化を変革 21世紀型伝道”Shine Japan”の10日間 東京、横浜、名古屋、大阪でイベント

ペンテコステ前後に世界的な祈りや伝道の運動と連携し、開催してきたShine Japanの5回目が東京を中心に開かれる。日本の次世代クリスチャン、地域教会、海外宣教チームなどの協力で、5月22日〜6月4日に様々な催しを実施。横浜、名古屋、大阪でも活動する。  5月22〜24日はSHINE Experienceとして次世代…
続きを読む
ニュース

5月21日号紙面:聖霊運動を聖書学と教会史で考える 大坂太郎氏、青木保憲氏が講演 日本宣教フェスタ・セミナーから

2017年05月21日号 08面 100人を越える参加者で会場はあふれた 混乱の中で神学化された「異言」現象 日本宣教フェスタでは、メイン会場となる大ホールでの大会と並行して、各種セミナーなどが、2日間にわたり行われた。セミナー②「聖霊運動と神学」の講師は大坂太郎(アッセンブリー・ベテルキリスト教会主任牧師・福音主義神…
続きを読む
ニュース

5月21日号紙面:科学と信仰めぐる対話の場つくる バイオロゴス・カンファレンス レポート 山﨑ランサム和彦氏

2017年05月21日号 06面 一線で活躍する科学者、神学者が集う 3月29日から31日にかけて、米テキサス州ヒューストンで開催されたバイオロゴス・カンファレンスに参加しました。  バイオロゴス(BioLogos)とはアメリカ国立衛生研究所の所長であり、ヒトゲノム計画の指導者でもあったフランシス・コリンズによって20…
続きを読む
トピックス

5月21日号紙面:光と木の香あふれる大規模木造建築新会堂完成 日本同盟基督教団西大寺キリスト教会

2017年05月21日号 4・5面 光と木の香あふれる 大規模木造建築新会堂完成 広い敷地にのびやかに建つ新会堂「グローリア礼拝堂」は、キリストの生まれた馬小屋に因んで、木造の馬小屋をイメージして設計された。クリーム色の鋼板の壁には、巨大な荒削りの十字架が付けられている。シンプルな外観にふさわしい、キリストの愛の本質を…
続きを読む
ニュース

JEA日本宣教に関する「宣教研究部門」発足

牧師不足、高齢化、発信力、地域協力…教会が直面する多様な課題を、団体を超えて話し合った。 日本福音同盟(JEA)の宣教委員会は、第6回日本伝道会議の「日本宣教170▷200プロジェクト」を引き継ぐ、日本宣教に関する「宣教研究部門」を立ち上げた。 東京基督教大学日本宣教リサーチ、JEA加盟団体の宣教研究部門と連携する。 …
続きを読む
ニュース

日本宣教フェスタ閉幕:「あなたの人生をキリストに捧げよ!」万代氏ユース宣教大会で

5月5日から大阪府立国際会議場を会場に行われていた「プロテスタント宣教500年日本宣教フェスタ」が、7日幕を閉じた。最終日、午前中の合同礼拝では、水野明廣氏(神の家族・クリスチャンライフ主任牧師)、ニコ・ニジョトラハルジョ氏(ベテルインドネシヤ教会主任牧師)が、午後のユース献身大会では、ジョナサン周氏(台北靈糧堂生命培…
続きを読む
ニュース

音楽、歴史、クイズ、証言交え憲法フェスティバル バプ連共同アクションで

涙あり、笑いあり、怒りあり、歌声があった。 日本国憲法が施行され70年となる5月3日。教会主体の「憲法フェスティバル」が東京・目黒区の恵泉バプテスト教会で開かれた。 戦中体験、沖縄ツアー、安保反対運動の経験や、教育、教会史の観点で多様な人々がリレートーク。 クイズ方式の「憲法カフェ」や賛美歌の合唱、戦争をテーマにしたオ…
続きを読む
ニュース

5月7日号紙面:開拓伝道の聖書的基礎を学ぶ 霊性と一致が世の光に KDKセミナーで福井氏講演 

開拓伝道する教会と牧師たちを支援し続けている国内開拓伝道会(KDK、泉田昭委員長)が、「教会を建て上げる」をテーマに第20回開拓伝道セミナーを4月24、25日に開催した。会場は、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)。 開会、閉会の礼拝を挟んで、3回の講演と、バイブルメッセージ、開拓教会からの報告が行わ…
続きを読む
ニュース

5月7日号紙面:“憲法特集” 上中栄氏「宗教改革 500年 の今こそ 神の主権のもと 聖書を読み、憲法を知ろう」

憲法論議あれこれ  憲法の問題といえば、護憲か改憲かという二者択一、あるいは九条をめぐる平和問題が主なものでした。イデオロギーや歴史認識の違いや、護憲・改憲についての考え方などは、キリスト教界内にも多様性があります。平和についての考え方も同様で、非武装中立か専守防衛かといった議論は、正戦論/義戦論と非戦論/絶対平和主義…
続きを読む