アーカイブ: 特集/ひと 証し

ニュース

8月6日号紙面:追悼 日野原重明氏

2017年08月06日号 02面 日野原先生の思い出 日野原重明・星野富弘対談『たった一度の人生だから』編集者が語る 子どもたちやお年寄りに囲まれた笑顔と、白衣がよく似合う方だった。 初めて田園調布のお宅に、緊張しながら、対談企画の打ち合わせを兼ねてご挨拶に伺った日のことがよみがえってくる。当時、著書の『生き方上手』が…
続きを読む
ニュース

7月9日号紙面:第26回ホーリネス弾圧記念聖会で中村氏 絶えず目を覚まして

2017年07月09日号 1面 現代の治安維持法とも言われている「共謀罪」(テロ等準備罪)が6月15日に成立し、今の時代にも国家権力による日本のキリスト教会への介入の危機感が広がる中、「第26回ホーリネス弾圧記念聖会」(弾圧同志会委員会主催)が25日、東京・新宿区百人町の淀橋教会で開催された。中村敏氏(新潟聖書学院院長…
続きを読む
ニュース

7月9日号紙面:「顔の見える関係」で世界とつなぐ 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン 事務局長 木内真理子さん

2017年7月9日号8面 今年4月から、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)事務局長に就任した木内真理子さん。開発援助分野での経験も豊富だ。シンポジウム(3面参照)などで、颯爽と語る様子もあれば、スタッフたちと友人のように語り合う等身大の姿もある。木内さんの歩みを聞くとともに、キリスト教精神に基づい…
続きを読む
ニュース

『聖書 新改訳2017』の点字翻訳準備を開始 福音点字情報センター

 福音点字情報センターでは、2017年に発行が予定されている『聖書 新改訳 2017』の点訳の準備を始めています。  昨年の12月には「聖書新改訳2017点訳委員会」が発足し、現在まで四回ほど打合せを行いました。本年10月の墨字版聖書の発行にあわせて点訳を開始するための準備が進められ、点字表記の統一をはかるための話し合…
続きを読む
ニュース

機械音よりやっぱり人の声 視覚障害者との架け橋に もうでん録音ライブラリー

 視覚障害者等を対象にキリスト教関連の図書を音訳・録音し、貸し出しをしている「もうでん録音ライブラリー(以下・モデロク)」(友野孝子代表)。日本で最初に視覚障害者のための録音図書を手がけた日本キリスト教奉仕団テープライブラリーが活動を終えた後、その趣旨を引き継いで2003年からスタートを切ったボランティアグループだ。こ…
続きを読む
トピックス

妻と二人三脚で27年牧会 「今見えなくても、まあいいか」 日本ホーリネス教団矢板キリスト教会牧師 田中 敏信さん

 「『川の両側にはいのちの木があって、十二種の実を結び、その実は毎月みのり、その木の葉は諸国民をいやす』(黙示録22・2、口語訳)。そうか、天国に行ったらこの木の葉を食べさせてもらおう。天国で癒やされるのだから、今見えなくても、まあいいか…」。そう語るのは、栃木県矢板市で27年間、日本ホーリネス教団矢板キリスト教会を牧…
続きを読む
ニュース

6月25日号紙面:語るべきことが語られているか 小平牧生牧師説教集出版 『有能であるよりも有益であることを』

2017年6月25日号6面 兵庫県西宮市の基督兄弟団・西宮教会(ニューコミュニティ)主任牧師、小平牧生さんの説教集『有能であるよりも有益であることを』(いのちのことば社・千26円税込)が、5月に出版された。昨年行われた日本ナザレン教団連合壮年会主催・全国壮年大会、「日本福音連盟」第49回総会東京大会、日本聖化協力会「ジ…
続きを読む
トピックス

心も身体も元気になるリハビリホーム 安らぎの介護シャローム 晴れる家4号館

 昨年9月にスタートした「やすらぎの介護シャローム」(シャローム株式会社=俣木泰三社長・大阪府堺市)の住宅型有料老人ホーム「晴れる家4号館」(兪ボラ施設長)は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士)が在籍する“心も身体も元気になるリハビリホーム”として、地元や近隣の評判を呼んでいる。(6月11日号で詳細)
続きを読む
トピックス

医療と福祉一体の全人ケア 地域の高齢者支援にも貢献 オリブ山病院 在宅総合ケアセンター

 沖縄県那覇市首里石嶺町にある特定医療法人葦の会オリブ山病院(田頭真一理事長)は、地域医療と共に介護支援の働きを担う。オリブ山病院、介護老人保健施設オリブ園、在宅総合ケアセンター、在宅医療支援センター、心療内科エステルクリニックが一体となり、利用者に必要な医療と福祉を提供している。オリブ山地域支援局の名嘉真朝春さんに話…
続きを読む
ビジネス・生活

4月30日号紙面:困難を抱える人とより良き社会を 小児医療の地域包括ケアを展開 医療法人稲生会 代表 土畠智幸さん

2017年04月30日号電子版 “包括的”にとらえること  日本で難病を抱えた子どもの割合は増加している。患者、支える家族の負担は大きい。自宅での療養とともに、地域での協力ができないか。札幌市の医療法人稲生会は、従来高齢者が対象とされていた「地域包括ケア」を小児医療の分野で進めている。医療・介護に止まらず、「困難を抱え…
続きを読む