アーカイブ: 特集/ひと 証し

ニュース

2月25日号紙面:“ゴミ捨て場”の子へ福音を モンゴルEHC・バーサンドゥオーリ総主事来日

2018年02月25日号 08面 写真=“ゴミ捨て場”で。右がバスカさん  Every Home for Christ(EHC)という働きをご存知だろうか。1953年、一組の宣教師夫婦の祈りによってスタートしたこの働きの目的は「すべての家庭に、福音文書(トラクト)を通してイエス・キリストを証しする」こと。日本では全国家…
続きを読む
ニュース

こども伝道マンガ伝道雑誌「らみい」通巻500号 根底は変えず伝えるもの伝え

 子ども新聞からマンガ冊子へと、時代とともに形を変え毎月発行されてきた「月刊らみい」(いのちのことば社発行)が、2017年12月号で通巻500号を数えた。編集者に話を聞いた。  創刊第1号は1976年3月号。それまでも、クリスマス時期などに、クリスチャン新聞に子ども新聞として折り込んでいたが、76年3月からクリスチャン…
続きを読む
ニュース

聖書同盟「みことばの光」リニューアル 通読の恵み 子や孫にも 50周年迎えたCSK

 64年の歴史を持つ聖書同盟(SU=スクリプチャー・ユニオン、稲垣博史理事長)は、これまで聖書通読誌「みことばの光」「月刊ジュニアみことばの光」を発行。またSUと両輪の、今年50周年を迎えるCSK(中学生聖書クラブ協力会)は、CSKキャンプとCSK中学科教師研修会を通しての教会協力による中高生伝道、青少年国際キャンプな…
続きを読む
ニュース

教会学校をMEBIGで ゲーム、賛美で元気よく 新松戸リバイバルチャーチ ROYEC

 千葉県松戸市新松戸のアッセンブリー・新松戸リバイバルチャーチ(清沢さちえ牧師)では、北海道札幌市の愛隣チャペルキリスト教会(内越努牧師)から日本各地の教会や台湾などのアジア諸国に広がっていった教会学校刷新プログラム「MEBIG」を、教会学校に取り入れ行っている。名前はROYEC(ロイック)。Royal(王家)、Eag…
続きを読む
ニュース

東京で「一対一セミナー」 イ・キフン氏 韓国オンヌリ教会の弟子養育プログラム紹介 信徒養育すれば牧会易しくなる

 日本の教会と協力し、伝道フェスティバル「ラブ・ソナタ」などを通して日本宣教を展開する韓国オンヌリ教会(イ・ジェフン主任牧師)の初代牧師、故・ハ・ヨンジョ氏は、養育者(指導者)と同伴者(学ぶ人)が16週間、一対一で出会い、聖書に基づいた弟子養育プログラム(QT、一対一弟子養育聖書研究)を開発。このプログラムが信徒の弟子…
続きを読む
ビジネス・生活

福音版3月号:今月のひと ─りじょいすらいふ代表 児玉須美恵 さん 西日本ドリパージュⓇ協会公認インストラクター

神様に全部おまかせしたらいい 「苦しんでいる人に、自分が伝えられる方法で神様を伝えたい」 兵庫県加古川市発祥のクラフト「ドリパージュ」。様々な柄のペーパーナプキンを雑貨や家具などに貼り付けて美しく彩る技法で、加古川市在住の蓑田正代さん(西日本ドリパージュⓇ協会会長)が考案した。二〇一三年に特許庁で認められて登録商標とな…
続きを読む
ニュース

1月28日号紙面:吉野作造 生誕140年 “信頼し高め合う人間観” 記念館が企画展、講演、記念事業を展開

大正デモクラシーをリードした宮城県大崎市出身の政治学者・吉野作造(1878〜1933)は、2018年1月29日に生誕140年を迎えます。  最も広く知られる吉野の業績は、1916年1月『中央公論』論説での「民本主義」の提唱です。 沿って運用すべきものとする「民本主義」の2つの意味があり、後者が憲政の基礎的精神であるとし…
続きを読む
フォトニュース

福音版2月号:今月のひと ─教会に通い続けて百歳を迎えた 乙部キミ さん

人間の罪は自分では直せません 「なんにもわからなくても教会に行きたかった」 神奈川県小田原市にある小田原荻窪キリスト教会(山田千鶴子伝道師)は一九六二年に創立、半世紀を超える歴史を誇っているが、おそらくはその歴史以上に教会が誇っているのが、そこに通う乙部キミさんの存在だろう。大正六年生まれで、昨年十月の誕生日に百歳を迎…
続きを読む
ニュース

1月7・14日号紙面:内村鑑三が見た 「代表的日本人」  維新革命の陰に〝天の法〟 聖書に感化された「敬天愛人」 南洲翁遺訓 「敵を愛せ」が背景に 記・守部 喜雅 クリスチャン新聞編集顧問

2018年01月07・14日号 14面 今から120年以上も前、英文で日本人とは何かを紹介した『代表的日本人』なる本が出版された。筆者は当時33歳のキリスト教思想家・内村鑑三である。この『代表的日本人』には、5人の日本人が紹介されている。まず最初に登場するのは、西郷隆盛である。続いて、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮…
続きを読む
トピックス

1月7・14日号紙面:勝間としを紙上絵画展 「猫のつぶやき」

2018年01月07・14日号 13面 2010年に脳梗塞で倒れ、利き手である左手が使えなくなったイラストレーター、漫画家で、本紙連載漫画「ルッちゃん」の執筆者でもある勝間としをさん。だがその試練を乗り越え、絵筆をマウスに代え、右手で創作活動を再開。知り合いの依頼で猫の絵とつぶやき(言葉)を描き始め、フェイスブックにア…
続きを読む