アーカイブ: 特集/ひと 証し

ニュース

「一瞬の出会いが永遠に思えた」日中45周年 李徳全シンポ「国交正常化前の秘められた歴史」明大日中課題研究所で

憎しみと緊張の走る世界に希望をもたらすか。 戦後日中の友好に一早く取り組んだ、李徳全の自伝『李徳全――日中国交正常化の「黄金のクサビ」を打ち込んだ中国人女性』(日本僑報社、程麻、林振江著、石川 好監修)が日中45周年を記念として発売されている。 10月1日の明治大学日中課題研究所が発足にちなんでの開催となった。 あわせ…
続きを読む
トピックス

10月15日号紙面:メキシコ人派遣事業をビジネスに メキシコからの技能実習生受け入れを準備している人材コーディネーター 斉藤周治さん

2017年10月15日号 08面 海外派遣員としてメキシコへ 現地教会で洗礼を受ける 「世界の情勢をそれほど意識して行動したわけではないですが、いろんな出来事の関連の中で、神様のご計画を感じます」。インタビューの冒頭、斉藤さんはそう語ってくれた。 1988年、斉藤さんは大学卒業後、メキシコに海外派遣員として赴任。2年間…
続きを読む
トピックス

メキシコ人派遣事業で「在留異邦人愛す」 人材コーディネーター 斉藤周治さん

 トランプ米大統領就任後、メキシコ国境に壁を造る意向や、メキシコからの移民を排除するなどの強行な政策、組織犯罪と絡んだ社会全体の治安悪化により、メキシコは今、方向転換を迫られている。加えて9月19日には首都メキシコシティーを大地震が襲い300人以上の死亡者が出ている。そんな中、長年、メキシコで仕事をし、メキシコ人の妻と…
続きを読む
ニュース

村岡祟光氏 英国学士院より「バーキット・メダル」授与 ヘブライ語聖書研究で貢献

ヘブライ語・セム語など聖書言語学の世界的権威で、マンチェスター大学、メルボルン大学、オランダのライデン大学などで教鞭を取った村岡崇光氏(オランダ在住)が、英国学士院より、今年度のバーキット・メダルを授与された。このメダルは、新約聖書の本文並びに東方教会の研究で目覚ましい貢献をしたケンブリッジ大学の教授、フランシス・クロ…
続きを読む
フォトニュース

10月8日号紙面:横浜特集 幕末・明治期キリスト教の足跡を訪ねて 福音伝える一心の思い

2017年10月08日号 04面  「それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」 マタイの福音書…
続きを読む
ニュース

9月10日号紙面:白血病の女の子の思い 絵本でつなぐ てをつないで さあみんなで 出身地埼玉で原画展「いちばん大切なもの」 つらいのはきみひとりだけじゃないよ

2017年09月10日号 8面 白血病の12歳の女の子、清水美緒さん(故人)が自分で作ったお話を絵本にしたいという夢を、難病と闘う子どもの夢を叶えるボランティア団体、一般財団法人「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン(MAWJ)」の協力で生まれた絵本『いちばん大切なもの』の原画展が8月19日から28日まで、美緒さんの…
続きを読む
ニュース

9月10日号紙面:長崎から見る日本プロテスタント史 新史料たどり歴史を体系化 『長崎プロテスタント教界史』全3巻が刊行

2017年9月10日号5面  宗教改革から原爆投下まで。長崎のプロテスタント史をたどる『長崎プロテスタント教界史 東山手から始まった新教の教会』(全3巻)が、同地の地元出版社長崎文献社より刊行された。著者は元長崎YMCA総主事の松本さん。カトリックの印象の強い長崎だが、プロテスタントにとっても開国後重要な宣教拠点だった…
続きを読む
ニュース

8月6日号紙面:追悼 日野原重明氏

2017年08月06日号 02面 日野原先生の思い出 日野原重明・星野富弘対談『たった一度の人生だから』編集者が語る 子どもたちやお年寄りに囲まれた笑顔と、白衣がよく似合う方だった。 初めて田園調布のお宅に、緊張しながら、対談企画の打ち合わせを兼ねてご挨拶に伺った日のことがよみがえってくる。当時、著書の『生き方上手』が…
続きを読む
ニュース

7月9日号紙面:第26回ホーリネス弾圧記念聖会で中村氏 絶えず目を覚まして

2017年07月09日号 1面 現代の治安維持法とも言われている「共謀罪」(テロ等準備罪)が6月15日に成立し、今の時代にも国家権力による日本のキリスト教会への介入の危機感が広がる中、「第26回ホーリネス弾圧記念聖会」(弾圧同志会委員会主催)が25日、東京・新宿区百人町の淀橋教会で開催された。中村敏氏(新潟聖書学院院長…
続きを読む
ニュース

7月9日号紙面:「顔の見える関係」で世界とつなぐ 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン 事務局長 木内真理子さん

2017年7月9日号8面 今年4月から、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)事務局長に就任した木内真理子さん。開発援助分野での経験も豊富だ。シンポジウム(3面参照)などで、颯爽と語る様子もあれば、スタッフたちと友人のように語り合う等身大の姿もある。木内さんの歩みを聞くとともに、キリスト教精神に基づい…
続きを読む