アーカイブ: 特集/ひと 証し - ページ 15

ハワイ「お城の教会」牧師からゆかりの高知城下で校長に

 「学校の先生と牧師にはならないと言って結婚したのに、牧師を42年、その挙げ句に学校の先生。これはもう神様のシナリオとしか言いようがありません」。そう語るのは今年4月、高知県南国市にあるキリスト教主義学校「清和女子中高等学校」の校長に就任した黒田朔さんだ。黒田さんは、高知城天守閣を模した会堂で知られるハワイ・ホノルル市…
続きを読む

6年間路上礼拝を続けた韓国人牧師・朴炯圭氏の回顧録出版、記念講演会開催

 朴正煕、全斗煥軍事政権下で韓国民主化闘争の渦中で6度の投獄を体験し、礼拝が妨害されたため、警察署前で6年間路上礼拝を続けた朴炯圭氏(89)=元ソウル・チェイル教会主任牧師=の回顧録『路上の信仰』が4月、新教出版社から邦訳出版された。5月12日には「出版記念講演会」(朴炯圭牧師回顧録出版委員会主催)が、東京・文京区西片…
続きを読む

韓国初の民営教会立刑務所で32人受洗

 昨年12月1日、ソウル市郊外の京畿道ヨジュ郡ウェリョン里にある韓国初の民営刑務所「ソーマン(望み)教導所」で受刑者32人の洗礼式が行われた。「国民日報」が伝えた。  ソーマン教導所はちょうど1年前、キリスト教宣教団体の財団法人アガペー(金三煥理事長)によって開設され、当日は1周年記念礼拝も行われた。キリスト教信仰に基…
続きを読む