アーカイブ: コラム

コラム

2月19日号紙面:米大統領選を経て フィリップ・ヤンシー 分断された国家に和解といやしを 愛と一致を印として

大統領選を経て、アメリカは今分断されている。地域的にも、宗教的にも。私たちアメリカの「忠誠の誓い」にある「万民のための自由と正義を備えた、神の下の分割すべからざる一国家」にはいく筋もの断層が走っている。福音派の著名な伝道者たちの中には心からトランプ氏を応援した人もいたし、他の人たちの中には、トランプに難色を示しながらも…
続きを読む
コラム

最終回 ヴォーリズの庭で考えた −周回遅れの牧師の黙想日記− 16

榎本恵氏(アシュラムセンター主幹牧師)により、約一年連載したコラムも今回で最終回となります。 いよいよ、今回で僕のコラム「ヴォーリズの庭で考えた−周回遅れの牧師の黙想日記−」も終わりを迎える。 2015年、戦後70年という時を、僕の一番身近に感じるアメリカ人宣教師、メレル・ヴォーリズ、ハーバート・ニコルソン、ハロルド・…
続きを読む
コラム

新連載 N・T・ライト とは誰か 中澤 啓介

英国の聖書学者N・T・ライトが注目されている。その福音理解の新鮮な視点が高く評価される半面、伝統的な義認論・贖罪論を脅かすとの批判も根強い。ライトはどんな人物で、何を主張しているのか。また、彼に対する賛否の議論はどのようなものなのか。欧米の福音主義神学の動向などに詳しい中澤啓介氏(大野キリスト教会宣教牧師)に解説してい…
続きを読む

落ち穂抄 今から50年前の1965年6月22日、韓国ソウルで、日韓基本条約調印式が行われ、

2015年07月05日号 2面 今から50年前の1965年6月22日、韓国ソウルで、日韓基本条約調印式が行われ、日本と韓国は国交を正常化した。ちょうどその頃、ソウルの病院で一人の日本人女性がガンの手術を受けていた。田内千鶴子、韓国名・ユン・ハクチャ。韓国孤児のオモニ(母)と慕われた人物である◆7歳で、父の赴任先、韓国木…
続きを読む