20161123%e7%a5%9e%e5%b1%b1%e3%81%bf%e3%81%95_s
初の賛美歌アルバム「On my side 」(全8曲、2,200円税込)を11月23日にリリースするゴスペルフォ-クシンガー神山みさ。ニューアルバム「On my side 」の収録曲は、♪輝く日を仰ぐとき/やすかれわが心よ/静けき祈りのとき/主よみもとに近づかん/罪とがをゆるされ/いつくしみ深き/Amazing Grace/Jesus is born(Misa’s Original)♪

“祈りを歌うゴスペル・フォークシンガー”神山みさが、昨年のフルアルバム「Little bird」に続いて今年もミニアルバム「On my side」(全8曲、2200円=税込=)をリリースする。11月23日(水曜・祝日)には、レコーディングに参加したミュージシャンほぼ全員のサポートを受けて東京・渋谷7th Floorで発売ライブを開催する。

神山みさは近年、新たなチャレンジを形にしている。2013年は高橋真梨子の楽曲アレンジなどで知られる岩本正樹を編曲&プロデューサーに迎えたフルアルバム「月の雫」でメジャーデビューを果たした。そして昨年には、音楽で日伯友好の懸け橋になりたいと活動している日系三世で日本のカラーマークミュージックのメインプロデューサーであるロベルト・レゴナッチ(Robert Regonati)とともにフルアルバム「Little bird」を制作し、オーガニックで温かみのある楽曲を送り出している。

今回は、教会の礼拝などで歌われる賛美歌を集めたニューアルバム「On my side」。神山みさが牧師家庭の娘であることはオープンに語られていたことなのだが、これまでオリジナルの楽曲をリリースしてきた印象からすれば、ちょっとした驚きを感じさせられる。そのあたりの動機を聞くと、「前回リリースした”Little bird”を制作したとき、プロデューサーのロベルトさんが、アルバムに一曲賛美歌をカバーしてみよう、と提案してくださいました。子供の頃から教会で育って来たわたしにとって賛美歌は、少し古臭く、あまりにクリスチャンの音楽過ぎるイメージだったので、どうなんだろう…と思っていたのですが、せっかくの提案ですし、向き合って歌ってみると、“賛美歌ってなんていいものなんだろう…!”とあらためて知ることができました」。また教会のコンサートだけでなく、ライブハウスや一般のイベントなどでも“いつくしみ深き”(アルバム『Little bird』収録曲)を歌うと、「賛美歌が好きと言ってくださったり、いろんな方が賛美歌にまつわるいろんな思い出を聞かせてくださるようになり、“賛美歌って日本人にとって、とても近いゴスペルかもしれない”」と思っていたという。そんな矢先に、「またロベルト氏から『新しいアルバムを作りましょう、次は賛美歌アルバムを』と提案があったんです」。

東日本大震災以後、神山みさは時間を見つけては被災地を訪問し仮設住宅への慰問や被災地支援のための様々なライブに参加している。ニューアルバムは賛美歌だけでの構成。その選曲には、各地で被災された方々への励ましの思いも込めて選んだという。

【賛美歌アルバム「On my side 」発売記念ライブ】 ☆2016年11月23日(水・祝日) 会場:渋谷7th Floor(http://7th-floor.net) 開場:17:00・開演:17:30  料金:前売 3,800円、 当日 4,500円(共に+Drink代)
【賛美歌アルバム「On my side 」発売記念ライブ】
☆2016年11月23日(水・祝日)
会場:渋谷7th Floor(http://7th-floor.net)
開場:17:00・開演:17:30 
料金:前売 3,800円、 当日 4,500円(共に+Drink代)

「今年は熊本地震を始め、災害がたくさんあった年でした。災害だけでなく、最近は悲しいニュースが多く、わたしもニュースを見ていると、心が不安になってきたり、暗くなってしまいそうになります。 でも神様は変わらない。 永遠に変わらない私たちの味方、逃げ場所、救い。だから、どんなに心が揺るがされ、恐れがやってきても、変わらない神様によって、心に平安がいつもあることを願って、最初に「やすかれわがこころよ」を選びました。 そのほかの曲も、今の自分が歌いたいと思うメッセージが込められたものを選びました」。アルバムの中には、クリスチャン・アーティストらがクリスマス向けに制作したコンピレーション・アルバムに収められている“Jesus is born”(神山みさのオリジナル賛美歌)も新たに収録されている。

神山みさは、初の賛美歌アルバムをどのようなアレンジで聴かせてくれるのか…。11月23日、東京・渋谷の7th Floor(ライブハウスO-WESTがあるビルの7階)で開催されるCD発売記念ライブは、楽曲のアレンジへの興味とともに、賛美歌がそのもの持ついやしと励ましの不思議なエネルギーに満たされるライブが期待できそうだ。また、「On my side」の収録に参加したミュージシャンがステージをサポートする。その中には、オルナネティブな感覚のカントリーミュージックで独自な世界を作り上げているカナダのバンドCowboy Junkiesのレコーディングにpedal steel guitar、bottleneck slide guitarなどでAdditional musicianとして参加していたキム・デスチャンプス(Kim Deschamps)が、このライブでサポート演奏するというのも、音楽ファンにとっては何ともステキなサプライズだ。 【遠山清一】

神山みさ 初の賛美歌アルバム「On my side 」
全8曲 2,200円(税込)
<収録予定曲>
輝く日を仰ぐとき/やすかれわが心よ/静けき祈りのとき/主よみもとに近づかん/罪とがをゆるされ/いつくしみ深き/Amazing Grace/Jesus is born(Misa’s Original)
購入申し込みはオフシャルサイトから:
http://kamiyamamisa.com

【賛美歌アルバム「On my side 」発売記念ライブ】
☆2016年11月23日(水・祝日)
会場:渋谷7th Floor(http://7th-floor.net
開場:17:00・開演:17:30
料金:前売 3,800円、 当日 4,500円(共に+Drink代)
☆Musicians
神山みさ(Vocal,Ac.guitar)、西田”みーこ”みさこ(Piano,Acordion)、川本悠自(Wood bass,E.bass)、やまだはるな(Drums)、二村絢子(Violin,Viola)
Additional musician:キム・デスチャンプス(Kim Deschamps:pedal steel guitarほか)
☆ライブの予約申し込みは、ライブ名・氏名・住所・枚数を明記のうえ下記へメール送信にて。
misamisahappy@mac.com