(C)2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

(C)2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

街中の防犯カメラ、GPSの移動追跡…現代の“監視社会”の息苦しさに無感覚になりつつあるが、本作は、国家体制を維持する見えない網目のようなシステムによって市井の人々の自由と心が漁(すなど)られ、壊わされていく怖さを哀しまでに描いていく。南北に分断されたままの朝鮮半島を取り巻く米・中・露・日の国際政治の緊張感を醸しつつ、一人の漁師の悲劇をとおして国家体制を守るためのシステムが社会の底辺に暮らす人々に犠牲を強いていく哀しみをキム・ギドク監督は映画によって語り描いている。

漁師チョルに降りかかる
南北朝鮮それぞれの疑心暗鬼

韓国との国境に近い北朝鮮の寒村で漁師をしながら妻と幼い娘の3人で暮らすナム・チョル(リュ・スンボム)。小さなボートで早朝漁は漁に出る。だが、その朝は、ボートの船外モーターが故障し、沖へと流され韓国領海に侵入してしまう。監視兵たちは、国境近くのボートを銃撃すれば、韓国軍は攻撃と勘違いして反撃するかもしれないと判断しなす術もなかった。

韓国の警察の拘束されたチョルは、スパイ容疑をかけられ取調官(キム・ヨンミン)から残忍な手口で執拗に尋問を受ける。我慢強くスパイ容疑を否定するチョル。監視担当官イ・ウォング(オ・ジヌ)は、その一貫した姿勢と人柄を観てチョルの潔白を信じる。警察はソウルの町にチョルを泳がせ、北からの転向を申請させようと企てる。一時釈放の直前に、スパイ容疑で逮捕された男から妹への伝言を頼まれたチョル。その男の妹を捜し歩く途中に出会った女は大学生の弟の学費を稼ぐため身体を売って夜の町で働いている。自由と経済的繁栄の影の部分を観たチョルは、北朝鮮へ帰国したい思いをいっそう募らせる。ところが、ソウルの街中を歩くチョルの姿を映像が、北朝鮮に流出し、事故で漂流した漁師への不当な取り扱いとして南北関係への影響を懸念した当局はチョルを北朝鮮へ送還する。

(C)2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

(C)2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

送還されたチョルは、南の堕落した文化に毒されなかった英雄として報道されたが、一方で南からの逆スパイの嫌疑がかけられチョルへの厳しい尋問がはじまる…。

国家を守るシステムに
追い詰められていく庶民

本作でキム・ギドク監督は、北朝鮮と韓国という二つの国家それぞれの表情を偏ることなく描いている。自由主義経済の繁栄を勝ち取ってきた韓国だが、社会的ステータスを昇るための学歴を弟に獲得させるために夜の風俗で身体を売る姉。チョルが送還されるニュースに反応し、チョルにプレゼントを贈り南の豊かさを北に示そうとする市民。一方で、北で暮らすチョルには、貧しくても愛する妻と可愛い娘との幸せな家庭が安らぎになっている。だが、思う様に表現し、意思表示する自由はない。権力の重苦しさに押しつぶされていく心は、妻との関係も結べなくなる。

ごく限られた階級の人たちによって設定される国家の体制は、その見えないシステムの網目に括られ、逃れようのない多くの市民によって支えられ、名もなく貧しい人々同士が疑わしい個人を追い詰めていく。国の安全と繁栄のためという、神なき世界の“安定”のために捕らわれた人間の姿が哀しい。 【遠山清一】

監督:キム・ギドク 2016年/韓国/112分/原題:The Net 配給:クレストインターナショナル 2017年1月7日(土)よりシネマカリテほか全国順次ロードショー。
公式サイト http://www.thenet-ami.com
Facebook https://www.facebook.com/thenet0107/

*AWARD*
2016年:第73回ヴェネチア国際映画祭ネル ジャルディーノ部門出品。第41回トロント国際映画祭正式出品。第17回東京フィルメックス オープニング作品。