千葉県松戸市新松戸のアッセンブリー・新松戸リバイバルチャーチ(清沢さちえ牧師)では、北海道札幌市の愛隣チャペルキリスト教会(内越努牧師)から日本各地の教会や台湾などのアジア諸国に広がっていった教会学校刷新プログラム「MEBIG」を、教会学校に取り入れ行っている。名前はROYEC(ロイック)。Royal(王家)、Eagles(鷲)、Church(教会)から名付けられた。
 「バンバンバン!」。日曜朝9時20分、テンポのいいMEBIG賛美でROYECは始まった。
 最初に歌いながら互いに挨拶。それが終わると、ゲームが始まる。スタッフはゴムひもを頭の上まで掲げ、お友達(子ども)がゴムひもに向かってジャンプ。今度はゴムひもを股下の高さに真っ直ぐ張り、一人ひとりがそのひもをまたぎながら進む。ひもに触ったらアウトだ。小学高学年には縦波、横波が襲う。みんなひもに触らないよう、懸命に前進する。(2月18日号で詳細)