2018年03月11日号

DSC01963 DSC01967
日本基督教団統一原理問題連絡会(米倉美佐男代表世話人、以下連絡会)は2月23日、同教団が石橋秀雄総会議長名で出した「クリスチャントゥデイなど張在享牧師グループに関する声明」(1月27日付)を受け、同声明に至る経緯、内容について説明会を開催した。株式会社クリスチャントゥデイ(以下、CT)関係者を含め、各教団、伝道団体などから90人を超す参加者があった。

最初に、連絡会世話人の豊田通信氏(仙台五橋教会牧師)が声明を出すに至った経緯を次のように説明した。「2008年に当時の教団議長(山北宣久氏)名で出された『「クリスチャントゥデイ」に関する声明』は、CTに対する異端問題等『これらの疑惑が解決されない限りキリスト教としての同一の線に立つことは出来ない』とする内容で、その疑惑が解消されたかどうか、将来的に再検証を必要とするものだった。検証作業を進める過程で、13年に判決が出た山谷裁判(疑惑をブログで追及していた救世軍山谷真少佐を、CTが名誉毀損で訴えた民事訴訟・2面に関連記事)の裁判資料から、疑惑につながる多くの事実を裁判所が認定していたことが判明した。またCT側の初期の中核メンバーからその実態に関する証言を得た。再検証後、先の声明を再確認する必要を連絡会満場一致で決議し、今回の声明に至った」

 続いて世話人の齋藤篤氏(深沢教会牧師)は、「自分は当初、CTの報道を良質なものと考え、彼らを擁護する立場で再検証に取り組んだ。しかし、裁判記録を精査する中で、CTが表明する『全面勝訴』という見解に疑問符がついた。CTには説明責任がある」として、CTが張氏が設立した団体と組織的経済的に深いつながりを有する団体であること、同じく張氏の団体から派遣された宣教師により設立され、CTの元編集長が所属していた東京ソフィア教会には「イエスキリストではなく、来臨のキリスト」という異端的要素がうかがえる、など裁判所が事実認定した内容を資料により提示した。

元信者Aさんの証言ビデオが上映され、手記が公開された。それによると、▽ダビデ(張)牧師が支配するカルト教会は「共同体」と呼ばれる▽教会に1か月ほど通った後特別な講義があり、それは暗にダビデ牧師が再臨の主であると理解できるものだった▽講義にテキストはなく、口頭で教えられた▽24歳ごろに牧師になったが牧師給はなく、アルバイトで生活費をまかない、教会の家賃も払った▽足りない分は借金をし、サラ金など3社から100万円ほどを借りた▽04年の10月ごろに、ダビデ牧師の指示で、当時神田に事務所があったCTで働き始めた▽書く記事のノルマもあり、取材拒否も頻繁だったので、怖かった▽矢田喬大氏(現CT代表取締役社長)も、ダビデ共同体の信者。そこではみなダビデ牧師を来臨のキリストと信じている。

続いてCTで1年間編集者、編集長として働いた雜賀信行氏(1月末に雇用契約満了で退職)が証言に立ち、次のように語った。「異端疑惑は知っていたが、実際働いて不審な点は感じられず、充実した毎日だった。しかし、給料の遅配が常態化しており、編集者を1人営業に充て、広告収入を増やした。それでも遅配が続くので、調べたところ、役員たちが通帳も財務諸表も見ていないことを知った。昨年12月の連絡会で新たな証言者が現れたことを知り、矢田氏に裁判資料を要求。そこで元信者のメールの内容を読んだ時、闇の入口をのぞき込んだ思いがした」「今年の1月初旬、連絡会の齋藤氏と話す中で、矢田氏、内田周作氏(現CT副編集長)が、張氏を創設者とする元東京ソフィア教会などの信者によって作られたあいのひかり教団と今も深いかかわりを持っていることを知った。その後、元信者とも直接話して、両氏への疑念を強くした」「1月末に日本基督教団から声明が出ることを知り、これでは全キリスト教界を敵に回すことになると思ったので、矢田氏に社長を辞めるよう進言したが、逆にその場で解雇を言い渡された」「2月8日に他の社員6人とともに『クリスチャントゥデイ異端疑惑をめぐる弊社従業員声明』を出したが、翌日から、それまで仕事をしていたサイトに入れなくなり、メールアカウントも削除された」「CTは健全なキリスト教メディアだと言って協力を仰いできた執筆者、取材協力者、スポンサー、読者、関係者には本当に会わせる顔がない。多くの人を巻き込んでしまった責任は重いものがあると反省している」

「従業員声明」に名前を連ねた中橋祐貴氏は、「CTを守るため、結果的に事実でないことを語り、敵対構造を助長するような言動をしてしまったことを、申し訳なく思っている。悔い改めて謝罪する。山谷裁判に関して、矢田氏からは『捏造資料』『嫌がらせ目的』と聞いてきたが、裁判資料を実際目にして、こういった証言資料が存在すること自体、あまりに不自然であると思った。捏造であるならどういう経緯で生じてしまったことなのか、矢田氏は社長としてまた裁判の原告として、説明責任を果たすことが筋だと思わされた。さらに、資料の中に私たち夫婦の友人と思われる名前を見つけた。これは神様の奇跡だ。『知り合いだと思う』と言うと矢田氏は動揺した。それが先ほどの証言ビデオに登場したAさんである」と語った。

さらにAさんからのメッセージとして、「当時の仲間は、何を言っても通じない次元に来ていると思うが、真実の神様のところに帰ってくることを祈っている」「イエス様は『あなたは治りたいか』と人の意思を大切にしてくださる方だが、ダビデ牧師にはだれも『ノー』が言えなかった。人の心を軽んじるだけでも十分カルトではないか」と、その言葉を伝えた。

説明会質疑応答 「確認すべき」「ならば弁明を」

説明会は質疑の後、最後に石橋議長が挨拶。「今回の声明は、教団として出さざるをえなかったものと認識している。連絡会の働きに議長として私は責任を負っているし、声明を出したことでこれから起こってくることについても、私が全責任を取ることになる」と語った。

 以下、参加者からの質疑及び意見。

 ▽「矢田氏、内田氏が所属する淀橋教会(ウェスレアン・ホーリネス教団)には、尋ねたのか」→斎藤氏「聞いた」、中橋氏「主管牧師の峯野龍弘氏に8回会った。『二人は誠実な信徒、疑わしき点があっても自分の教会員、物証があれば二人を去らせる』と言っていた」

 ▽あいのひかり教会の信者で、Aさんと同じ時期に教会にいて面識があるという女性「ビデオで彼女は『みなダビデ牧師を来臨のキリストと信じていた』と言ったが、私はそうではなかった。彼女がこのように考えていたと今日初めて知った。彼女が教会でとても苦労して仕事をしていたのはそばにいて分かっている。彼女がそのことで傷ついたのなら慰めがあって欲しい。しかし彼女が誤解しているのも事実だ」

 ▽内田氏「08年に会社として信仰告白を出している。張牧師も自分が再臨主であることを否定している。検証の過程で、本人に確認すべきではないか。淀橋教会での私の信仰生活も、峯野牧師や信徒の方々の話も聞いてほしい。私は10年淀橋教会に通っている」→斎藤氏「そうであるなら、山谷裁判の判決において、異端的要素がうかがえる張牧師の関連の教会とCTとの関係が事実認定されたにもかかわらず、裁判の報道でもそのことに触れず、今まで何の弁明もしなかったのはなぜなのか。きちんと説明して欲しい」

 ▽矢田氏「私は異端的な信仰を持ったことは一度も無いし、二重の信仰を持っているかのようなことは決してない。峯野牧師も教会員もそのことを証ししてくれる。齋藤氏は2月8日に出された『従業員声明』の作成に関与したのではないか」→齋藤氏「関わっていないし、内容の確認もしていない。声明が出されたのを見て驚いた」、豊田氏「CTは、齋藤氏の関与が疑われるような記事を掲載しているが、訂正は出すのか」→矢田氏「それはこれからの編集の中で検討する」