東日本大震災、福島第一原発事故から7年が過ぎたが、放射能汚染問題、廃炉作業の道のりは長い。その中でキリスト教会はどのような宣教をしていくか。

信州夏期宣教講座はエクステンションinいわきを7月16日に福島県いわき市の新よね旅館で開催した。

同盟基督教団勿来キリスト福音教会牧師の住吉英治氏は発題1「宣教と原発爆発事故・放射能汚染問題」を、福島第一原発の建設稼働時期から原発問題に関わっていた双葉地方原発反対同盟責任者の石丸小四郎氏が発題2「原発事故は何をもたらしたのか」を語った。

日頃、東電などとも交渉を続ける石丸さんは公的資料や報道資料を精査しつつ、原発内で放出される放射性汚染物、汚染水、廃炉作業状況について解説した。

午前中にはオプションツアーとして国道6号線を北上し、富岡町までを視察。いわき市の信徒の持ち家で、教会による地域支援の拠点となることを目指し改修中の家屋を見学した。

第26回信州夏期宣教講座は「憲法9条と天皇」をテーマに8月20~21日、長野県上田市の鹿乃屋で開く。講師は福島揚(青山学院大学、日本聖書神学校、東京神学大学兼任講師)、岡田明(都立高校教諭)。

【関連記事】
○ヘイトスピーチデモ現場 桜本でセミナー 信州夏期宣教講座エクステンション2017年7月19日

http://xn--pckuay0l6a7c1910dfvzb.com/?p=16468

○第24回信州夏期宣教講座 野寺博文氏「抵抗権の歴史 ボンヘッファーまで」 抵抗神学を構築する指針として 理性超えたところで「最後の手段」選択される2016年9月10日

http://xn--pckuay0l6a7c1910dfvzb.com/?p=12038

○社会的偏見、差別を乗り越えて 第24回信州夏期宣教講座「-日本の宣教史を再考する-」が開催2016年8月25日http://xn--pckuay0l6a7c1910dfvzb.com/?p=11468

▽週刊クリスチャン新聞は電子版も配信(毎号発行日前々週の金曜日)します▽

有料版(ウェブ版、電子版)ではバックナンバーもご覧になれます。
掲載号一覧→ http://クリスチャン新聞.com/csdb/掲載号一覧/

ウェブ版→ http://クリスチャン新聞.com/csdb/

電子紙面版→ http://kotobasha.e-manager.jp/

一部の記事を閲覧できる「無料版」