[レビュー2]『ヒップホップ・レザレクション ラップ・ミュージックとキリスト教』

 公民権運動時代、アフリカ系アメリカ人の魂の「嘆き」を代弁していたのはゴスペル音楽やブルースだったが、その次の世代の声となったのがヒップホップだった。今や民族や国境を超え、ストリート文化とともに世界に広がり、日本でも「日 … 続きを読む [レビュー2]『ヒップホップ・レザレクション ラップ・ミュージックとキリスト教』