検索結果 " パレスチナ " - ページ 3

ニュース

[レビュー4]分け隔てをしない「まなざし」『大人になった発達障害の仲間たち』

本書は著者が「おわりに」で書いているように、発達障害を抱えた児童・生徒の具体的な支援方法について書かれた書ではない。発達障害を分類しその特徴を明らかにするために書かれたものでもない。著者が長年カウンセ…
続きを読む
ニュース

[レビュー3]教会がめざすべき「和解」『すべてのものとの和解』

 世界の分断、紛争の火種は、ますます増加し消えそうにない。国際機関、NGOなどの取り組みに教会も協力してきた。これらの活動の必要は増すだろう。  しかし、何が達成されれば和解なのか。それを聖書と実践か…
続きを読む
ニュース

[レビュー2]パウロ研究、新約聖書学全体における分水嶺 『使徒パウロの神学』

ジェームズ・ダンの『使徒パウロの神学』の翻訳出版を心から歓迎します。ダンは、E・P・サンダース『パウロとパレスチナ・ユダヤ教』(英語、1977年)を端緒とする、いわゆる「パウロに関する新しい視点」を牽…
続きを読む
ニュース

日本の精神性にせまり、世界と橋渡し 「ダマー映画祭」初日 各映画寸評あり

。 写真=観客も作品の投票に参加した。 東京で初めての開催となった「ダマー国際映画祭」では、5月10日初日から国内外で活躍する映像作家による短編作品が上映された。 各作品の色あい、テンポ、フォーカスの…
続きを読む
ニュース

『ユダヤ人の歴史と思想』『パウロの弁護人』 『「パウロ研究の新しい視点」再考』

『ユダヤ人の歴史と思想』(黒川知文著、ヨベル千890円税込 四六判)  西欧キリスト教文化圏でなぜ、反ユダヤ主義が生まれ、ホロコーストにまで至ったのか。センセーショナルに報道されがちな、現代のイスラエ…
続きを読む
インタビュー

インタビュー:ジアド・ドゥエイリ監督 映画「判決、ふたつの希望」にみる紛争問題と和解への過程

ジアド・ドゥエイリ監督プロフィール: 1963年10月7日ベイルート生まれ。レバノン内戦状況下で少年期を過ごし、20歳の時にレバノンを離れアメリカへ留学。サンディエゴ州立大学で映画学位を取得。卒業後、…
続きを読む
フォトニュース

7月8日号紙面:古代教会に学ぶ異教社会のキリスト教第2回 神戸改革派神学校校長 吉田隆 初期キリスト教の驚異的成長

2018年07月08日号 07面 第一部 古代教会の伝道 初期キリスト教の数的進展 さて、最初に皆さんと学びたいことは、初期キリスト教会がなぜ驚くべき成長を成し遂げたのかということです。 まず、当時の…
続きを読む
ニュース

5月27日号紙面:『イスラエル』『今日からわかる聖書ヘブライ語』『独習聖書ヘブル語原典入門』『ヒエロニュムスの聖書翻訳』

 5月14日のイスラエル建国70年を前に、抗議活動をしたパレスチナ自治区ガザ住民へ発砲、58人死亡というニュースは世界に衝撃を与えた。複雑なイスラエル・パレスチナ問題を理解するには背景を知る必要がある…
続きを読む
ニュース

「平和の巡礼」聖公会首座主教の植松氏 日本キリスト教連合会で

日本キリスト教連合会定例講演会が、4月23日、新宿区の聖バルナバ教会で開かれた。日本聖公会首座主教の植松誠氏(北海道教区主教・日本宗教連盟理事・日本キリスト教連合会委員長)が「平和の巡礼」と題して語っ…
続きを読む
ニュース

5月28日号紙面:創刊50周年 クリスチャン新聞は何を伝えてきたか

2017年5月28日号 聖書信仰の確立 終わりなき宿題 激動の世界で真価問われる 〝信仰と生活の唯一の規範〟として 「聖書信仰の確立」は創刊時の標語の冒頭に掲げたように、クリスチャン新聞を創刊した動機…
続きを読む