タグアーカイブ: 熊本地震 - ページ 3

ニュース

熊本支援 救世軍「社会鍋」実施中 給食支援に派遣へ 

熊本、大分の地震を受けて、救世軍は、東京・千代田区の本営と、新宿駅小田急前で支援金を募る「社会鍋」を実施している。すでに熊本県で先発視察を終え、東北支援などに行っていたメンバーらも加えて、現地での支援…
続きを読む

「九州キリスト災害支援センター からのお願い」呼びかけ

熊本・大分地震を受けて、広範囲からの支援に備える「九州キリスト災害支援センター」が4月18日に立ち上がり、会議議事録とともに文書「九州キリスト災害支援センター からのお願い」で支援の態勢や要項をまとめ…
続きを読む

NGO オペレーションブレッシング スタッフ派遣、募金受付

14日の熊本・大分地震を受けて、国際NGOオペレーションブレッシング(ドナルド・トムソン代表、)は、18日には、現地に到着したスタッフによって物資支援を行っている。募金も受け付けている。 【関連】 ○…
続きを読む

熊本YMCA 管理の益城町総合運動公園体育館の避難者支援などに奔走

14日以降の熊本・大分地震に対応して、熊本YMCA(岡成也総主事)では、指定管理施設の益城町総合運動公園体育館で行政、全国から駆けつけたスタッフらとともに、約1200人の避難者の支援を対応している。 …
続きを読む

九州学院中高 校舎に天井崩れなど被害、再開見込み立たず 職員宅も被害

14日以降の熊本・大分地震で、九州学院(長岡立一郎理事長、阿部英樹学院長・理事)では、中高の校舎で天井が崩れるなど、被害があり、教職員が対応に奔走している。学校は休校し、今後の対応を検討中だ。 生徒に…
続きを読む

オルガン、会堂に一部被害、教師、信徒は避難所にも 日本基督教団九州教区で、熊本・大分教会被害を報告 

14日以降の熊本・大分地震の影響で、日本基督教団九州教区(梅崎浩二教区総会議長)の各教会では、会堂内備品の倒壊、破損があったほか、教師・信徒で避難所で生活する人々がいる。教会堂、園舎などで近隣を受け入…
続きを読む

九州ルーテル学院は4月休校 建物一部破損 避難所提供も

14日以降の熊本・大分震災の影響で、熊本市中央区黒髪の九州ルーテル学院(坂根信義理事長、清重尚弘院長・大学学長、認定こども園ルーテル学院幼稚園、ルーテル学院中学校、ルーテル学院高等学校、九州ルーテル学…
続きを読む
ニュース

支援・物資輸送は計画的に:熊本地震支援に九州の教会一丸 「九州キリスト災害支援センター」立ち上げ

4月14日の地震から4日後の18日、福岡県福岡市城南区東油山の日本イエス・福岡教会油山シャローム・チャペル(横田法路牧師)で開かれた、現地教役者、各支援団体が協力の会合「熊本地震支援のための連絡会」に…
続きを読む

福岡市で現地教役者、各支援団体が協力の会合「熊本地震支援のための連絡会(仮)」

未曾有の複合的な大地震により、広い範囲で被害があり、余震が続く熊本市の災害支援は長期が見通される。個人、教会、団体で様々な支援が自発的に行っているが、現地、遠方各種団体が会合を持ち、協力の在り方を話し…
続きを読む

「熊本バンド」育てた教師宅 「ジェーンズ邸」も全壊

熊本県の14日、16日の大規模震災により、「熊本バンド」ゆかりの「熊本洋学校教師 ジェーンズ邸」が全壊した。NHKほか各報道で伝えている。 同邸宅は1871年(明治4年)に建てられた熊本県最初の西洋建…
続きを読む