クリスチャン新聞「福音版」は、キリスト教入門への月刊新聞(タブロイド判)です。
 分かりやすい聖書からのメッセージの第1面と、クリスチャンの人間ドキュメントを掲載している第4面(最終面)はカラー刷りです。
 キリスト教信仰と現代的な問題との接点、家庭や親と子のコミュニケーション、日常の身近な経験や世の中の話題などから聖書の教えに思いを馳せるエッセイや連載を毎月掲載しています。
2月号画像

「あなたがたのために立てている計画……それはわざわいではなく平安を与える 計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」

           −旧約聖書・エレミヤ書29章11節

捜し求めるなら見つける

 すべてが枯れ果てたように見える冬景色から一転、枯れ葉に覆われた大地に緑の芽吹きが顔をのぞかせます。沈んでいた気持ちにも暖かい光が差し込む、早春のよろこびです。やがて芽が伸び可憐な花を付けるのを見つけたら、先行きに明るい希望も感じられることでしょう。 「わたし自身、あなたがたのために立てている計画をよく知っている──主のことば──。それはわざわいではなく平安を与える計画であり、 あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」(旧約聖書・エレミヤ書29章11節)



連載 第 166回

晴考雨読 〜時代を透かしてみれば〜

永井信義 (宮城・東北中央教会 牧師)

「違いを考える」

 ヨシタケシンスケさんの作品(子ども向けが多い)が好きでよく読んでいますが、『みえるとかみえないとか』(アリス館)は、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授の伊藤亜紗さんと相談して制作したとのこと。 この本は「“ちがいをかんがえる”えほん」ですが、「うまれつき ぜんぶの目がみえない」という人が登場します。


連載

<<新連載>>オカリナ牧師の聖書ゆるり散歩 7

久保木 聡(日本ナザレン教団鹿児島キリスト教会牧師/オカリナ奏者 )

間違えてもいいんです

 レッスンなんだから、間違えてもいいんですよ」 オカリナを習いに来た人たちにわたしはよく告げます。指の動かし方、息の入れ方などを言葉や演奏で説明した後、いざ実践となると、みなさん、一様に硬くなります。でも、冒頭の言葉を伝えると、ホッと安堵した表情で吹き始めます。ある人は間違えます。それでいいんです。上手に吹けるなら習いに来なくていいんですから。


連載 第94回

あなたのことが好きだからー人間の不思議を見つめる心理学エッセイ

碓井 真史(新潟青陵大学大学院教授・ スクールカウンセラー)

 道路には危険がいっぱいです。東名高速道路でのあおり運転死亡事故では、地方裁判所が危険運転致死傷罪で有罪判決を出しました。 交通事故の原因は、うっかりミス(ヒューマン・エラー)と、わざと行うルール違反です。あおり運転では、わざと車間距離を縮めたり、クラクションを鳴らしたり、ライトをピカピカさせるパッシングを行ったりします。 道路は怒りであふれています。あおり運転をする人も怒って相手をあおり、速く運転させようとしたり、恐怖感を与えようとしたりするのです。ドライバーたちは、あせってイライラします。でも間違った怒りは、あなたの人生を台無しにします。



ハワイからの手紙 やさしい風に吹かれて-82

四季折々の恵み

ハワイ在住のDJ・エッセイスト 飯島寛子 さん

 日本を離れハワイに移住して今年で十四年になりました。時折、日本の四季の情景を思い起こします。 料理好きの私は、旬の食材をお店で買う際に季節を感じていました。春の菜の花やタケノコ、夏のキュウリやスイカ、秋の栗や柿、そして冬の大根やミカン。季節ごとに旬のものをいただくことは体に良いと祖母から教えられました。 食生活だけでなく服装や食器、また化粧品に至るまで季節ごとに変化します。


ひとそのあしあと

NPO白浜レスキューネットワーク理事長・牧師 藤藪庸一さん

意味があって生まれたあなたを諦めない

自殺と紙一重の日本でー南紀白浜・三段壁 「いのちの電話」引き継ぎ20年

 「誰も必要としてくれない」「生きていてもしょうがない」─電話の向こうから悲痛な叫びが聞こえる。風光明媚な観光名所、南紀白浜の三段壁。美しい断崖は「自殺の名所」としても知られている。この場所に立てられている「いのちの電話」の看板。この電話は藤藪庸一牧師(白浜バプテストキリスト教会)につながる。働きを始めて二十年。これまでに九百五人(二〇一八年十月現在)の自殺志願者を死の淵から救ってきた。また、その助けを求めてきた人の生活再建を目指して共同生活を送り、働く場としての食堂も運営する。その生き方を追ったドキュメンタリー映画「牧師といのちの崖」が公開され、同時にその働きの中での藤藪さんの苦悩と葛藤、将来向けての幻(ビジョン)を書きつづった『あなたを諦めない』(いのちのことば社フォレストブックス)が発売される。