紛争の影響受ける子どもたち~最も小さい者たちと共に 教育機会確保は平和構築の種 JECA全国社会委員会 WVJとコラボでオンラインイベント

今年2月、ロシアがウクライナへの軍事作戦を始めて以降、全世界の難民の数は急増し、現在、千300万人あまりいると言われる。うち半数が子どもたちだ。日本福音キリスト […]

奉仕の経験 等身大で共有 20~30代のために賛美・礼拝奉仕連続講座 若者励ます「IG:NIGHT」賛美グループ3組が協力開催

三組の賛美グループのメンバーたち   「若いクリスチャンを励ましたい」。20~30代による3組の賛美グループが協力し、賛美・礼拝奉仕者のための連続ワー […]

やすらぎの介護シャローム 介護施設「晴れる家大仙公園」オープン

介護施設「晴れる家大仙公園」オープン 看護師常駐 医療とリハビリに特化した安心の住まい   家族との絆深める 晴れる家ライフ やすらぎの介護シャローム […]

【8・15特集】「キリスト教平和学から考える国防論」 神戸改革派神学校 夏期信徒講座から① 豊川氏

豊川氏   単純化せず粘り強い思考を   世界の緊張関係の中、日本でも具体的な国防が議論されている。 「平和をつくる教会」をテーマにした神戸 […]

福島沿岸を歩く 相馬と双葉 教会とまちの風景の変化

浪江町請戸港から福島第一原発方面(左奥)を望む   6月26日から28日まで、福島県沿岸部をめぐった。仙台駅からJR常磐線で南相馬市の原ノ町駅まで1時 […]

最新号:2022年08月14日号

紛争の影響受ける子どもたち~最も小さい者たちと共に 教育機会確保は平和構築の種 JECA全国社会委員会 WVJとコラボでオンラインイベント

今年2月、ロシアがウクライナへの軍事作戦を始めて以降、全世界の難民の数は急増し、現在、千300万人あまりいると言われる。うち半数が子どもたちだ。日本福音キリスト […]

奉仕の経験 等身大で共有 20~30代のために賛美・礼拝奉仕連続講座 若者励ます「IG:NIGHT」賛美グループ3組が協力開催

三組の賛美グループのメンバーたち   「若いクリスチャンを励ましたい」。20~30代による3組の賛美グループが協力し、賛美・礼拝奉仕者のための連続ワー […]

沖縄戦「集団自決」を証言 金城重明氏逝去

元沖縄キリスト教短期大学学長で、沖縄戦での「集団自決」を証言した金城重明(きんじょうしげあき)氏が、7月19日、急性心不全のため那覇市内の病院で亡くなった。93 […]

安倍元首相「国葬」に反対 改革派

安倍元首相の「国葬」を閣議決定したことに対して、日本キリスト改革派教会、同大会宣教と社会問題に関する委員会連名で「安倍晋三元首相の「国葬」に反対し、実施の撤回を […]

【訂正】

8月7日号1面3面「沖縄市のライフセンタービブロス堂」を「那覇市のライフセンタービブロス堂」に訂正します。

【落ち穂】宮城県の牡鹿半島の海沿いの町・泊浜地区を五年ぶりに訪れた・・・

宮城県の牡鹿半島の海沿いの町・泊浜地区を五年ぶりに訪れた。11年前に東日本大震災が起こって以来、この地区で、毎週のように救援活動を続けてきた岸浪市夫氏(アメージ […]

ニュース

紛争の影響受ける子どもたち~最も小さい者たちと共に 教育機会確保は平和構築の種 JECA全国社会委員会 WVJとコラボでオンラインイベント

今年2月、ロシアがウクライナへの軍事作戦を始めて以降、全世界の難民の数は急増し、現在、千300万人あまりいると言われる。うち半数が子どもたちだ。日本福音キリスト […]

安倍元首相「国葬」に反対 改革派

安倍元首相の「国葬」を閣議決定したことに対して、日本キリスト改革派教会、同大会宣教と社会問題に関する委員会連名で「安倍晋三元首相の「国葬」に反対し、実施の撤回を […]

【訂正】

8月7日号1面3面「沖縄市のライフセンタービブロス堂」を「那覇市のライフセンタービブロス堂」に訂正します。

ゴスペル通してDV撲滅 大阪でも「オレンジゴスペル」

ゴスペル通してDV撲滅 大阪でも開始「オレンジゴスペル」 ゴスペル音楽を通してDV撲滅を訴える活動「ORANGE GOSPEL(オレンジゴスペル)」が、今年7月 […]

〈連載〉コンパッション共感共苦―福祉の視点から キリスト教と自殺

キリスト教と自殺ー「救いはない」か 木原 活信 同志社大学社会学部教授 キリスト教を求道しておられたある方から次のような鋭い質問があった。「キリスト教では自殺は […]

神学・牧会

奉仕の経験 等身大で共有 20~30代のために賛美・礼拝奉仕連続講座 若者励ます「IG:NIGHT」賛美グループ3組が協力開催

三組の賛美グループのメンバーたち   「若いクリスチャンを励ましたい」。20~30代による3組の賛美グループが協力し、賛美・礼拝奉仕者のための連続ワー […]

【8・15特集】「キリスト教平和学から考える国防論」 神戸改革派神学校 夏期信徒講座から① 豊川氏

豊川氏   単純化せず粘り強い思考を   世界の緊張関係の中、日本でも具体的な国防が議論されている。 「平和をつくる教会」をテーマにした神戸 […]

【8・15集会】8・15集会

【東京・オンライン】日本軍「慰安婦」メモリアル・デー2022@wam(アクティブ・ミュージアム女たちの戦争と平和資料館主催) ▽亡くなられた被害者に思いを馳せて […]

「戦争か平和か」を越え 8・15特集

今、大規模な戦争が起き、長期化している。緊張感が増す東アジアにおいて日本のこれからも問われている。歴史、神学、平和学を踏まえながら、現状にキリスト教会がどのよう […]

【8・15特集】好戦的と見える旧約聖書に 「平和の福音」を発見する 『旧約聖書の平和論 神は暴力・戦争を肯定するのか』

     聖書は「平和の福音」と言われます。この言葉は新約聖書の「使徒の働き」10章36節や「エペソ人への手紙」6章15節に出てきますが、新 […]

メッセージ・オピニオン

【ペンテコステメッセージ】聖霊の激流 破壊の地で 創世記から ウクライナ宣教師 船越真人

「神様、どうして」。あまりに残酷な惨状を前にして、多くのウクライナの人々は、この痛切な問いを発しています。無神論者を自認してきた人々もこの悲痛な叫びを発します。 […]

備えたもう神 メッセージ 石田 敏則 シオン・キリスト石岡教会主任牧師

アブラハムは、その場所の名をアドナイ・イルエと呼んだ。今日も、「主の山には備えがある」と言われている。 創世記22章14節 この2年間、教会はコロナ禍で最大の危 […]

「二度僕のものだよ」 クリスマス特別号メッセージ 緒方賢一 JEC・奈良福音教会牧師

コロナ禍にあって二度目のクリスマスを迎えるこの時、私の心の中にこのみことばが絶えず響いています。 万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。(イザヤ書9章7節) さて、 […]

「第二の敗戦」は「日本型新自由主義」 寄稿・稲垣久和(東京基督教大学特別教授)

五輪で分断露呈 東京五輪強行実施、新型コロナウイルスのデルタ株急速拡大期にスポーツの国際一大祭典が終わった。2013年9月の招致の時点から様々な黒い霧に覆われた […]

ペンテコステメッセージ 使徒2章1~21節から 神のこころを自分のこころとして 関西聖書学院学院長 髙橋めぐみ

私たちが聖書を読む時に大切なのは何でしょうか? それは「神のこころ」です。聖書全体を貫いている神様のこころを読み取り、応答していくことです。私たちはこのペンテコ […]

政治・社会

【8・15特集】「キリスト教平和学から考える国防論」 神戸改革派神学校 夏期信徒講座から① 豊川氏

豊川氏   単純化せず粘り強い思考を   世界の緊張関係の中、日本でも具体的な国防が議論されている。 「平和をつくる教会」をテーマにした神戸 […]

【8・15集会】8・15集会

【東京・オンライン】日本軍「慰安婦」メモリアル・デー2022@wam(アクティブ・ミュージアム女たちの戦争と平和資料館主催) ▽亡くなられた被害者に思いを馳せて […]

「戦争か平和か」を越え 8・15特集

今、大規模な戦争が起き、長期化している。緊張感が増す東アジアにおいて日本のこれからも問われている。歴史、神学、平和学を踏まえながら、現状にキリスト教会がどのよう […]

【8・15特集】好戦的と見える旧約聖書に 「平和の福音」を発見する 『旧約聖書の平和論 神は暴力・戦争を肯定するのか』

     聖書は「平和の福音」と言われます。この言葉は新約聖書の「使徒の働き」10章36節や「エペソ人への手紙」6章15節に出てきますが、新 […]

福島沿岸を歩く 相馬と双葉 教会とまちの風景の変化

浪江町請戸港から福島第一原発方面(左奥)を望む   6月26日から28日まで、福島県沿岸部をめぐった。仙台駅からJR常磐線で南相馬市の原ノ町駅まで1時 […]