横田早紀江さんを囲む拡大祈祷会3年ぶり

「もう少しだよ」と神が 横田早紀江さんを囲む拡大祈祷会 3年ぶり 横田早紀江さんの長女で、当時中学一年生だっためぐみさんが新潟市の自宅近くで行方不明になってから […]

クリスチャン美術家グループ 8人でクリスマス作品展

8人でクリスマス作品展 クリスチャン美術家グループ「Bezalel」 8人のクリスチャン・アーティストによるクリスマス作品展「8人の表現展」が12月4日から10 […]

「簡素にして豊かな建築」大阪教会献堂100年 ヴォーリズ建築が語る日本宣教

日本基督教団・大阪教会(大阪市西区)の献堂100周年記念講演会が、10月29日に大阪教会聖堂で開かれた。同教会はアメリカ人宣教師M・L・ゴルドンらによって187 […]

福音功労賞に三橋、竿代、三谷、唄野、柏木の5氏 主と人に仕え、広がる

前列左から中野氏、竿代夫妻、三谷夫妻、唄野氏、柏木夫妻     第26回日本福音功労賞顕彰式(日本福音振興会[村上宣道会長]主催)が11月7 […]

戦禍を暮らす市井の 声と実情を伝えたい 映画「戦場記者」

2月に起きたロシアの軍事侵略に抗戦するウクライナの戦況が連日テレビなどで報道されている。11月17日には、取材中にミャンマー国軍に拘束され禁固刑10年の判決を受 […]

最新号:2022年12月04日号

横田早紀江さんを囲む拡大祈祷会3年ぶり

「もう少しだよ」と神が 横田早紀江さんを囲む拡大祈祷会 3年ぶり 横田早紀江さんの長女で、当時中学一年生だっためぐみさんが新潟市の自宅近くで行方不明になってから […]

奪わず栽培する資源で平和 風力発電研究者牛山氏講演 第五回聖書的環境シンポ

牛山氏   世界全体で、気候危機が平和課題となっている。11月のCOP27(第27回気候変動枠組条約締約国会議)では、ぜい弱な途上国の窮状が明るみにな […]

世界は私たちの町にある 「日本に住む外国人と…」首都圏宣教セミナー 横山氏発題  

横山氏   「日本に住む外国人と共に生きる教会」をテーマに、11月12日に開催された「第11回首都圏宣教セミナー」(お茶の水クリスチャン・センター、東 […]

落ち穂

いのちのことば社創立70周年記念事業として計画されていた「ゴスペルボックス2号」がこの10月に完成、東北地方の教会を始めとして、東海、関西、四国への巡回を開始し […]

《連載》世の目人の目聖書の目—世相を読む⑨クリスマスが今年もやってくる

クリスマスが今年もやってくる 碓井 真史 新潟青陵大学大学院教授/心理学者 クリスマスが今年もやってきた。竹内まりやの歌がテレビから流れ、街はクリスマス色に染ま […]

情報クリップ

【東京・オンライン】▽講演会「キリスト教信仰共同体とミャンマー軍事クーデター」(明治学院大学キリスト教研究所アジア神学研究プロジェクト主催) 12月3日午後2時 […]

ニュース

横田早紀江さんを囲む拡大祈祷会3年ぶり

「もう少しだよ」と神が 横田早紀江さんを囲む拡大祈祷会 3年ぶり 横田早紀江さんの長女で、当時中学一年生だっためぐみさんが新潟市の自宅近くで行方不明になってから […]

情報クリップ

【東京・オンライン】▽講演会「キリスト教信仰共同体とミャンマー軍事クーデター」(明治学院大学キリスト教研究所アジア神学研究プロジェクト主催) 12月3日午後2時 […]

クリスチャン美術家グループ 8人でクリスマス作品展

8人でクリスマス作品展 クリスチャン美術家グループ「Bezalel」 8人のクリスチャン・アーティストによるクリスマス作品展「8人の表現展」が12月4日から10 […]

「簡素にして豊かな建築」大阪教会献堂100年 ヴォーリズ建築が語る日本宣教

日本基督教団・大阪教会(大阪市西区)の献堂100周年記念講演会が、10月29日に大阪教会聖堂で開かれた。同教会はアメリカ人宣教師M・L・ゴルドンらによって187 […]

経営塾「ゆうゆう会」受講者募集 信仰に基づく経営学ぶ

株式会社チュチュアンナの創業者で現会長の上田利昭氏らによる経営セミナー「ゆうゆう会」が、来年2月スタートの第3期受講者を募集している。 「ゆうゆう会」は、上田氏 […]

神学・牧会

世界は私たちの町にある 「日本に住む外国人と…」首都圏宣教セミナー 横山氏発題  

横山氏   「日本に住む外国人と共に生きる教会」をテーマに、11月12日に開催された「第11回首都圏宣教セミナー」(お茶の水クリスチャン・センター、東 […]

贖罪論は複雑かつ多面的 福音主義神学会西部・吉田氏応答

吉田氏   「贖罪論を新約聖書神学から考える」をテーマにした福音主義神学会西部部会2022年度秋期研究会議の浅野淳博氏(関西学院大学神学部教授)講演( […]

人々を救い主へ導くために 今こそ創造力を働かせよう IT宣教の潮流・考察⑩

Photo by Bia Sousa   前回(10月23日号)は「第二の戒めのテクノロジーは、第一の戒めを補完する」といった内容を確認した。ジョン・ […]

「贖いの代価」のメタファとは 福音主義神学会西部 浅野氏講演後半

浅野氏   「あなたがたはどうするのか」と促すイエス   「贖罪論を新約聖書神学から考える」をテーマにした福音主義神学会西部部会2022年度 […]

「犠牲のシステム」論に浅野氏反駁 責任転嫁でなく責任〝自覚〟 福音主義神学会西部

福音主義神学会西部部会2022年度秋期研究会議が10月31日、神戸市の関西聖書神学校で、オンライン併用で開催された。テーマは「贖罪論を新約聖書神学から考える」。 […]

メッセージ・オピニオン

【ペンテコステメッセージ】聖霊の激流 破壊の地で 創世記から ウクライナ宣教師 船越真人

「神様、どうして」。あまりに残酷な惨状を前にして、多くのウクライナの人々は、この痛切な問いを発しています。無神論者を自認してきた人々もこの悲痛な叫びを発します。 […]

備えたもう神 メッセージ 石田 敏則 シオン・キリスト石岡教会主任牧師

アブラハムは、その場所の名をアドナイ・イルエと呼んだ。今日も、「主の山には備えがある」と言われている。 創世記22章14節 この2年間、教会はコロナ禍で最大の危 […]

「二度僕のものだよ」 クリスマス特別号メッセージ 緒方賢一 JEC・奈良福音教会牧師

コロナ禍にあって二度目のクリスマスを迎えるこの時、私の心の中にこのみことばが絶えず響いています。 万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。(イザヤ書9章7節) さて、 […]

キリストにある祝福のバトンタッチ メッセージ 重田稔仁 上野の森キリスト教会牧師

「信仰のバトンタッチ」と銘打ち開催されたTORCH2018宣教大会は17年4月28日、日光オリーブの里で開かれたReunited Japanese Christ […]

メッセージ 吉岡創 「あなたのことが必要だから」 岡山キリスト災害支援室・書記、南輝・広江・津山聖約キリスト教会牧師

 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。ヨハネの福音書3章1 […]

政治・社会

奪わず栽培する資源で平和 風力発電研究者牛山氏講演 第五回聖書的環境シンポ

牛山氏   世界全体で、気候危機が平和課題となっている。11月のCOP27(第27回気候変動枠組条約締約国会議)では、ぜい弱な途上国の窮状が明るみにな […]

世界は私たちの町にある 「日本に住む外国人と…」首都圏宣教セミナー 横山氏発題  

横山氏   「日本に住む外国人と共に生きる教会」をテーマに、11月12日に開催された「第11回首都圏宣教セミナー」(お茶の水クリスチャン・センター、東 […]

日本もからだの一部 アジア2022と参加者の声①

韓国の賛美、絵画と日本舞踊のコラボレーション    迫害は最後の物語ではない   アジア福音同盟(AEA)、アジア・ローザンヌ委員会、アジア […]

「信仰か、仕事か?」から、「信仰と仕事」へ 仕事は良いものと認め前向きに Light Project信仰と仕事セミナー

「LIGHTプロジェクト 信仰と仕事ミニストリー」(ディレクター・サックス知子)の「信仰と仕事セミナー」が9月10日、オンラインで開催された。テーマは「『信仰か […]

ウクライナ4州「併合」の衝撃 主の介入を祈って 船越真人・美貴宣教師

HOPEプロジェクト、ニコラエフで。厳しい状況下だが、オデッサ教会の宣教と支援の働きは継続する。 船越宣教師夫妻   9月30日、ロシア・プーチン大統 […]