アーカイブ: ニュース

ニュース

【特集】「コロナ世代」に何が必要か 失うという経験を通して見出す光 新潟聖書学院 院長 塚田 献

新型コロナ感染拡大から2年が過ぎた。多くの学生にとって、学校生活の大半をコロナ禍の「新常態」で過ごしてきたことになる。その影響下の学生を「コロナ世代」と呼ぶこともある。対面授業、行事、交流、活動の機会…
続きを読む
ニュース

【特集】「コロナ世代」に何が必要か 人との接触、サポート減ったが、 新たな交流や教会を考える機会に 大阪聖書学院 学院長 岸本大樹

新型コロナ感染拡大から2年が過ぎた。多くの学生にとって、学校生活の大半をコロナ禍の「新常態」で過ごしてきたことになる。その影響下の学生を「コロナ世代」と呼ぶこともある。対面授業、行事、交流、活動の機会…
続きを読む
ニュース

【特集】「コロナ世代」に何が必要か つらいことばかりではない 「あなたと共にいる神」の希望 大阪女学院中学校・高等学校 副校長 山﨑哲嗣

新型コロナ感染拡大から2年が過ぎた。多くの学生にとって、学校生活の大半をコロナ禍の「新常態」で過ごしてきたことになる。その影響下の学生を「コロナ世代」と呼ぶこともある。対面授業、行事、交流、活動の機会…
続きを読む
ニュース

日本CGNTV 「キリスト教コンテンツアイデア・映像制作コンテスト」 10月10日から募集開始

ポスター 日本CGNTV(パク・ドゥジン局長)は、今年も「キリスト教映像コンテンツアイデア・映像コンテスト」を開催。10月10日から応募を開始する。昨年は年齢制限を設け、次世代に福音を伝えるアイデアを…
続きを読む
ニュース

【沖縄だより】教会が引きこもり支援事業 寄り添い「やってみない?」 Tシャツ作りが好評

  オリジナルのTシャツ作りが好評 JECA・石川福音教会(沖縄県うるま市・重元清牧師)が中心となり、引きこもりの人たちの支援事業を行っている。月1回の委員会で超教派の教会や福祉関係者、親の会、有志ら…
続きを読む
ニュース

【特集】「コロナ世代」に何が必要か 闇の中でこそ光を放つ 「聖書」を礎とする幸い 金城学院高等学校  宗教主事 沖崎 学

新型コロナ感染拡大から2年が過ぎた。多くの学生にとって、学校生活の大半をコロナ禍の「新常態」で過ごしてきたことになる。その影響下の学生を「コロナ世代」と呼ぶこともある。対面授業、行事、交流、活動の機会…
続きを読む
ニュース

「日本からのゲストとともにHOPEニコライエフを行いました」ウクライナ船越宣教師報告 2022年9月25日

ウクライナの船越真人宣教師から現地の情報が9月25日に編集部あて寄せられた。一部編集して掲載する。 ◇ ◇ ◇ ◇ 今日(9月24日)、HOPE for Nikolayevを行いました。今日は、加古川…
続きを読む
ニュース

【沖縄だより】屋我地島 ナイトdeライトが喜びの歌

地元一丸で準備 ライブ盛り上げ クリスチャンロックバンド「ナイトdeライト」のコンサートが7月16、17日の2日間、名護市の屋我地島で開かれ、地元ぐるみの楽しいひと時となった。名護アッセンブリー教会の…
続きを読む
ニュース

【特集】「コロナ世代」に何が必要か 「一人も残さず活かすために」 恵泉女学園学園長 廣瀨薫

【特集】「コロナ世代」に何が必要か 学校・大学・神学校 新型コロナ感染拡大から2年が過ぎた。多くの学生にとって、学校生活の大半をコロナ禍の「新常態」で過ごしてきたことになる。その影響下の学生を「コロナ…
続きを読む
ニュース

「“住民投票が始まった”というニュースが入りました」ウクライナ船越宣教師報告 2022年9月23日

ウクライナの船越真人宣教師から現地の情報が9月23日に編集部あて寄せられた。一部編集して掲載する。 ◇ ◇ ◇ ◇ 「親ロシア派による“住民投票”がウクライナ東南部4州(ドネツク州、ルガンスク州、ザポ…
続きを読む