アーカイブ: ニュース

ニュース

[レビュー5] 『心に光を2』『愛のあるところ、神はそこにおられる』『子どもの賛美歌ものがたり』

『心に光を2』(前川隆一著、一粒社 864円税込 B6判)。  牧会日誌とメッセージからなる。日々出会う人、死別、学び会、また様々な言葉から心を動かされた思いを率直に記している。ハワイの教会を訪ねる旅…
続きを読む
ニュース

[レビュー4]『伊豆・川奈に導かれて ―地域に仕え、教会に仕える』

社会が情報化、高速化する一方、自然のリズムを大切にするスローライフが再認識されている。文夫氏はサラリーマンとして一線で働き、50代で伊豆半島伊東市に移住。教会での活動、農作業、地域の自治会長としての住…
続きを読む
ニュース

1月27日号紙面:震災の向こうに愛が見える 阪神淡路大震災祈念コンサートで 森祐理さん

2019年01月27日号 06面 阪神淡路大震災から24年。被災地の神戸市兵庫区にある日本ナザレン教団・神戸平野教会(水城秀明牧師)で、1月13日に福音歌手の森祐理さんを迎え、震災祈念コンサートを開い…
続きを読む
ニュース

1月27日号紙面:5月東京でダマー国際映画祭 “物語と説教、両方が重要” 代表ジョセフさん 「教会からも出品を」

2019年01月27日号 03面  米国発の国際映画祭で、広島でも開催されていた「ダマー国際映画祭」が今年5月、東京で開催される。場所は世田谷区の北沢タウンホールだ。代表は米国で活躍する映画プロデュー…
続きを読む
ニュース

1月27日号紙面:中国家の教会 弾圧が深刻化 全世界に祈りを要請 「信仰による不服従」宣言

2019年01月27日号 01面 写真=祈る中国四川省成都の秋雨契約教会の信徒たち 【CJCほか】中国・四川省成都の非公認教会「秋雨契約教会」で2018年12月16日、信徒約60人が公園で野外礼拝中に…
続きを読む
ニュース

「ただ正しいことのみを」一致祈祷週 東京集会で

毎年世界中で共に祈る「キリスト教一致祈祷週間」が今年は、1月18〜25日の8日間実施され、地域ごとの集会も開かれている。 東京集会(日本キリスト教協議会[NCC]、カトリック東京大司教区共催)が1月2…
続きを読む
ニュース

[レビュー3]『情緒的に健康なリーダー・ 信徒をめざして 内面の成長が、 家族を、教会を、世界を変える』

「神の国のために全てを捧げる」リーダーたちの“落とし穴”となる「情緒」に焦点を当てる。内面から外面、個人から共同体まで問いを繰り返し、段階的な回復と成長への取り組みを導く。内面では、闇に向き合うこと、…
続きを読む
ニュース

「分断こえる人のつながり」沖縄在住米人神父と沖縄出身牧師が講演 「核と平和」セミナー

辺野古基地建設問題、県民投票などをめぐり沖縄と日本が揺れている。 キリスト教の土台で平和への取り組みをする日本カトリック正義と平和協議会と日本キリスト教協議会平和・核問題委員会が共催で、公開セミナー「…
続きを読む
ニュース

[レビュー2]「教会はどこに立っているのか」 という問い 『「筑豊」に出合い、イエスと出会う』

「ぼくは、筑豊との出合いが自分のあり方を決定した、と思っている」(173頁)。この一文の中に本書の内容のすべてが語られていると言ってよい。著者が筑豊に出合ったのは1961年8月のことである。当時は敗戦…
続きを読む
ニュース

[レビュー1]火急の知らせよヤマトに響け、世界に届け!  『ゴスペルのぬるしをあげて「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会−歩み・記録集−』

─沖縄の空・海・陸を人々に取り戻すために─  本書は、約6年前に沖縄の普天間基地ゲート前で始まったゴスペルによる抗議活動と日本各地に広がった祈りの輪の記録集である。タイトルにある琉球語の「ぬるし」とは…
続きを読む