アーカイブ: 映画

レビュー

映画「アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン」ーー半世紀ぶりに蘇る幻の教会ライブ映像

コンサート第二夜。「Never Grow Old」を弾き語りし聴衆の魂を揺さぶるアレサ。 2018(C)Amazing Grace Movie LLC 2018年8月16日、“クイーン・オブ・ソウル”…
続きを読む
インタビュー

映画「のさりの島」山本達也監督に聞くーードキドキしつつ決めた台詞 宗教は「まやかしたい…」

<山本起也監督プロフィール> 1966年生まれ、静岡県出身。京都芸術大学(旧京都造形芸術大学)映画学科教授。長編ドキュメンタリー作品「ツヒノスミカ」(2006年)が、PUNTO DE VISTA ジャ…
続きを読む
レビュー

映画「のさりの島」ーー潜伏キリシタンの島に息づく“のさり”の温もり

オレオレ詐欺しながら旅する若い男(藤原季節)はターゲットの”ばあちゃん”に孫が帰省したと思いこまれてしまう… (C) 北白川派 熊本の方言“のさり”には、幸いなことも不幸であっても、いま在るすべてのこ…
続きを読む
レビュー

映画「ファーザー」ーー認知症の父を愛する娘、そのカオスな心象世界へ

認知症の症状が進んでいく父アンソニーを世話する娘のアンだが、出会いがあってパートナーとパリへ移住するか悩んでいる… © NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE…
続きを読む
レビュー

映画「海辺の彼女たち」ーー“移民国家”日本を直視するリアリズム

右奥からフォン、アン、ニューの3人 (C)2020 / ever rolling films 在日ミャンマー人家族の愛情を描き移民問題をみつめた映画「僕の帰る場所」(2017年)で第30回東京国際映画…
続きを読む
トピックス

「原発問題に関心持って」 映画「国民の選択」3月公開 宮本監督 映画で危険性訴え

東日本大震災による福島第一原子力発電所事故から10年目を迎えるが、最近は原発事故についてメディアは沈黙、原発反対の声も聞かれなくなったように見える。一方、菅義偉首相は昨年10月、2050年までに温室効…
続きを読む
トピックス

映画「たゆたえども沈まず」ーー3・11から10年。生き続けるいのちの語り部たちの絆

陸前高田の高田松原には7万本の防風林が植えられていたが大津波の後に残ったのはたった1本だった。現在は保存加工処理されて、岩手住民の“たゆたえども沈まず”の気概を象徴するメモリアルとして同じ場所に立ち続…
続きを読む
レビュー

映画「Eggs 選ばれたい私たち」--エッグドナーに登録する女性の微妙な心情と本音に迫る

子どもを産めるのに、産まない。その選択肢を生きることは間違いなのか。悩みながらもエッグドナーに登録した純子。 (C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会 フライヤーに書かれているキャッチコピー“産…
続きを読む