アーカイブ: 映画

レビュー

映画「Workers 被災地に起(た)つ」ーー東日本大震災の被災地に展開する協同労働での“まちづくり”

大槌町の共生ホーム「ねまれや」 (C)日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団 日本に「協同労働」(ワーカーズ)という言葉はどれほど広がっているのだろう。朝日新聞「キーワード」を検索…
続きを読む
トピックス

10月21日号紙面:映画「パウロ 愛と赦しの物語」いよいよ公開!! 11月3日ヒューマントラストシネマ渋谷ほか順次全国ロードショー 2千年前にタイムトリップして信仰の原点見つめ直すチャンス

2018年10月21日号 08面 この映画は、単なるパウロの生涯を自叙伝のように描いている作品ではない。紀元67年、ローマの街を大火が襲った。皇帝ネロはキリスト教徒を放火犯にし、首謀者としてパウロを逮…
続きを読む
レビュー

映画「エンジェル、見えない恋人」ーー目には見えなくとも存在する“愛”の実体を語るメルヘン

(C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved. 姿が見えない特異体質で生まれた少年と盲目の少女とのファンタジーなラブストーリーだが、お互いに見えないことで“愛”の実体を確…
続きを読む
トピックス

映画「ヴァンサンへの手紙」――ろう者コミュニティの存在と実情を詩情味豊かに表現

エッフェル塔を背景に手話劇を演じるレベント・ベシュカルデシュ (C)2015 Kaleo Films, Le Miroir 「ろう者の存在を知ってもらう映画を作ろう」といっしょに準備していたろう者の友…
続きを読む
レビュー

映画「教誨師」ーー生と死、罪などの問いを死刑囚らと真摯に向き合う会話劇

死刑囚らとの教誨をとおして自らの過去とも向き合いながら、死刑囚たちの心の寄り添おうとする教誨師を滋味豊かに演じた大杉漣。主役を演じた本作が遺作となった。 (C)「教誨師」members いま日本にはお…
続きを読む
インタビュー

インタビュー:映画「運命は踊る」サミュエル・マオズ監督ーーフォックストロットは人間が運命と踊るダンス

サミュエル・マオズ監督:20歳の時にレバノン戦争でレバノンに侵攻したイスラエル国防軍戦車の砲撃手として従軍。戦後はベイトツヴィ演劇学校でカメラマンとして学んだのち、映画やテレビ番組制作の演出を手がけた…
続きを読む
レビュー

映画「顔たち、ところどころ」--出会いこそ感動の原点。自分の顔が街のアートになり誇らしげな人々

タンクローリーに貼り付けられたアニエスの目。アニエス(右)とJR (C)Agnes Varda-JR-Cine-Tamaris, Social Animals 2016 自宅の外壁いっぱいに自分の顔が…
続きを読む
レビュー

映画「500ページの夢の束」ーー自作の脚本を応募する自閉症の女性から送られる諦めない大切さ

ウェンディと愛犬のピート (C)2016 PSB Film LLC 「夢を諦めないで!」とは、よく語られる人生へのエール。だが、くじけそうな状況をしっかり踏みしめて一歩進める勇気は簡単なことではない。…
続きを読む