アーカイブ: 特集/ひと 証し

ニュース

「神を、国を、隣人を愛す」全国の教会に仕え、リバイバルを 金子道仁さん

「牧師として、神を愛し、国を愛し、隣人を愛す」をモットーに、日本維新の会参議院全国比例区支部長として活動を開始したグッド・サマリタン・チャーチ牧師の金子道仁さん。その動機は、元外務官僚の経験や教会で教…
続きを読む
ニュース

「いのちの大切さ」 授業で伝え続け 産婦人科医の陳央仁さん

陳央仁さん 龍ケ崎済生会病院産婦人科医の陳央仁(ちん・おうじん)さん(台湾出身、筑波福音基督教会員)は、「子どもたちにいのちと自分自身を大切に生きてほしい」と、2003年以来、茨城県を中心に関東の小学…
続きを読む
ニュース

【3.11特集】「公同の教会を意識して」 石巻・牡鹿半島の宣教協力

石巻市から太平洋に突き出す牡鹿(おしか)半島。リアス式の入り組んだ地形には多くの漁港が形成されている。東日本大震災の津波では甚大な被害を受けた。 キリスト教会はなかったが、キリスト者の支援が継続してい…
続きを読む
ニュース

【3.11特集】福島 帰還・移住者らと 双葉希望キリスト教会 住吉英治

 ローマ書12章15節「喜んでいる者たちとともに喜び、泣いている者たちとともに泣きなさい。」 あれから11年 私たち教会が支援活動を行っていく中で思わされたのは、支援はする側も受ける側も共に生きるとい…
続きを読む
ニュース

【3.11特集】岩手 目の前の人と共に神の国を 日本基督教団新生釜石教会 柳谷雄介 

2011年3月11日東日本太平洋沿岸を襲った地震・津波では、釜石市も大きな被害を受けました。新生釜石教会も津波に襲われました。 教会員には当日の津波による犠牲者はいませんでしたが、関係者で4名が死亡、…
続きを読む
ニュース

【葬儀特集】墓を持たない人の受け皿に 海洋散骨シャローム セレモニー

少子高齢化が進み、墓の継承が大きな負担になっている人は少なくない。墓石や墓地の使用権を手放す“墓じまい”は年々増加し、樹木葬や海洋散骨など、埋葬も多様化している。 大阪府堺市のキリスト教式「海洋散骨 …
続きを読む
ニュース

【葬儀特集】孤独・孤立増加の現実  遺品整理エスコートランナー 吉住聖さん

写真=遺品から見つかったグーテンベルグ聖書の複製をもつ吉住さん コロナ禍による感染対策、孤独の深まり…。遺品整理の現場にはどのような影響があるのだろうか。株式会社エスコートランナー代表取締役の吉住聖さ…
続きを読む
ニュース

【2・11 信教の自由を守る日】良心の「君が代」不服従に「懲戒」の疑問 佐藤美和子(元東京都公立小学校音楽科教員)

  2020年「公務員の処分量定を問う公開質問状」に関わり書きたいと思います。質問状は、当時元検事長の常習賭けマージャンという刑法違反への「訓告」と報道され、これと、「君が代」斉唱時の不起立…
続きを読む
ニュース

【2・11 信教の自由を守る日】続く「君が代」強制との闘いと展望 奥野泰孝(芦屋福音教会会員 大阪府立支援学校教員)

  昨年、大阪の元府立高校教員の「再任用拒否国賠訴訟」の控訴審で勝利判決が出た。「君が代」処分と闘っている者にとって朗報であった。 原告の梅原さんは、大阪府国旗国歌条例下、「君が代」不起立で…
続きを読む