アーカイブ: ビジネス・生活 - ページ 24

ニュース

神戸の教会で「子ども食堂」 教会のドアを開け食事を共に

神戸市長田区の神戸キリスト栄光教会で、7月から「ながたこども食堂」をスタートさせる。こども食堂とは、子どもの貧困対策の一環で、保護者の事情で孤食や不十分な食事を余儀なくされている子どもに無料で食事を提…
続きを読む
ニュース

5月29日号紙面:「一粒の麦、この地に」茨城・小美玉市でダマリスメモリアルケアセンター開所

持永さんたちが、高齢者施設の名前を検討していたとき、息子の義也さんが「決まっているでしょ」と提示したのが「ダマリス」だった・・・ 茨城県の小美玉、石岡市地域で50年以上にわたる伝道の中から、念願の高齢…
続きを読む
ビジネス・生活

大変さの中で仕事を〝愉しむ〟 株式会社JIN-G コンサルティング事業部 組織人事戦略コンサルタント 渡邉 規和さん(上)

 「前の会社のスローガンは『はたらくを楽しもう』、今は『世界を〝愉しむ〟(Enjoy your world !)』です。『愉』は大変さの中の『たのしさ』という意味。仕事は楽じゃない、いろんなことがある…
続きを読む
ニュース

4月24日号紙面:新入生を励ます教会・保護者の祈り オピニオン・矢島志朗 キリスト者学生会 副総主事 事務局長

年齢に応じて受ける教育のステージが変わるたびに、子供たちはより多くの知識を得、世界の広がりを体験していきます。そして多くの子たちが、社会に出る前の最後の教育機会となる大学・専門学校というステージにおい…
続きを読む
ニュース

4月17日号紙面:「キリスト教式の潜在ニーズ多い」 7月に拡大シンポジウム開催

キリスト教式の冠婚葬祭やボランティアの派遣、高齢者や身体の不自由な人の支援、記念会のプロデュースなどを通して、人々に神の祝福を届ける事業を展開し ているブレス・ユア・ホーム株式会社(神戸市・広田信也代…
続きを読む
ニュース

4月17日号紙面:利用者半数はクリスチャンではない人 共同墓地「命の門」設立者の木下さん

墓地に悩む現代のニーズに応えて宗教、宗派を問わず納骨を受け入れている共同墓地「命の門」(山梨県北杜市長坂町成岡「成岡共葬墓地」内)は、建立2年と なり、埋葬者は、クリスチャンでない人が約半数だという。…
続きを読む
ニュース

4月17日号紙面:150万人の日本人の葬いに教会は? 寄稿 清野勝男子(土浦めぐみ教会牧師)

興味深いことに、日本の通過儀礼は、生きている間は神道式、無くなると仏教式に綺麗に分業されています。節句や地鎮祭は神道式で、葬儀や法事は仏教式と 言ったら、わかりやすいでしょうか。最近、日本全土をおおっ…
続きを読む
ニュース

4月17日号紙面:日本の葬儀が変化している 葬儀・墓地 墓石特集 

江戸時代以降に形成された日本の葬儀・墓地文化が変化している。 戦後の高度成長とともに、世代をへて家族が解体され核家族化が進んだ。東日本大震災は、地域社会の崩壊、家族の離散に拍車をかけ、多数の死者・行方…
続きを読む
ビジネス・生活

4月3日号紙面:採用、社員教育が強みの大阪人 株式会社ガスパル 人事部 人事課長 清水 知之さん

4月3日号5面 「私、人の話を聞くのが大好きなんですね」。くったくのない笑顔でそう話すのは、株式会社ガスパル人事部、人事課長の清水知之さん(47)だ。 ガスパルは、東京・港区に本社を置く大手建設会社「…
続きを読む