アーカイブ: ニュース - ページ 489

ニュース

教会で対話を呼びかけ 君が代強制反対キリスト者のつどい

 東京・大阪の公教育の現場で君が代起立斉唱は処罰を伴った職務命令となる中、昨年から大阪で始まった「君が代強制反対キリスト者のつどい」が今年7月13日、東京でも開かれた。場所は新宿区西早稲田の早稲田奉仕…
続きを読む

70歳から描き始めた花の絵 描くことで神様を賛美

 「私自身、花の絵を描くことによって癒されました。私にとって絵を描くことは、神様への賛美なのです」。70歳から絵の教室に通い描き始めたという戸高洋子さん(73)=世界福音・洛西キリスト教会員=。戸高さ…
続きを読む
ニュース

ルポ 2教会1伝道所合同の決断 日本バプテスト連盟新潟主の港キリスト教会  

 水の都こと新潟市は日本海に面し、川や運河が多い。日本バプテスト連盟新潟主の港キリスト教会(新潟市東区下木戸2ノ4ノ12、篠谷輝俊牧師)は海から2キロほど内陸に位置し、近くに信濃川と阿賀野川が流れる。…
続きを読む

子どもたちも大喜び 着ぐるみショー「マイティシープ」初公演

 2歳から低学年までの子どもに、映像を楽しみながら、聖書の言葉を覚え、信仰の実践を体感してもらおうと昨年から始動した「マイティシープ・プロジェクト」(原案者・礒川道夫)。その着ぐるみショーの初公演が6…
続きを読む
ニュース

シリア、エジプト「アラブの春」各国で教会が弱体化 「祈り」7月20日から

 内戦が続くシリア、イスラム主義の新大統領が誕生したエジプトなど、2010年末に始まったアラブ各国での民主化運動「アラブの春」の影響で、各国の情勢は流動的だ。 毎年、ラマダン期間に、イスラム圏の人々の…
続きを読む

40年以上絵を描き続けてきた横須賀在住の主婦 念願の個展開催

 「好きなんですね。仕事をしながらでも、結婚し子どもが生まれても、やっぱり描きたくなるんです」。神奈川県横須賀市在住の佐野朱美さん(60)=アッセンブリー・横須賀キリスト教会員=は、主婦として40年以…
続きを読む
ニュース

高校生世代の魂に触れる 前hi-b.a.代表 荒井恵理也さんの生涯が示すもの

  高校生時代は、子どもから大人へと移行する不安定な時代。だが将来に限りない可能性を持ち、人生の大切な決心をする時でもある。少子化が言われる教会の中で、彼らを導くリーダーが必要だ。 半生を高校生伝道に…
続きを読む

教界外で広がる「修復的司法」 聖書が背景なのに無関心なぜ?

 犯罪被害者が正直な気持ちを加害者に伝え、加害者はその声に動かされて心から謝罪するーそうした損なわれた関係を修復し、応報的な刑事司法を補う「修復的司法(Restorative Justice=RJ)」…
続きを読む

玉川聖学院 教会学校のために子ども科学教室開催

 ミッションスクールが教会学校(CS)の子どもたちをお手伝い。東京・世田谷区奥沢にある玉川聖学院(バーナード・バートン学院長)は6月9日、CSに通っている小学校4縲怩U年生を対象に「教会学校のための子…
続きを読む