アーカイブ: ニュース - ページ 521

ニュース

特集 東日本大震災から5年 移り行く被災地の人々

…「イチ、ニ、イチ、ニ、右手はグー、左手はパーですよ」。大船渡市の仮設住宅で、ユーモラスな体操が始まった。「ふまねっと運動」と呼ばれる運動だ… …支援員が、改まった口調でこう打ち明けた。「実は、今月で…
続きを読む
ニュース

主が教えた“実践”が災害に備えさせる シェンク氏講演 第4回東日本大震災国際神学シンポで

シェンク氏は、災いに備える意味を「震災後の日本におけるクリスチャン・アイデンティティー」の観点から考察した。 米国フラー神学大学院が東日本大震災への支援を申し出、OCC・災害救援キリスト者連絡会(DR…
続きを読む
お知らせ

エルニーニョで過去最悪の干ばつ エチオピア1020万人に食糧危機迫る

2015年のエルニーニョの影響による降雨量不足のため、エチオピアでは、過去50年で最悪の干ばつが、多くの地域で収穫に深刻な影響を与えている。食糧援助が必要な人々は、全人口の10%にあたる1020万人に…
続きを読む
お知らせ

飢餓や災害に苦しむ人々を応援する飲料用「ハンガーゼロ自動販売機」まもなく100台

 世界の飢餓問題解決のために「ハンガー・ゼロ・アフリカ」(飢餓のない世界の実現)を提唱し、様々な支援の取り組みを続けてきた日本国際飢餓対策機構(JIFH)は、2011年に「寄付機能付き飲料用自販機」を…
続きを読む
ニュース

故・土肥隆一氏 韓国で追悼礼拝 3月26日に日本でも

 1月22日に亡くなった日韓基督教議員連盟の日本側代表・土肥隆一牧師(衆議院議員7期)の追悼礼拝が2月29日、韓国国会(ソウル市永登浦区汝矣島洞1番地)で執り行なわれた。神戸教会での葬儀に韓国代表とし…
続きを読む
ニュース

恵まれるだけでなく、従って 2016東アジア青年キリスト者大会4

日中韓の異なる言語とスタイルでの賛美や祈り、なごやかな交わり、豊かな聖書の学びの機会…。東アジア青年キリスト者大会も2日目夜。全日程の後半に差し掛かった。 このような中、日本から登壇した永井信義さん(…
続きを読む
ニュース

迫られる“選択”と“思い”のズレ《あれから5年 終わらない福島》最終回 フクシマの声を聴く

…“いいたて”って名前が出てきただけで涙が出てくる。 …もうすぐ選ばないといけない 福島の女性たちのためにと、主に食を通じて活動している「かーちゃんの力・プロジェクト協議会」代表の渡邊とみ子さん。「渡…
続きを読む
ニュース

J+Passion Tokyo歴代実行委員集い交流会 15回数え振り返りとビジョン語り合う

 昨年、第15回目を迎えた、「クリスチャンの若者を励まし、チャレンジしよう」と、福音派とペンテコステの牧師たちが協力して行う「J+Passion Tokyo」。同大会が節目を迎えたのを機に、歴代実行委…
続きを読む
ニュース

学校、教会、クリスチャンの在り方 東日本大震災 国際神学シンポ

「第4回東日本大震災 国際神学シンポジウム」2月目午後には、パネルディスカッションが催された。 午前の青年たちからの発題をふまえて、松本周氏(聖学院大学講師・学校法人聖学院キリスト教センター主事)の司…
続きを読む
トピックス

クリスチャン・ヘヴィメタ“STRYPER”27年ぶりの単独来日公演--クリスチャンファンらの祈りと応援で実現へ

クリスチャン・ヘヴィメタルのパイオニア“STRYPER”(ストライパー)が、1989年ジャパンツアー以来27年ぶりの単独公演(4月15日~17日)で来日する。直近では、2011年10月のLOUDPAR…
続きを読む