緊急の県知事選挙と台風に見舞われた、9月30日の沖縄。教派や背景が異なるものの、長らく聖書教育、神学校教育を牽引して来た3人が各歴史を振り返り、沖縄におけるこれからの教会、教育の在り方の展望を語った。

沖縄教会史を学ぶ会、沖縄キリスト教平和総合研究所共催による、シンポジウム「沖縄での聖書教育ーこれまで・これからー」が中頭郡西原町の沖縄キリスト教学院シャローム会館で開催された。同集会は知事選前から計画されていた。

平良修氏(日本基督教団沖縄地区議長)が「沖縄キリスト教短期大学キリスト教学科の設置と廃科の経緯」、運天康正氏(沖縄聖書神学校専任教授)が「沖縄聖書神学校の歩み」、平名長秀氏(沖縄宣教研究所所長)が「沖縄で伝道すること」を語り、質疑応答や討議があった。

沖縄のアイデンティティー、歴史、文化、社会を踏まえた聖書教育の在り方が話された。

詳しくは紙面で。

【関連記事】
翁長知事急逝 揺れる沖縄で祈りと行動要請2018年8月11日

沖縄キリスト教平和総合研究所講演会で安海氏 「信仰告白と平和の一歩で広がる」2018年7月20日

6・23「慰霊の日」平良修氏 沖縄と教会を思う 「第一の戒め」はすべてを含む2018年6月15日

▽週刊クリスチャン新聞は電子版も配信(毎号発行日前々週の金曜日)します▽

有料版(ウェブ版、電子版)ではバックナンバーもご覧になれます。
掲載号一覧→ http://クリスチャン新聞.com/csdb/掲載号一覧/

ウェブ版→ http://クリスチャン新聞.com/csdb/

電子紙面版→ http://kotobasha.e-manager.jp/

一部の記事を閲覧できる「無料版」http://クリスチャン新聞.com/ もあります。