異端カルト110番 サイトで信頼性高い情報を集約・発信

 韓国や中国発の異端・カルトグループの活動が日本国内でも活発化し、その脅威が取りざたされる中、異端カルト問題専門の情報サイト「異端カルト110番」(張清益代表、Shttps://cult110.info/)が開設される。 今まで異端問題関連の情報は、キリスト教媒体で報道されるものやその他ネット上に掲載されるものなど、散発的でしかも中には信頼性を計ることが困難なものなどが入り混じっていた。今回のサイト開設により、正確で信頼性の高い情報がキリスト教界に提供され、啓発、予防に加え、被害者救済の促進が期待される。

 ◇ ◇

 「異端カルト110番」は、同じく張氏が代表を務める「日本キリスト教異端相談所」を母体として運営される。張氏は、「韓国生まれの異端の被害に遭っている日本の青年たちを助けたい」との思いで、2010年に「相談所」を開設したが、以来、日本における異端問題の専門家として、キリスト教媒体や自ら主催するセミナー等での情報発信や、異端対策相談、被害拡大阻止に当たってきた。

 関係団体に送られた「開設に関するご協力のお願い」で張氏は、異端カルト団体が「福音的」を装って活動している実態、その情報発信がキリスト教界に混乱、分裂をもたらしていることを指摘し、「問題を一日も早く解決するために」サイト設立を決意したこと、「長年国内外で異端問題に取り組んでこられた信頼厚い牧師、有識者たち」をアドバイザーとして、キリスト教メディアとも協力しながら、この働きを進めていく、としている。

 賛同団体の一つである日本福音同盟(JEA)は、「JEA内では、加盟教会、団体への被害が報告される現状の中で、異端カルト問題への危機感を共有している。既成のキリスト教メディアに加えて、今回信頼できる情報ソースが新たに加わったことに期待している。必要、有益な情報を積極的にJEA内に発信、共有していきたい」と語った。

 サイトの公開は10月3日を予定しており、同日午後1時からお茶の水クリスチャンセンター(東京都千代田区)で開かれる「韓国キリスト教異端対策セミナー」の中で、「異端カルト110番開設感謝礼拝」が行われる。セミナーは参加費2千円、事前申込制。問い合わせは、Eメール0153vision@hanmail.net(張清益)または電話080・9150・0691まで。