作者アーカイブ: tohyama_s - ページ 19

ニュース

映画「禁じられた歌声 Timbuktu」--愛と自由を圧殺する偏狭な教義への抵抗

音楽を愛し妻と娘との穏やかな日々を願うキダンの家族だが… (C)2014 Les Films du Worso (C)Dune Vision 2012年にアル・カイーダ系武装集団に占領され“危機にさらされている世界遺産”リストアップされた西アフリカ・マリ共和国の古都ティンブクトゥが舞台に設定された物語。実際に起こった事…
続きを読む
レビュー

映画「沖縄 うりずんの雨」--「沖縄戦は今も続いている」。その過去・現在・未来を探訪

平和の礎 (C)2015 SIGLO 1945年6月23日、太平洋戦争での沖縄戦が組織的な戦闘を終結した日として歴史に刻まれている。復帰前の1961年に琉球政府は、これにちなんで6月23日を「慰霊の日」記念日として公休日に定めた。復帰によって法的根拠を失ったが、91年から条例で再び公休日に定められた。これは、忘れるべき…
続きを読む
レビュー

映画「モンタナ 最後のカウボーイ」--大自然に溶け込む生き物たちと人間との共生の記録

(C)Ilisa Barbash and Lucien Castaing-Taylor アメリカ北西部モンタナ州。牧草を食べ尽くした羊の大群を250km先の草の萌える地(原題:Sweetgrass)をめざして、ベアトゥース山脈を縦走する。人間も生きものたちも、大自然に抱かれ時には闘いながら生かされてきた。失われゆく生活…
続きを読む
その他

“Marcha Para Jesus 2015”でサルーキ=の讃美Rock炸裂

5月にニューアルバム「命のロックンロール」をリリ-スしたロックンフォークバンドサルーキが、ブラジル・マナウスで6月6日に開催された“Marcha Para Jesus 2015”(英語表記:March for Jesus2015)に今年も参加し、マナウス・コンベンションセンター特設ステージで30万人を前に“命の主ジーザ…
続きを読む
レビュー

映画「トイレのピエタ」 --最期の情熱を掻き立てた生へのカタルシス

©2015「トイレのピエタ」製作委員会 『旧約聖書物語』『新約聖書物語』を作品に残している漫画家・手塚治虫。彼が病床で書き遺した日記の作品構想メモを原案にして、松永大司監督が脚本も書き起こした。「トイレのピエタ」というタイトルは手塚のメモどおり。「浄化と昇天。これがこの死にかけた人間の世界への挑戦だったのだ!」という一…
続きを読む
インタビュー

インタビュー:三上智恵監督--緊急先行上映中のドキュメンタリー映画「戦場ぬ止み」

<三上智恵監督プロフィール>ジャーナリスト、映画監督。1987年にアナウンサーとして毎日放送に入社。1995年、琉球朝日開局時に沖縄へ移住。キャスターを務めながらドキュメンタリー番組制作に携わる。2012年制作したTV番組および劇場版「標的の村」は、数々の作品賞を受賞。現在は、沖縄国際大学非常勤講師としても沖縄民俗学を…
続きを読む
レビュー

映画「戦場ぬ止み」--普天間基地“移設”の欺瞞性と沖縄の決意を問うドキュメンタリー

キャンプ・シュワブのメインゲート前で座り込み隊をリードするヒロジさん。 (c) 2015『戦場ぬ止み』製作委員会 “「日本人」が知っている「基地問題」は虚像かも知れない――。” フライヤーに記されているこの問いかけが、本土の報道メディアでは知らされない沖縄でいま何が起きていることに注意を喚起される。辺野古での基地建設は…
続きを読む
レビュー

映画「奇跡のひと マリーとマルグリット」--魂への愛は受けた喜びと感謝を伝え心の絆を結ぶ

ナイフ、フォーク…、マリー(右)はマグリッタに生活に必要な道具の言葉から教えようとするが (c)2014 - Escazal Films / France 3 Cinema - Rhone-Alpes Cinema 生まれながらに目が見えず、聞くことも話すこともできない少女マリー・ウルタン(1885~1921年)。10…
続きを読む
レビュー

映画「涙するまで、生きる」 --“贖い”と“赦し”に苛まれる人間の心像描く

©2014 ONE WORLD FILMS PATHE PRODUCTION KALEO FILMS 戦争や紛争が起こると、互いに“正義”と“防御”が主張される。だが、そこで言われる“正義”とは何か。法を超えて、一族の名誉を重んじ屈辱を晴らす異文化の世界がある。仇を討つ世界の“正義”には、“血の代価”の因習を断ち切ると…
続きを読む
インタビュー

インタビュー:アリアーナ・リヴォアールさん --映画「奇跡のひと マリーとマルグリット」

アリアーナ・リヴォアール: 1995年生まれ。アメリス監督は、マリー・ウルタン役を盲者もしくはろう者の少女をキャスティングすることを考えていた。アリアーナは、オーディションに応募していたが、すっかり忘れていた。アメリス監督が学校を訪問したときアリアーナの存在に気づき、面談して決めたという。マリー・ウルタンは10歳のとき…
続きを読む