アーカイブ: 特集/ひと 証し - ページ 9

ニュース

4月10日号紙面:宿泊特集「霊性のリフレッシュ」

宿泊特集① 研修・宿泊施設「祈りの家 日光オリーブの里」 静かに祈り神様と対話を 宿泊特集② キャンプ場 献身と生活学ぶ場 スポーツ、レジャーも充実 宿泊特集③ 日本クリスチャン・アカデミー関西セミナーハウス 「修学院きらら山荘」 美しい自然の中で深まる学びと交流
続きを読む
特集/ひと 証し

宿泊特集 日本クリスチャン・アカデミー関西セミナーハウス「修学院きらら山荘」 美しい自然の中で深まる学びと交流

京都の叡山電車「修学院」駅から比叡山に向かって住宅街を抜ける。ゆるい坂を上がって行く内に、木立や畑が広がる田園風景に変わる。春先はウグイスの驚くような大きな「ホーホケキョ」と、小川を下る豊かな水音が聞ける坂道で、振り返ると古都の町並みが遥かに見える。 坂を上がった比叡山山麓に、公益財団法人日本クリスチャンアカデミー関西…
続きを読む
特集/ひと 証し

宿泊特集 hi-b.a.キャンプ場 献身と生活学ぶ場 スポーツ、レジャーも充実

「ガリラヤ湖」のほとりで、数多くの若者たちが共に笑い、涙し、イエス・キリストに従う決心をした…。これは千葉県のキャンプ場(長生郡一宮町新地1987ノ1)のことである。 JR東京駅から乗り継いで、外房線上総一ノ宮駅まで約1時間30分、そこから自動車で約10分でキャンプ場だ。春夏のシーズンは主催のキャンプが目白押しだが、時…
続きを読む
特集/ひと 証し

宿泊特集 研修・宿泊施設「祈りの家 日光オリーブの里」 静かに祈り神様と対話を 124回数えた聖会 毎回出席の固定メンバーも

都心から電車で約2時間の所にある宿泊研修施設「祈りの家 日光オリーブの里」(栃木県日光市左下部368)は、日本では数少ない祈りの施設だ。ここが「関東祈祷院」だった当時、金山良雄理事長(株式会社ムラサキスポーツ会長)が断食祈祷中、「あなたがここをやりなさい」との神の御声を聞いたことから、祈祷院のリニューアル・再建に踏み出…
続きを読む
ニュース

3月27日号紙面:両足切断の危機から回復 福原タカヨシさん

2016年03月27日号 6面   2015年3月、日曜礼拝での賛美奉仕の準備を駐車場でしていた福原タカヨシさんは、突然凄まじい衝撃と激痛に襲われた。後方から走ってきた車と自分の車との間に両足をはさまれたのだ。左足は動脈がつぶれて壊死の可能性。右足は粉砕骨折。医師は「両足切断」を宣告したが、多くの祈りが捧げら…
続きを読む
特集/ひと 証し

1月24日号紙面:Bプランで企業が生まれ変わる アキナス大学経済学部名誉教授 山崎正人さん

「新しい資本主義の考え方を持たないと、悲しませる経営がはびこってしまうということを、経済学を学んできて感じていました。私はどこかでBコーポレーションみたいなものを求めていたのです」。そう語るのは、経済学を専門に研究してきた山崎正人さんだ。山崎さんは、アメリカで始まったBコーポレーションという新しい企業活動を日本に広める…
続きを読む
特集/ひと 証し

寝たきりでも礼拝に行ける場を 社会福祉士 倉岡美奈さん

 大阪府寝屋川市・地域包括支援センターの社会福祉士、倉岡美奈さん(アドベント・KCC萱島キリスト教会)は「寝たきりになっても礼拝に行ける」デイサービスを自宅で始めるために、3年前に教会の近くに家を買った。高校生の子どもたちが独立したら「エリムの家」と名付けたここで、認知症になっても、足腰が不自由になっても、みんなといっ…
続きを読む
特集/ひと 証し

「マーチ・フォー・ライフ」に深く感動 命こそ究極の宝 沖縄に心燃やされて 小さないのちを守る会 代表 辻岡健象

 わが国に優生保護法が施行された1948年7月の第2週を覚え、2015年7月12日、小さないのちを守る会は、日本橋・銀座・京橋・日比谷公園と、いのちの尊厳を訴える笑顔の「いのちの行進」(マーチ・フォー・ライフ)を行いました。これは2014年から始めたことです。この「いのちの行進」に警視庁も好意的に協力してくださり、車道…
続きを読む
フォトニュース

ユダヤ人6,000人の命を救った杉原千畝 その信仰の原点

昨年、ライフクリエーション(いのちのことば社)から、戦後70年を記念してDVD「激動の20世紀を生きた三人のクリスチャン」が発売された。筆者はその解説と監修を担当させていただいたが、このDVDの企画段階で、ユダヤ避難民に命のビザを発給し、6千人の命を助けた外交官・杉原千畝が、最初に取り上げる人物としてクローズアップされ…
続きを読む
フォトニュース

好評の朝ドラ「あさが来た」主人公の素顔とは?

時は明治時代。女性は男性の付属品のように扱われていたころ、一人の女性が銀行、生命保険会社の設立、炭鉱開発、そして女性の地位向上のために奔走していた。この女性が、今放送中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」の主人公・広岡浅子である。 男勝り、女丈夫、という異名も多い浅子。恐いものなど何もないように見えたかもしれないが、「…
続きを読む